ベストボディ・ジャパン2015横浜大会レポート(ミス・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る6月20日、横浜の港を一望する大さん橋ホールにて天候にも恵まれ開催されたベストボディ・ジャパン2015横浜大会。

ミス・ベストボディの部のレポートをお送りします。

 

(文中のコメントは本ブログ編集者によるものであり、大会ジャッジのコメントではありませんのでご了承ください。画像の無断転載は固くお断り致します。)

IMG_1258

 

この日の司会はタレントのなべ・やかんさんとベストボディ・ジャパン協会の木下智愛会長のお二人でした。

IMG_1281

 

 

 

ガールズクラス予選審査は7名の選手によって争われました。(ピックアップなし)

IMG_1557

 

 

ファイナル審査には5名の選手が進みました。(ピックアップなし)

ガールズクラスの選手も皆さんポージングや表現のレベルが上がってきたと感じられます。

IMG_1782IMG_1783
IMG_1786

 

BBJ2015千葉大会ゴールドクラス3位の石原サンチェス陽一選手率いる『チーム・サンチェス』のメンバー山本美菜海選手。均整の取れた体型とはつらつとした笑顔はその存在感を大いに示したと言えるでしょう。日本大会注目の一人です。

IMG_1788IMG_1789

ガールズクラスグランプリは今回の大会開催地横浜に拠点を置くパーソナルトレーニングジムでトレーナーをされている喜代吉 泉(きよしいずみ)選手。ガールズクラスには珍しい大人びた印象と表現力でグランプリを獲得しました。

ガールズクラス

グランプリ 喜代吉 泉(きよしいずみ、神奈川県)【190点】
準グランプリ 吉田 日向子(よしだひなこ、神奈川県)【150点】
第三位 山本 美菜海(やまもとみなみ、東京都)【120点】
第四位 勝呂 麻里奈(すぐろまりな、静岡県)【90点】
第五位 下栃棚 由依(しもとちだなゆい、東京都)【50点】
(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)
続きましてレディースクラスです。
昨年のBBJ関東オープン大会ガールズクラスグランプリのサイフィエヴァ・エルビラ選手が(向かって一番左)レディースクラスに初挑戦。社交ダンスのバックボーンを武器に高い表現力を持ち、さらに名門TEAMBOOTY入りし今レディースクラスで勢いに乗る藤原選手(左から2番目)との初対決にも注目が集まりました。
予選審査の模様です。(ピックアップなし)
IMG_1561
ファイナル審査は5名に絞られました。(ピックアップなし)
IMG_1790
IMG_1791IMG_1793 IMG_1795 IMG_1797
レディースクラスグランプリはサイフィエヴァ エルビラ選手。昨年はガールズクラスで日本大会出場権を得たものの日本大会には参戦していないので、今年のクラス転向しての日本大会登場が期待されます。

IMG_1969

レディースクラス

グランプリ サイフィエヴァ エルビラ(東京都)【160点】

準グランプリ パルベルク 美沙子(東京都)【130点】

第三位 青木 万実(あおきまみ、神奈川県)【120点】

第四位 藤原 佳穂里(ふじわらかほり、東京都)【100点】

第五位 林 さや夏(はやしさやか、東京都)【90点】

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きまして今回ミスの部では最もエントリー人数の多かったウーマンズクラスです。

予選審査第1グループ

IMG_1563

 

予選審査第2グループIMG_1566

 

予選審査ピックアップの模様です。

今季開幕戦の千葉大会グランプリ、準グランプリが揃って再エントリー、また昨年の日本大会出場経験者の顔も見られる人数・レベル共に激戦のクラスとなりました。

IMG_1576 IMG_1577 IMG_1578

 

ファイナル審査には8名の選手が進みました。IMG_1813IMG_1815IMG_1817

IMG_1820IMG_1823IMG_1826IMG_1828IMG_1830IMG_1811

 

ファイナル審査ピックアップの模様です。

優勝・入賞クラスの実力者が並ぶ中でピックアップを戦い通した新鋭田村選手(向かって一番右)の存在感もキラリと光るものがあります。

IMG_1833 IMG_1836

 

上位4名の各得点差がそれぞれ10点ずつと言う大接戦を制したのは昨年の同クラス日本大会3位の坂巻三恵子選手。日本大会でもここ一番の強さを見せてくれるでしょうか。ウーマンズクラスも目が離せない展開になってきました。

IMG_1981

IMG_1982

ウーマンズクラス

グランプリ 坂巻 三恵子(さかまきみえこ、神奈川県)【140点】
準グランプリ 井埜 奈々絵(いのななえ、埼玉県)【130点】
第三位 西川 知里(にしかわちさと、東京都)【120点】
第四位 田村 依里子(たむらえりこ、東京都)【110点】
第五位 池田 ひと美(いけだひとみ、神奈川県)【60点】
(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)
ファイナリスト
愛洲 伸子・有花・鈴木 純子
最後はクイーンクラスの模様をお送りします。
予選審査第1グループ
IMG_1579
予選審査第2グループ
IMG_1584
IMG_1589
決勝審査には7名の選手が進みました。
IMG_1837
IMG_1838 IMG_1840 IMG_1842 IMG_1843 IMG_1845 IMG_1847 IMG_1851
クイーンクラスグランプリは昨年の同クラス日本大会3位の谷口真由美選手。今季も千葉大会に続くグランプリ獲得で存在感を大いに示しました。
IMG_1844
IMG_1998
クイーンクラス
グランプリ 谷口 真由美(たにぐちまゆみ、東京都)【190点】
準グランプリ 山口 祐子(やまぐちゆうこ、東京都)【150点】
第三位 山本 太佳絵(やまもとたかえ、神奈川県)【90点】
第四位 仁ノ岡 紀代美(にのおかきよみ、東京都)【80点】
第五位 長尾 早苗(ながおさなえ、神奈川県)【70点】
(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)
ファイナリスト
新井田 朱見・丸野 美幸
レポートはミスター・ベストボディ(男子)の部に続きます。