ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015関東大会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10月25日に開催されたベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015関東大会の模様をお送りします。

今大会のフィジークは夏のサマービーチを沸かせた選手が続々参戦する事と、5月に横浜で開催された東日本大会以来に昨年の日本大会4位の実績を持つトップフィジーカー久野選手が参戦する事で話題性の高い大会となりました。

(文、清宮忠、写真、浦部立憲)

 

 

※本サイト内画像の無断転載を固くお断りいたします。

 

 

 

まずは予選審査の模様からお送りします。

673A7097673A7098673A7152673A7151673A7202673A7197673A7683673A7685

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会の選手はとにかく皆さん大きいですね。アウトラインがしっかりしています。

673A8196 673A8199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には8名の選手が駒を進めました。

673A8201673A8206673A8222673A8231673A8241673A8253673A8269673A8283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

ファーストコールは全方向からご覧ください。

673A8289673A8290673A8291673A8290673A8293673A8302

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

審査が終われば笑顔でノーサイド。審査ではキッとした表情の印象が強い久野選手も満面の笑顔で応援団に手を振ります。

673A8304

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストフィジークグランプリはジャン・スティーブ・フランソワ選手がサマービーチ大会に続き2度目のグランプリ。

まだキャリアの浅いジャン選手ですが、そのポテンシャルを武器に熟練のトップフィジーカー達とどう闘うのか。日本大会が楽しみです。

 

673A8218

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

673A8854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

ミスター・ベストフィジーク部門》

【グランプリ】
JEAN Steve francois ジャン・スティーブ・フランソワ(埼玉県)180点

【準グランプリ】
久野 圭一 ひさのけいいち(東京都)140点

【第三位】
北田 裕二郎 きただ ゆうじろう (埼玉県)120点

【第四位】
中島 正晴 なかしま まさはる (神奈川県)70点

【第五位】
小野 正博 おの まさひろ (東京都)60点

【ファイナリスト】
・鈴木 弘臣
・中村 宗人
・高橋 昭仁

 

続きましてビキニ部門の模様をお送りします。

673A7546 673A7547 673A7545

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

673A7610 673A7611 673A7612 673A7613 673A7702

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて決勝審査の模様です。決勝には5名の選手が駒を進めました。

 

673A8708

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

673A8712673A8731673A8749673A8761673A8779

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

全角度からご覧ください。

673A8785 673A8786 673A8788 673A8790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストビキニグランプリはTEAMBOOTYの湯浅 智子選手。湯浅選手もフィジークのジャン選手と同じくサマービーチ大会との2冠となりました。

身長がありバランスもとても良い選手と言う印象です。

673A8735

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

673A8931

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

ミス・ベストビキニ部門

【グランプリ】
湯浅 智子 ゆあさともこ (埼玉県)170点

【準グランプリ】
堀切 俊枝 ほりきりとしえ (東京都)120点

【第三位】
前田 裕子 まえだゆうこ (神奈川県)110点

【第四位】
高橋 弘子 たかはしひろこ (東京都)100点

【第五位】
中林 かおる なかばやしかおる (長野県)70点

 

フィジーク&ビキニ次回のレポートは11月3日に開催された関西大会の模様をお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster