ベストボディ・ジャパン2015名古屋大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加


去る7月20日にウインクあいちで開催されたベストボディ・ジャパン2015名古屋大会の模様をお送りいたします。

右から司会進行の木下智愛ベストボディ・ジャパン協会会長、続きまして本大会審査員の木村昌嗣ジャッジアドバイザー、谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表理事、魔裟斗スーパーバイザー、麻生弘文ジャッジアドバイザー。

DSC04515

まずは今大会最大の参加人数で争われたフレッシャーズクラスの模様からお送り致します。
予選は5グループに分かれて審査が行われました。

DSC04550DSC04553DSC04554DSC04559DSC04561

その数57名。ステージもギュウギュウです。

DSC04566

 

予選ピックアップの模様です。

DSC04577

 

続きまして決勝審査の模様です。

決勝も2グループに分かれてステージに上がります。

決勝第1グループ8名。

DSC04882

DSC04887DSC04889DSC04891DSC04894DSC04899DSC04902

DSC04907DSC04910

 

決勝第2グループ7名。
DSC04912

 

DSC04915DSC04916DSC04920DSC04922DSC04925DSC04926DSC04929

ではここからは一番会場が盛り上がる比較審査の模様をご覧いただきます。

DSC04930 DSC04936 DSC04945 DSC04955

ゼッケン1番の西影直樹選手とゼッケン9番の加藤エドワード真人選手はここまで比較審査をずっと残って戦ってきました。そして最後は1オン1でのバトル。精一杯競いあった二人の固い握手と充実した笑顔、それを後方で見る選手達の笑顔もこのベストボディ・ジャパンのステージの素晴らしさを表しているのではないでしょうか。

DSC04950

 

比較審査のバトルはまだ続きます。

 

DSC04957 DSC04968 DSC04969

 

 

フレッシャーズクラスグランプリは過去日本大会でこのクラスの優勝を経験しているシェレン祐太選手のACEGYMから参戦した加藤エドワード真人選手がグランプリを獲得しました。

師シェレンを彷彿させるポージングで日本大会で名実ともにポストシェレンの座に就くのでしょうか。

DSC04962 (2)

 

そして3位入賞の坂井翔也選手は昨年のベストフィジーク・ジャパン日本大会で3位に入賞したあのトップフィジーカー坂井カルロス大樹選手の弟さんです。今年は兄弟で日本大会のステージに立つ姿を見たいですね。

DSC05463

フレッシャーズクラス

DSC05429

グランプリ   加藤エドワード真人 かとうえどわーどまさと 23   東京都

準グランプリ       西影 直樹           にしかげ なおき               28       愛知県

3位       坂井 翔也           さかい しょうや              26          滋賀県

4位       田中 健司           たなか けんじ    28          福岡県

5位       林 暁利              はやし あきとし              24          静岡県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きまして、1年ぶりに名古屋に帰ってきたあの選手も参戦のミドルクラスです。

ミドルも予選は5グループに分かれて審査を行いました。

DSC04579DSC04582DSC04584DSC04592DSC04600

 

DSC04616

予選ピックアップの模様です。

DSC04619 DSC04627

DSC04878

続きまして決勝審査の模様です。

DSC04975 DSC04976 DSC04979 DSC04980 DSC04982 DSC04984 DSC04987 DSC04988

 

決勝第2グループ 8名

DSC04990 DSC04992 DSC04994 DSC04995 DSC04997 DSC04999 DSC05002 DSC05004 DSC05007

 

 

ミドルクラス比較審査の模様をご覧ください。

DSC05012 DSC05017 DSC05019 DSC05026 DSC05029 DSC05033 DSC05038

より精密な審査のために同じメンバーでも並び順を変えて比較する事もあります。(写真上、下)
DSC05039

 

 

ミドルクラス優勝は昨年の日本大会第3位の岡田実成選手がグランプリを獲得しました。会場からは「よしなり~」と言う力強い声援がずっと飛んでいました。

DSC04977

ミドルクラス

DSC05432

グランプリ           岡田 実成           おかだ よしなり              37          岐阜県

準グランプリ       妹尾 康平           せのお こうへい              39          愛知県

3位       辻本 浩典           つじもと ひろのり           31          奈良県

4位       梶東 圭太           かじとう けいた              34          愛知県

5位       坪井 優              つぼい ゆう       30          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてマスターズクラスの模様をお送りします。マスターズも予選は5グループに分かれて審査を進行しました。

DSC04633 DSC04645 DSC04651 DSC04652 DSC04663

 

予選ピックアップ審査の模様です。

 

DSC04669 DSC04670 DSC04675 DSC04683

 

続きましてマスターズクラス決勝審査の模様をお送りします。

決勝第1グループ7名。

DSC05044 DSC05049 DSC05051 DSC05054 DSC05058 DSC05059 DSC05064 DSC05066

 

決勝第2グループ 8名。

DSC05067 DSC05068 DSC05070 DSC05072

DSC05076 DSC05078 DSC05079 DSC05082 DSC05083

 

決勝比較審査の模様です。
DSC05086 DSC05093 DSC05098 DSC05103 DSC05108 DSC05113いつも最高に会場が沸くこの決勝比較審査ですが、今回は揃いの応援Tシャツに身を包んだ村松選手の大応援団がひときわ会場を盛り上げていました。

DSC05055

 

そしてその声援に見事に応え、マスターズクラスは村松良一選手がグランプリを獲得しました。

マスターズクラス

DSC05436

マスターズクラス

グランプリ           村松 良一           むらまつ りょういち       41          静岡県

準グランプリ       山本 龍秀           やまもと たつひで           40          愛知県

3位       岩田 浩司           いわた こうじ    45          愛知県

4位       豊田 益央           とよた ますひさ              42          東京都

5位       伊藤 泰司           いとう たいじ    41          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

ミスターの部最後はゴールドクラスの模様をお送りします。

予選審査は3グループに分かれて行われました。

DSC04685 DSC04695 DSC04701

 

 

名古屋大会マスターズの顔とも言える「マネーの虎」南原竜樹選手、今年も地元愛知から参戦して下さいました。

 

DSC04707

 

DSC04709

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC04711 DSC04713

決勝審査の模様です。

決勝第1グループ6名
DSC05118

DSC05120DSC05123DSC05125DSC05128DSC05133DSC05137

ゴールドクラスのフリーポーズでは両腕の力こぶを強調する「ダブルバイセプス」と言うポーズが多くみられましたが、皆さんそれぞれうまくアレンジを加えているのが印象的でした。

 

決勝第2グループ6名

DSC05140 DSC05141 DSC05147

 

ゴールドクラス屈指の筋量を武器に今シーズン大会への積極的な参戦を継続している東京の堀田剛正選手。名古屋でも「これぞ逆三角体型」と言わんばかりの存在感が光りました。

DSC05151 DSC05158 DSC05167 DSC05168

 

ゴールドクラスグランプリは東京から参戦の棚瀬賢一選手。仕上がりの良さを引き立たせている腹筋の8パックは12月の日本大会でも大きな武器となるでしょう。DSC05119

 

 

ゴールドクラス

DSC05438

グランプリ           棚瀬 賢一           たなせ けんいち              51          東京都

準グランプリ       野澤 茂雄           のざわ しげお    50          長野県

3位       大町 哲也           おおまち てつや              54          愛知県

4位       鳥羽 秀輝           とば ひでき       50          愛知県

5位       道木 伸郎           どうき しんろう              51          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

レポートはミス(女性)の部に続きます。

2015年8月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster