ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10月4日。京都KBSホールにて開催されましたベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会の模様をお送りします。(写真、清宮忠)

 

 

※本サイト内の画像の無断転載を固くお断り致します。

 

ベストボディ・ジャパンと趣向が異なり筋肉が重視されるこの大会も参加者が増え、非常に面白い大会となってきました。

画像では伝わりませんが、決勝審査では各自1分間のフリーポーズラウンドがあり、選手も個性や持ち味を時間いっぱいに凝縮し発揮出来る所がまたベストボディと異なる面白さの部分でもあります。

まずフィジーク部門の様子からお送りします。

予選第1グループ 7名。

DSC08238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08240

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓『か、め、は、め、波~!!』を決めたのは福島からエントリーの田中英樹選手。

DSC08242

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08244DSC08245DSC08246DSC08248DSC08250

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選第2グループ 7名。

DSC08252

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08259DSC08260DSC08263DSC08267DSC08268DSC08270DSC08271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC08273 DSC08274 DSC08276 DSC08279 DSC08281 DSC08282 DSC08284 DSC08286 DSC08287 DSC08289 DSC08291 DSC08292

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓決勝には7名の選手が駒を進めました。

DSC08824 DSC08825 DSC08826 DSC08825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝は各自持ち時間1分のフリーポーズラウンド。この面白さはぜひ会場で動く選手を見て頂きたいです。

DSC08834 DSC08841 DSC08850 DSC08857 DSC08861

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08868

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08877

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

ファ―ストコールは5名。右から大島、末松、竹中、伊佐、藤島。

DSC08881 DSC08882 DSC08883 DSC08885 DSC08889 DSC08890 DSC08891 DSC08892 DSC08894 DSC08895 DSC08896 DSC08897

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓決勝のラストラウンドは竹中(左)と地元京都の末松(右)による一騎打ち!

DSC08899 DSC08900 DSC08901 DSC08902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィジークグランプリは愛知からエントリーの竹中孝選手。昨年のベストフィジーク日本大会準グランプリ

の貫禄を十二分に見せつけた勝利でした。

DSC08852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストフィジーク・ジャパン2015西日本大会
DSC09201
(右から)
グランプリ  竹中 孝 たけなかたかし(愛知県)190点
準グランプリ  末松 純一 すえまつじゅんいち(京都府)170点
第3位  大島 英樹 おおしまひでき(兵庫県)100点
第4位  伊佐 真吾 いさしんご(福岡県)70点
第5位  藤島 輝幸 ふじしまてるゆき(大阪府)60点

ファイナリスト

堀口 雅幸・住田 禎文

 

続きましてベストビキニ・ジャパンの模様をお送りします。

 

まずは予選審査の模様からお送りします。

DSC08430 DSC08431 DSC08432 DSC08433

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08436 DSC08437 DSC08439 DSC08442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選のピックアップは無く、その人数で決勝が行われました。

DSC09132 DSC09139 DSC09149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓他の3名に比べると絞り具合でやや遅れを取った印象の清原選手(大阪)でしたが、バックポーズ比較審査での

カーフ(ふくらはぎ)の美しさには特筆すべきものが見られただけに12月の日本大会ではさらなる完成に期待

したいです。

DSC08442

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査は佐藤選手と三浦選手の一騎打ちとなりました。

DSC09162DSC09164DSC09166DSC09167

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストビキニ・ジャパングランプリはサマービーチ大会王者の佐藤とく子選手が公式戦でも初の

ビキニグランプリを手にしました。先のさいたま大会でも見せたモデルポーズも、今大会の様な

マッスルポーズのどちらもモノにしてしまう所は佐藤選手の高いポテンシャルが成せる技だと思います。

DSC09131

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会

DSC09218

(右から)
グランプリ  佐藤 とく子 さとうとくこ(東京都) 180点
準グランプリ  三浦 幸奈 みうらゆきな(大阪府) 170点
第3位  海老原 久実 えびはらくみ(兵庫県) 140点
第4位  清原 礼子 きよはられいこ(大阪府) 80点

 

 

今シーズン最後の地区大会となりました京都大会ですが、そのレベルは開幕からずっと留まる事無く

日本大会を迎える事になりそうです。12月の日本大会、がぜん楽しみになってきました。

皆様もぜひ12月13日は渋谷ヒカリエにお越しください。お待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster