ロングインタビュー、植田知成・植田理恵ご夫妻

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の更新は久々のインタビューです。
お相手はご夫婦そろってベストボディ・ジャパン日本大会入賞のご経験もあり、都内でプライベートジムを経営されていらっしゃいます植田知成(うえだちせい)・植田理恵(うえだりえ)ご夫妻にお話を伺いました。

フィジカルビューティー(以下「F」):まずお仕事内容を教えて下さい。

 

知成さん(以下「知」):2か月間と言う短期間で健康的に痩せられるウェイトトレーニング指導と食事内容を中心とした生活習慣の改善アドバイスをパーソナルジム(「CLOVER」:URLは本文最下段)で行っています。

サイト用5

理恵さん(以下「理」):そのジムの受付、広報、経理、ホームページやブログの更新などを行っています。

サイト用4

 

F:ご主人(知成さん)がトレーニングに出会ったきっかけは?

 

知:小学生の頃に少年ジャンプで北斗の拳やキン肉マン、魁!男塾など筋肉ムキムキなヒーローが多く、またジャッキーチェンの映画が流行っていて、それらへの憧れから自重の自主トレを始めていました。それがきっかけの様なものです。

家の中では腕立てや腹筋、ダンベルを使ったトレーニングなどをして、外では木に登って飛び降りたりとアクションスターの様なトレーニングをしていました。

 

F:ではトレーニングを仕事にしようと思ったきっかけは?

 

知:ボクシングなどもしていたのですが、その当時の僕のボクシングトレーナーさんがすごく優秀な方で、そのお仕事ぶりを見てトレーナーって仕事は面白そうで良いなとまず思いました。

そして営業マンとして会社で働いていたその頃に東日本大震災を経験し実家も住めなくなり(植田さんは福島県ご出身)、さらに同じ時期に子供も生まれて人生について色々と考える様になり、やりたいと思う仕事をやってみようと思った事もきっかけにもなりました。

実際に始めてみたら『天職』だと感じられました。自分の好きな事が仕事に出来ると言うのはこれ以上ない幸せだなと今でも感じていますし、この仕事で一生を生きていくんだなと言う実感を当時からずっと感じています。

 

F:奥様(理恵さん)がトレーニングを始めるきっかけは?

 

理:そもそも普段から身体を動かすと言う事がなかったのですが、主人がトレーナーを始めるきっかけからコンテストにも出る様になって応援に行った時に、ステージに立っている主人が自信に満ち溢れてキラキラして見え、さらに選手たちと楽しそうに会話をしているのが羨ましく見えて、自分もステージに立ちたいと言う思いが沸いてきました。

そのためにはまず体をシェイプしなければならないと思い、自宅で出来るトレーニングプログラムを主人に作成してもらい始めたのがきっかけです。

でも実は私は人見知りで人前に出ると緊張してしまうタイプなんです。しかし結構コンテストにチャレンジしてみて「出来たぞ!」と言う気持ちになれたので、さらにコンテストを目指すトレーニングで自分を磨いていきたいと言う思いになりました。

 

F:ご夫婦で同じコンテスト(ベストボディ・ジャパン)に出られて、その後夫婦間で共有出来た事などありましたか?

 

知:一緒のコンテストに出た事で大きく変わったと言えば、互いに選手としての考え方で話をする様になったと言う事です。

私だけがコンテストに出ていた時までは観客と選手としてお互いの意見を聞いていましたが、今は選手同士の目線で『あれはどうだった?』と言う感じの話が出来る様になり、会話の質もだいぶ良い方向に変わったと感じています。

 

理:職場でもトレーニングするのですが、パートナーとしてトレーニング補助もする様にもなりました。

 

知:また一人が観客視点からだと抑え目がちなアドバイスが多かったのですが、互いが選手になると観客の表情がダイレクトに見える事から、その反応を参考にこう改善していこうと言う建設的な話し合いが増えるようになった事も大きいと感じています。

観客としての妻の個人的な意見だったものがステージから見た観客の印象など選手としてでしかわからない意見に変わったと言うのは良い変化になったと感じています。

 

理:普段の生活の中でも夫婦間のコミュニケーションの中で互いに目標を設定・確認し、常に高めあって行こうという意識はより強くなっていると感じます。

 

知:確かに確かに(笑)、コンテストへの挑戦を僕らの仕事に結びつける事も一つの目的なので、具体的に目指すコンテストの目標については日頃からよく互いに確かめ合っています。

サイト用3

 

 

F:知成さんのトレーナーのしてのスタイルやモットーなどお聞かせ下さい。

 

知:ジムでの指導でテーマにしているのは「科学的根拠」です。そこは非常に重要視しています。

世の中には正確さに欠けると感じるダイエット法も少なくないとトレーナーになってからずっと感じていました。対象者によって良くもなり悪くもなると言う理論や方法が多々あると言う事をきちんと伝えて行きたいと思っています。

総じて言うとお客様には「正しい情報を適切に伝える」と言う事を指導の信念に置いています。

 

知、理:またジムの特徴として睡眠の重要性をお伝えしています。

食事・睡眠・トレーニングの3つの柱がトレーニングには重要と捉えていますが実際は睡眠を大事にしていると言うケースが少なく、またその重要性が世の中にまだまだ浸透していないと感じています。お客様もその事をお伝えしてみると『何となくわかっていはいたけど、そこまで重要だとは気付かなかった』と言われる方が多くいらっしゃいます。

これまでジムにいらっしゃったお客様はそれまで色々なダイエットにチャレンジしても結果が出なかった方が多く、またそう言う方はこれまで運動の習慣がなかった方がとても多い事もあります。実際に睡眠を改善する事からトレーニングに変化が見えた方がいらっしゃり、そこで改めて気付いて頂く事があります。ダイエット=食事制限と言う考え方が多いからこそ、睡眠の大切さをお伝えし実行して頂いています。

 

しかしながらそもそもダイエットに何で筋トレ?と言う方も結構いらっしゃいます。

筋肉をつけて体脂肪を減らす。その一番正解に近い正しい指導方法でダイエットの結果を手に入れたお客様には皆様満足して頂いています。またそれが私たちの仕事へ対するやり甲斐となっています。

 

また2か月と言う期間の中での正しい指導と言う部分でカウンセリングも重要としていて、お客様には学校に来る感覚でいらして下さいとお話させて頂いています。

そして指導期間の中で結果が表れたその後も得た知識を活かして自己管理を継続して頂く様にお話しています。

 

理:ジムに来て頂いてからトレーニングが好きになり、その後ご自宅にトレーニングルームを作られた方もいらっしゃいました。

サイト用2

 

F:現在多くのコンテストが開催されていますが、それについてどう思われますか?

 

知:現在のコンテストブームに対しては僕の目標はトレーニングを好きになる人を増やしていく事なので、そのトレーニングの結果を表現できる場があると言うのは有難く思っています。

 

表現の場がないとトレーニングもなかなか続かないと思います。トレーニングは基本きついもので、まして選手としてでは日常生活での必要以上の筋肉を作る作業になりますから私自身よりしんどいものだと感じますが、表現の場があるからこそ頑張れると言う所もあります。そういう裾野は今後もっと広がってもらいたいと思います。

 

理:女性のコンテストはまだ少ないですが、一般的な健康レベルで参加できるコンテストがもっと増えたら良いなとは女性目線で思います。その『健康』と言う定義がただ痩せたら出られると言うものではなく、(水着も良いのですが)フィットネスウェアなどがよく似合うスポーティーで健康的かつ女性的な筋肉や肌のハリツヤがしっかり審査・評価されるコンテストとして更に増えて広がってもらえたら良いと思います。

 

 

F:今後についてお聞かせください。

知:これからも一人でも多くの方に健康に関する知識を伝えて行きたいです。そしてそれは同業者に対しても同様です。トレーナーの業界もお客様のニーズに対してトレーナーの“質”と言うものをしっかり担保するべきであると思いますし、そう言う理念に共感してもらえる場所や機会にも関わって行きたいと思っています。

 

理:今私は主人のブログの内容を私の言葉で一般の女性にわかりやすく書き直して別のブログにアップしているのですが、女性はまだトレーニングと言うとマイナスなイメージや言葉しか返ってこないので女性にもっとトレーニングに興味を持ってもらえる情報を発信し、きっかけを作る活動をこれからも行っていきたいと思っています。また私は来月(5月17日)のベストボディ・ジャパン千葉大会に出場予定なのですがそこで入賞して夫婦で3年連続の日本大会出場を果たしたいなと思っています。

 

 

F:最後にこの記事をご覧の皆様にお伝えしたい事などありましたらお聞かせ下さい。

 

知:ブログでも「筋肉は究極のアクセサリー」だと発信していますが、筋トレは自分を纏うものとして自信を与えてくれます。僕はファッションも好きなのですが、筋肉があるとファッションがシンプルにまとめていく事が出来るようになります。それでもかっこよく見栄えがするのは筋肉そのものがとてもファッショナブルのものだ言う事があると思います。筋肉が増えるほど服はシンプルになり、かっこよさが増すと言うのが僕の考え方です。

 

理:それと女性にとっても「筋トレは最高のアンチエイジング」ともブログに書いていますが、肌のハリツヤも良くなり、筋肉が体を太りにくくさせると言うメリットもあります。まさに筋トレで中と外から同時に美しくなれると言う事を世に広めていきたいです。

サイト用
ホームページ    https://clover-gym.themedia.jp/

Facebookページ  https://www.facebook.com/body.make.gym.CLOVER

CHISEI BLOG  http://clover-chisei.hatenablog.com/

RIE BLOG     http://ameblo.jp/clover-gym/
本文のお話にもありましたが、奥様の理恵さんは来月5月15日のベストボディ・ジャパン2015千葉大会への出場も控えています。 ぜひ会場にいらして理恵さんを応援して下さい。チケット絶賛販売中です。ご購入に関する詳細はこちらから。  http://bestbodyjapan.com/category/tournament/ticket/

ロングインタビュー、植田知成・植田理恵ご夫妻」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 六本木駅徒歩3分!個室パーソナルトレーニングジム! | BODY MAKE GYM CLOVER

コメントは受け付けていません。