ベストボディ・ジャパン2015千葉大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も 世界初! 男女の年齢別ミスター&ミス・コンテスト「ベストボディ・ジャパン」のシーズンがやってきました。

12月の渋谷ヒカリエで開催予定の日本大会に向けて全国各地で地区大会が開催されます。

その記念すべき開幕戦となる千葉大会が17日、千葉市文化センターで行われましたのでその熱戦の模様をお送りいたします。記事内の論評は本サイトの独自評価判断によるもので大会審査結果とは関係はございませんのでご了承下さい。

 

(本記事内の画像の無断転用は固くお断り致します。)

IMG_0103_1

 

IMG_0140 IMG_0141IMG_0526 IMG_0158

 

今大会より地区大会にもオープニングにより趣向を凝らした演出が導入されました。

ライティングも華やかで会場も選手も気持ちが高揚します!

IMG_0145

 

ミスター・ベストボディのフレッシャーズクラス(18歳~29歳)からお送りします。

まずは予選審査の模様をダイジェストでご覧ください。

IMG_0153 IMG_0156

IMG_0157 IMG_0160

 

 

続いてファイナル審査です。ファイナル審査はピックアップの模様をノーカットでお送りします。

IMG_0268

写真上段、ゼッケンNo2。昨年のベストフィジーク・ジャパン日本大会で10位入賞、地元千葉から渡邊 貴将(わたなべきしょう)選手も参戦しました。

IMG_0270 IMG_0271

IMG_0274 IMG_0275

IMG_0277 IMG_0279

IMG_0280

 

フレッシャーズクラスグランプリは名古屋から参戦の“東海の虎”タイガーフィットネス代表の石原祐揮(いしはらゆうき)選手(ゼッケン4)。
フレッシャーズクラスラストチャレンジの年を優勝で飾り、日本大会への出場権を一番乗りで手にしました。

IMG_0230

準グランプリは地元千葉から参戦の珠玖 尭志(しゅくたかし)選手(ゼッケン5)

IMG_0232

第3位は塚本 博樹(つかもとひろき)選手(ゼッケン34)

IMG_0263

第4位は高野 雄貴(たかのゆうき)選手(ゼッケン20)

IMG_0252

第5位は中島 健(なかしまたけし)選手(ゼッケン23)中島選手も地元千葉からの参戦でした。

IMG_0254

 

 

続きましてミドルクラス(30~39歳)の模様をお送りします。

予選審査の模様からご覧ください。

IMG_0166 IMG_0170

IMG_0174 IMG_0175

 

続いてファイナル審査ピックアップの模様をこちらもノーカットでご覧ください。

IMG_0323 IMG_0325

IMG_0328 IMG_0330

IMG_0332 IMG_0333

 

 

最後のピックアップは小嵐選手(右)、川本選手(中央)、川田選手による三つ巴のバトル。

小嵐選手はほとんどのピックアップを戦い抜きましたが笑顔を絶やさない事はありませんでした。
川本選手、川田選手は対してやや表情に固さが出てしまい、小嵐選手の印象にも喰われてしまった感があります。

IMG_0336 IMG_0337

 

 

ミドルクラスグランプリは昨年のフレッシャーズクラスから転向してのミドルクラス最年少優勝となった小嵐健太(こあらしけんた)選手(ゼッケン46)。人気お笑いグループ「超新塾」のメンバー「コアラ小嵐」さんとしてもお茶の間で知られる芸人さんです。
鮮烈なミドルクラスデビューを飾り、日本大会での再登場が期待される存在です。

IMG_0322

 

準グランプリは川本 高透(かわもとたかゆき)選手(ゼッケン12)。今大会ミドルクラスの本命と言われ、29歳の今年ミドルクラス最後のチャレンジに賭けるその意気込みはこのサイトでのインタビューでもお伝えしましたが惜しくも優勝ならず。日本大会でのリベンジに注目です。

IMG_0297

第3位は地元千葉から参戦の川田 直宏(かわだなおひろ)選手(ゼッケン10)。スケール感のある選手なので、そこを活かした表現力をさらに磨いてきたら日本大会でも怖い存在になる選手です。

IMG_0290

 

 

第4位は青木 優(あおきゆう)選手(ゼッケン41)

IMG_0324

第5位は吉良 佳憲(きらよしのり)選手(ゼッケン8)

IMG_0287

 

 

続きましてマスターズクラス(40~49歳)をお送りします。

予選審査の模様からご覧ください。

IMG_0185 IMG_0188

IMG_0189

 

続いてファイナル審査ピックアップの模様をお送りします。

IMG_0376 IMG_0380

IMG_0381 IMG_0383

IMG_0384

マスターズクラスグランプリは昨年の日本大会同クラス位の林 圭一(はやしけいいち)選手(ゼッケン1)が優勝に輝きました。

IMG_0340

準グランプリはその林選手を10点差まで追い詰めた川出 貴士(かわいでたかし)選手(ゼッケン2)。流麗なポーズも印象的で日本大会での活躍が期待されます。

IMG_0341

第3位は地元千葉から参戦の水島 陽介(みずしまようすけ)選手(ゼッケン25)。

IMG_0368

 

第4位は鈴木 徳年(すずきのりとし)選手。(ゼッケン15)

IMG_0363

第5位は廣澤 賢臣(ひろさわけんしん)選手。(ゼッケン7)

IMG_0351

 

 

男子最後のレポートはゴールドクラス(50歳以上)をお送りします。

予選審査の模様からご覧ください。

IMG_0196 IMG_0199

 

 

『年齢別』と言うコンセプトがまた観る人の関心と感心を呼ぶのがベストボディ・ジャパン。

今回参加最高齢は65歳の住吉勉(すみよしつとむ)選手。ジーパンも決まってます。

IMG_0199

 

決勝審査ピックアップの模様をご覧ください。

IMG_0387 IMG_0413

IMG_0416  IMG_0420

 

ゴールドクラスグランプリは昨年の日本大会同クラスファイナリストの鈴木堅司(すずきけんじ)選手。(ゼッケン13)

予選審査でのカラージーンズとアクセサリーのコーディネートなどセンスが光っていました。

IMG_0405

 

準グランプリは武道家を彷彿させる容姿とフリーポーズが印象的な“ゴールドクラスのザ・サムライ”清黒 文人(きよくろふみと)選手。(ゼッケン1)。

IMG_0392

第3位はゴールドクラスで最も若い年齢ながら仕上がりの良さでトップ5中4名が昨年の日本大会ファイナリストと言うハイレベルな今クラスにおいてその存在感を大いに示した石原 サンチェス 陽一(いしはらさんちぇすよういち)選手。(ゼッケン6)

IMG_0398

第4位はこの方も昨年の日本大会同クラスのファイナリスト岩崎 明史(いわさきあきぶみ)選手。(ゼッケン15)

IMG_0409

第5位は会場からの声援がひときわ大きかった“マッスルダンディ”新谷 幸三(しんやこうぞう)選手。(ゼッケン8)
IMG_0400

 

女子の部のレポートに続きます。

 

ベストボディ・ジャパン2015千葉大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ベストボディ・ジャパン2015千葉大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部) | フィジカルビューティー | 日刊☆なんでもトピックス!

コメントは受け付けていません。