ベストボディ・ジャパン2015京都大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る10月4日 初の開催地京都にてベストボディ・ジャパン2015京都大会、ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会が京都KBSホールにて開催されました。

DSC08090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会の審査員は谷口智一ベストボディ・ジャパン協会長、麻生弘文・大原容孝両ジャッジアドバイザー、そして一般社団法人日本ボディビル・フィットネス連盟の中尾尚志審査委員長がお努めになられました。

DSC08138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会は西日本エリア初の応募1000人超えとなる大きな大会となりました。

その模様をたっぷりとご覧ください。

 

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りします。

予選審査は5グループに分けて行われました。

 

 

DSC08108 DSC08113

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08118 DSC08123 DSC08128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC08131 DSC08134 DSC08136 DSC08140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様をお送りします。

 

決勝第1グループ 7名

DSC08445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腹筋を強調する「アブドミナルポーズ」が多いですね。規定でなくフリーでこの様に傾向が揃うのも

見ていて個人の特徴が分かりやすいので面白いと思います。

DSC08451

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08456

DSC08459 DSC08467 DSC08471 DSC08473 (2) DSC08476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ  8名

DSC08483

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08484

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08487

DSC08490 DSC08492 DSC08494 DSC08498

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC08530

DSC08499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08507

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08513

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓関西フレッシャーズでは最高位の昨年日本大会5位の成績を持つ松本選手(ゼッケン1)と今季の名古屋大会でその存在を広く知らしめた酒井選手(ゼッケン49)は「チームカルロス」の同門でもあります。3人ともバックポーズで腰にクリスマスツリーが浮かぶコンディションは見事です。
仕上がり度はほぼ拮抗している感がありますが、松本選手の細いウエストから背中と方に広がるフロントポーズでのV(ブイ)シェイプが目を引きます。

DSC08514

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08519 DSC08522

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08524

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08525

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08526

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08527

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラスグランプリは地元京都からエントリーの松本彰太選手。昨年度同クラス日本大会トップ5入りの貫禄を見せ今年も日本大会へコマを進めました。

DSC08449

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス(18歳〜29歳)

DSC09182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(右から)

グランプリ 松本 彰太 まつもとしょうた(京都府) 190点
準グランプリ 坂井 翔也 さかいしょうや(滋賀県)130点
第3位 飯場 圭 いいばけい(三重県)110点
第4位 吉田 悠二 よしだゆうじ(愛知県)100点
第5位 田中 健斗 たなかけんと(岐阜県)40点

ファイナリスト

永井 一企・山口 隼佑・小嶋 雄太・濱口 大輔・酒井 和輝・
森田 剛史・上田 祥太・川道 拓也・柏原 健志・山本 マルコ

 

 

続きましてはミドルクラスの模様をお送りします。ミドルクラスも5グループに分かれて予選が行われました。

DSC08143 DSC08146 DSC08150 DSC08156 DSC08158

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC08161 DSC08162 DSC08166 DSC08173 DSC08176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会のミドルクラスはフレッシュな顔ぶれが目立ちました。では引き続き決勝審査の模様をお送りします。

決勝第1グループ 7名

DSC08532

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08538 DSC08540 DSC08542 DSC08547 DSC08549 DSC08551 DSC08554

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名

DSC08555

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08561DSC08563DSC08565DSC08570DSC08572DSC08575DSC08576DSC08578

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC08583 DSC08584 DSC08586 DSC08589 DSC08591 DSC08594 DSC08596 DSC08599 DSC08601

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場のボルテージも上がる一騎打ちの比較審査。福岡の原田選手(左)と愛知の佐伯選手(右)。

DSC08604 DSC08605 DSC08606 DSC08607

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08609 DSC08611 DSC08614 DSC08615 DSC08620 DSC08621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ミドルクラスグランプリは福岡の原田選手とともに長い長い決勝審査を最初から最後まで戦い通した愛知県の佐伯 伊都企(さえきいつき)選手が200点のパーフェクトスコアでグランプリを獲得しました。ミドルクラスへのチャレンジが年齢制限により今年最後となるので、ぜひ12月の日本大会でも大暴れに期待したいです。

DSC08539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス(30歳〜39歳)

DSC09186

(右から)
グランプリ 佐伯 伊都企 さえきいつき(愛知県)200点
準グランプリ 原田 公広 はらだきみひろ(福岡県) 130点
第3位 伊藤 孝 いとうたかし(大阪府)120点
第4位 井上 智司 いのうえさとし(岐阜県)110点
第5位 一丸 貴希 いちまるよしき(滋賀県)30点

ファイナリスト

竹内 謙治・長田 勇気・林 友樹・長木 壮矢・松尾 一・
江見 大輔・鈴木 昌也・浅野 真・中村 大樹・竹原 卓志

 

続きましてマスターズクラスの模様をお送りします。予選は4グループに分かれて行われました。

フレッシュな顔ぶれの目立ったミドルクラスと対照的に他の地区大会でもお見かけする顔触れが多く揃いました。

DSC08179 DSC08184 DSC08185 DSC08187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC08189
DSC08191
DSC08197 DSC08202 DSC08208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

決勝第1グループ 7名。

DSC08630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08634 DSC08637 DSC08640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓フリーにアブドミナルポーズを入れる選手は多く見られますが、この安孫子選手(写真下)の様にアブドミナルと

マスキュラーをミックスさせる独特のポーズは珍しいと思います。良いお手本の一つとなりそうです。

DSC08646DSC08649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関東勢も健闘です。東京から参戦の白石進選手。カメラ目線ありがとうございます。(^^)

DSC08654
DSC08656

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名。

 

DSC08662

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08664 DSC08666

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓静岡から参戦の村松良一選手。村松選手と言えば毎回会場で目にする多くの応援団の皆さんも

良く知られています。この日も盛んに村松選手に声援を送り会場も盛り上げて下さいました。

DSC08670 DSC08676 DSC08679 DSC08681

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓約2週間前のさいたま大会で入賞し日本大会のクオリファイも得て勢いの感じられる東京の橋本勉選手。

DSC08689 DSC08691

。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査の模様です。それぞれに個性ある選手が揃い、面白い決勝になりました。

DSC08693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ファーストコールは右から中西、上中、安孫子、村松、横谷、橋本。ポーカーフェイスの選手が多い

今回の中で安孫子選手のしっかり歯を見せた笑顔が印象を引き立てている様に感じます。

DSC08698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08706 DSC08716DSC08721 DSC08724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上中選手、安孫子選手、村松選手の巴戦の後はそれぞれの一騎打ちに会場も最高潮に盛り上がります。

DSC08729 DSC08730 DSC08731 DSC08732

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08735 DSC08736 DSC08737 DSC08738 DSC08740 DSC08741 DSC08742 DSC08743

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08745 DSC08746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスグランプリはその広い背中を武器にBBJ初戦にして歴戦の強者の上に立つ衝撃の

デビューを果たしたハワイ在住の安孫子健太郎選手。

マスターズ戦線今年最後の地区大会ににダークホースが現れました!!

DSC08645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラス(40歳〜49歳)

DSC09192
(右から)
グランプリ 安孫子 健太郎 あびこけんたろう(ハワイ) 190点
準グランプリ 上中 一司 うえなかひとし(大阪府) 140点
第3位 村松 良一 むらまつりょういち(静岡県) 120点
第4位 横谷 宗則 よこたにむねのり(京都府) 70点
第5位 崔 勝利 さいかつとし(滋賀県) 40点

ファイナリスト

赤田 真朗・白石 進・斉藤 忠孝・前田 和宏・黒木 幸正・
吉村 和也・石本 正人・中西 靖彦・橋本 勉・岩渕 幸司

 

ミスターの部最後はゴールドクラスの模様です。予選は3グループに分けて行われました。

DSC08215 DSC08217 DSC08221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC08222 DSC08223 DSC08226 DSC08228 DSC08231

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続まして決勝審査の模様です。

決勝第1グループ 6名。

DSC08751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08757 DSC08759 DSC08777DSC08768DSC08771DSC08775

。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 6名

DSC08779

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今回50代の選手が揃う中で唯一の60代選手となった大阪の銭安武(せんやすたけ)選手。
昨年のベストボディUSA出場時にアメリカの若い選手達を驚かせたそのキレは健在でした。

DSC08790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08791DSC08796DSC08798DSC08799

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

ファーストコールで呼ばれたのは右から銭、大町、矢野、辻極、田畑、尾田の6名。

DSC08807 DSC08808 DSC08809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC08813 DSC08814 DSC08818 DSC08819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラスグランプリは大阪の尾田文和選手。止まっても動いても絵になると言う印象でした。

DSC08801

 

 

ゴールドクラス(50歳〜年齢無制限)

DSC09195

 

(右から)
グランプリ 尾田 文和 おだふみかず(大阪府) 180点
準グランプリ 矢野 勝己 やのかつみ(大阪府) 130点
第3位 辻極 達彦 つじぎわたつひこ(京都府) 110点
第4位 浅田 修兵 あさだしゅうへい(兵庫県) 60点
第5位 田畑 聡彦 たばたあきひこ(京都府) 50点

ファイナリスト

松本 貴寿・大町 哲也・岩本 登・上山 孝昌・
井上 健・銭 安武・岩下 昌也

レポートはミス(女子)の部へと続きます。

2015年11月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster