ベストボディ・ジャパン2015京都大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10月4日に京都KBSホールにて開催されましたベストボディ・ジャパン2015京都大会、ミスター(男子)の部に続きましてはミス(女子)の部のレポートをお送りします。

(写真、清宮忠)

※本サイト内の画像の無断転載を固くお断り致します。

 

 

まずはガールズクラスの模様からお届けします。

予選審査、フィットネスウェアラウンドの模様です。

DSC08303

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査、スイムスーツラウンドの模様です。

DSC08910 DSC08909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08914

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓キュートな投げキッスで会場を沸かせてくれたのは地元京都からエントリーの松本恵美(めぐみ)選手。

DSC08918DSC08923DSC08924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。ファーストコールから京都の種田選手(右)と大阪の綱本選手との一騎打ち

となりました。

DSC08930 DSC08931 DSC08932 DSC08933

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラスグランプリは大阪からエントリーの綱本有紗選手。遠くからでもはっきりわかる位に歯の見える笑顔が印象的

でした。

DSC08926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラス(18歳〜25歳)

 

DSC09203

(右から)
グランプリ 綱本 有紗 つなもとありさ(大阪府) 190点
準グランプリ 種田 奈都美 たねだなつみ(京都府) 170点
第3位 松本 恵実(京都府) 120点
第4位 東内 夏希(岡山県) 80点
続きましてレディースクラスの模様です。
予選審査は2グループに分かれて行われました。
DSC08304DSC08309
予選ピックアップ審査の模様です。
DSC08315 DSC08317 DSC08318 DSC08323 DSC08324 DSC08328 DSC08329 DSC08333 DSC08334
続きましては決勝審査の模様をお送りします。
決勝には9名の選手が駒を進めました。
DSC08937






皆さんフリーでは素晴らしい表現力を見せてくれました。
DSC08942DSC08947DSC08950DSC08964DSC08953DSC08966DSC08970DSC08973
決勝比較審査の模様です。
ファーストコールは右から片岡、谷川、門馬、大島、寺西、池本 の6名。
DSC08977DSC08980
DSC08982 DSC08985 DSC08987 DSC08990 DSC08993 DSC08996
↓最後の比較は谷川(左)と門馬(右)の対決。
DSC08998 DSC08999 DSC09000 DSC09001
レディースクラスグランプリは愛知県からエントリーの大島亜美選手。長身ながらも身体のバランスが
非常に整った印象の選手でした。
DSC08946

レディースクラス(26歳〜34歳)

DSC09208

(右から)
グランプリ 大島 亜美 おおしまあみ(愛知県)180点
準グランプリ 門馬 百里 もんまゆり(静岡県)150点
第3位 谷川 奈穂 たにがわなほ(大阪府)100点
第4位 片岡 麗香 かたおかれいか(愛知県)90点
第5位 山田 梨恵 やまだりえ(東京都)30点

ファイナリスト

大都 操・森川 藍子・寺西 あかね・池本 裕亜

続きまして今大会のミスの部で最もエントリーの多かったウーマンズクラスの模様です。
予選審査は3グループに分かれて行われました。
DSC08343DSC08350DSC08363
↓予選ピックアップ審査の模様です。
DSC08374 DSC08378 DSC08380 DSC08383
続きまして決勝審査の模様です。決勝には 名の選手が駒を進めました。
↓決勝第1グループ6名。
DSC09003
ポーズも表情もイキイキとした選手ばかりで非常に見応えのある今大会のウーマンズクラスでしたが、
中には初出場と思えない程堂々とした選手も見受けられました。昨年の日本大会同クラスファイナリストで京都に
拠点を置く岩見範子選手の『チームNickey』でトレーニングを積んでのBBJデビューは大槻わか奈選手。
DSC09019
DSC09023DSC09025
↓BBJ最多入賞記録保持者の服部彩香選手率いる『チーム彩香』からは神戸大会5位、大阪大会4位
と西日本でその存在を大きく示している山内春香選手。
DSC09027
決勝第2グループ 6名。
DSC09030
関西圏の大会とあって、『TEAMBOOTY勢』の活躍が目立ちます。
BOOTY屈指のフェロモン系、藤原友美選手。
DSC09037
DSC09045
DSC09050
DSC09055DSC09056
決勝比較審査の模様です。
DSC09059
↓ファーストコールは右から大槻、宮田、西川、大久保、大道、中上の6名。
DSC09064DSC09063
DSC09065 DSC09068 DSC09070 DSC09073 DSC09076 DSC09079
ウーマンズクラスグランプリは中上選手とともに決勝比較審査をラストラウンドまで戦い抜いた西川知里選手。
表彰式で見せた涙はこのハイレベルな戦いを制した安堵から来るものだったのでしょうか。
DSC09049

ウーマンズクラス(35歳〜44歳)

DSC09209

(右から)
グランプリ 西川 知里 にしかわちさと(東京都)180点
準グランプリ 中上 美代子 なかうえみよこ(三重県)120点
第3位 大久保 裕美 おおくぼゆみ(東京都)80点
第4位 大槻 わか奈 おおつきわかな(京都府)70点
第5位 大道 経美 おおみちきょうみ(愛知県)40点
ファイナリスト
宮田 真希・宇都木 恵美子・兼田 由佳子・
山内 春香・藤原 友美・有花・霜田 葉奈子
続きましてクイーンクラスの模様です。
DSC08392
人数こそ少ないものの、入賞経験者の顔も見られるハイレベルな戦いとなりました。
予選ピックアップ審査の模様です。
DSC08410 DSC08413 DSC08415 DSC08418 DSC08420 DSC08423 DSC08425 DSC08428
続いては決勝審査の模様です。5名の選手が決勝に進みました。DSC09081
DSC09087
DSC09092
DSC09098
今大会は予選審査の時からイキイキとしたステージングが目についた滋賀の森瀬くみ子選手。
ベストボディのステージを全身で楽しんでいると言った様子がとても伝わってきました。
昨年日本大会4位の成績ながらもまだまだ進化を見せてくれそうです。
DSC09104
DSC09114
決勝比較審査の模様です。
コールはワンコールで右から森瀬、山内、金子の3名。
DSC09118 DSC09119 DSC09120 DSC09121
クイーンクラスグランプリは地元京都からエントリーの山内弘子選手。パーフェクトスコアで勝利を飾り
日本大会も昨年のファイナリストからさらに優勝圏内へのステップアップが期待されます。
DSC09087

クイーンクラス(45歳〜年齢無制限)

DSC09215

(右から)
グランプリ 山内 弘子 やまうちひろこ(京都府) 200点
準グランプリ 森瀬 くみ子 もりせくみこ(滋賀県) 160点
第3位 金子 花央理 かねこかおり(兵庫県) 120点
第4位 石本 珠美 いしもとたまみ(兵庫県) 70点
第5位 作間 綾子 さくまあやこ(兵庫県) 50点
 レポートは同時開催されましたベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会へ続きます。
2015年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster