ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る9月21日(月、祝)に開催されたベストボディ・ジャパン2015さいたま大会はコンテストシーズンの折り返しとなる9月としては8月の東京大会に次いで応募が1000人を超えるマンモスコンテストとなりました。

層の厚い大会となりましたさいたま大会の模様をお送り致します。

(写真:小峰和久)

本ページ内の画像の無断転用は固くお断り致します。

DSC_6036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りいたします。

予選は80名を超える人数が6グループに分かれての審査となりました。

 

DSC_6116 (2)
DSC_6139 (2) DSC_6160 (3) DSC_6187 (3) DSC_6210 (3) DSC_6236 (3)

 

DSC_6264 (3)DSC_6293 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選審査のステージは選手で隙間の無いほど埋め尽くされました。まさに圧巻の光景です。

DSC_6320 DSC_6331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

 

決勝第1グループ7名

DSC_7186 (2)DSC_7196 (2)

DSC_7201DSC_7209DSC_7217DSC_7227DSC_7234DSC_7245

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名

DSC_7249 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7259DSC_7263DSC_7275DSC_7285DSC_7286 (2)
DSC_7300DSC_7308DSC_7319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白熱の決勝審査の模様をお送りします。

DSC_7330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7352

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓コナー選手(右から2番目)は繋ぎのプレアクションを大きく取ってうまく注目を引き寄せているのがわかります。↓

DSC_7342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(右から)中森、松田、神山のスリーショット。フロントは中森選手の肩の良さや松田選手の8パックが目を引きますが、バックでは神山選手の力みが無くも下部までの発達がよく伺える背中が目を引きます。

DSC_7332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中森(左)と神山の一騎打ちに会場のテンションも上がります。

DSC_7344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類選考から残った約80名、さらにその中から選ばれたベストフィフティーンの選手の皆さん。

どの方も甲乙つけがたい素晴らしい選手ばかりでした。

 

そしてこの大一番を制したのは1か月前のサマービーチ大会でオーバーオール優勝を果たし、そのポテンシャルを大いに示した神奈川の中森崇人選手。人気ユニット「6PACK6」のメンバーとしても人気、実力ともに注目の選手です。

DSC_7304

 

 

フレッシャーズクラス(18歳〜29歳)

DSC_8510 (2)

 

(向かって左から)
グランプリ 中森 崇人 なかもりたかと(神奈川県) 180点
準グランプリ 神山 勇輝 かみやまゆうき(福島県) 170点
第3位 松田 涼 まつだりょう(埼玉県) 140点
第4位 Conor Michael Aherne コナー・マイケル・アヘン(神奈川県) 60点
第5位 表野 天義 ひょうのたかよし(埼玉県) 30点

ファイナリスト

今村 ハロルド 謙斗・美座 幸陽・高橋 雄志・近藤 公利・大迫 洋次郎・
大澤 匠・石原 大雅・菊谷 義明・塚本 博樹・北川 慶高

 

続きましてはミドルクラスの模様をお送りします。こちらも80名近くとなる大激戦となりました。

DSC_6347 (3) DSC_6374 (3) DSC_6399 (3) DSC_6421 (3) DSC_6443 (3) DSC_6465 (3) DSC_6488 (3) DSC_6505 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6532 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6540 DSC_6545 DSC_6550 DSC_6552 (2) DSC_6554 DSC_6559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

 

決勝第1グループ 7名

DSC_7357 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7368DSC_7381DSC_7394DSC_7407DSC_7420DSC_7425DSC_7432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓決勝第2グループ 8名

DSC_7435 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓NPCJ ビーフ佐々木クラシック大会メンズアスリートモデル部門準優勝の植田知成選手。

DSC_7456

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7462DSC_7472DSC_7476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大会前の当サイトのインタビューにも登場して頂いた酒井選手は親子での出場。その気迫が伝わってくるステージングでした。

DSC_7483DSC_7499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマースタイルアワード2015総合優勝者の野本選手も雰囲気のある佇まいでその存在感をしっかり示

していました。

DSC_7508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様をお送りします。

DSC_7511 (2) DSC_7520 DSC_7525 (2) DSC_7528 (2) DSC_7533 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_7539 (2)
DSC_7540 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他大会の優勝、入賞経験者ひしめく今回の大会でグランプリを手にしたのは東京の松山大選手でした。

DSC_7426

 

ミドルクラス(30歳〜39歳)

DSC_8537 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって左から)

グランプリ 松山 大 まつやまひろし(東京都) 160点
準グランプリ 野本 護 のもとまもる(神奈川県) 130点
第3位 齊藤 喬洋 さいとうたかひろ(埼玉県) 100点
第4位 中田 祐介 なかたゆうすけ(埼玉県) 90点
第5位 宮崎 貴博 みやざきたかひろ(宮城県) 80点

ファイナリスト

吉川 昌宏・鈴木 仁・佐々木 渉・大沼 友和・藤井 亮多・
植田 知成・岩成 隆邦・堀野 洋貴・酒井 成徳・佐久間 佳陽

 

続いてはマスターズクラスです。

DSC_6565 (3) DSC_6591 (3) DSC_6614 (3) DSC_6639 (3) DSC_6660 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6681 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6685 DSC_6690 DSC_6697 DSC_6699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きましては決勝審査の模様です。

決勝第1グループ 7名

DSC_7542 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7546 (2) DSC_7556 DSC_7570 DSC_7580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓マスターズクラスのムードメーカーの一人でもある廣澤賢臣(ひろさわけんしん)選手。「ヤ―!」の掛け声とともに十八番の空手の型を披露して下さいました。

DSC_7595DSC_7591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7612DSC_7621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名

DSC_7622 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7629

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今大会にミドルクラスの酒井選手と同じく娘さんとの親子出場を果たした橋本選手。

父の威厳をかけたステージングは酒井選手同様いつもに勝るとも劣らぬ気迫のこもったものでした。

DSC_7642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7653DSC_7659DSC_7670DSC_7676DSC_7687DSC_7695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様をご覧ください。

DSC_7700 (2)DSC_7708DSC_7713DSC_7717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今大会は各クラスの決勝で一騎打ちが多く見られました。昨年のマスターズ日本王者の葉選手に挑むは地元埼玉の今井選手。

DSC_7719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでベストボディで幾多の戦いを経験してきた橋本選手(左)その胸に去来する思いに後ろの選手も

観客も声援を送ります。葉選手(中央)の後ろに写る廣澤選手は顔をくしゃくしゃにする橋本選手をずっと笑顔で

励ましていました。

そしてこの審査の終了直後、マスターズの選手は輪になり互いの健闘を称え合います。

ベストボディアスリートの『品格』が伺えた一場面でした。

DSC_7724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスグランプリは昨年の同クラス日本王者、葉英禄選手。12月の日本大会は連覇なるでしょうか。楽しみです。

DSC_7609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スターズクラス(40歳〜49歳)

DSC_8579 (2)

(左から)
グランプリ 葉 英禄 ようえいろく(兵庫県) 190点
準グランプリ 橋本 勉 はしもとつとむ(東京都) 150点
第3位 今井 耕二 いまいこうじ(埼玉県)100点
第4位 木田 敏 きださとし(埼玉県) 60点
第5位 伊藤 謙次 いとうけんじ(神奈川県) 40点

ファイナリスト

尾畠 浩・白石 進・鈴木 正明・水澤 義幸・廣澤 賢臣・
関根 克直・稲田 明男・世古 卓郎・山野井 好晴・金子 朋弘

 

男子の部最後はゴールドクラスの模様をお送りします。

DSC_6701 (3) DSC_6722 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選審査の模様です。

DSC_6742 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして決勝審査に進みます。 決勝は8名で競われました。

DSC_7732 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7737DSC_7747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今シーズン札幌大会準グランプリを獲得し勢いに乗る東京の金井選手。

DSC_7755 (2)DSC_7771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の日本大会同クラスファイナリストの岩崎選手。

DSC_7783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昨年の日本大会同クラス3位の吉田選手。

DSC_7792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7801 DSC_7809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。改めて全員が50歳以上である事を考えると非常にハイレベルです。

DSC_7813 (2)DSC_7820 DSC_7826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラスでも一騎打ちのシーンが見られました。

まずは今シーズンのゴールドクラスでも勢いを感じる二人、横浜でファイナリスト、札幌で入賞と

着実に力を付けている金井選手(左)とゴールドクラスデビューの千葉と横浜の2大会入賞の石原サンチェス選手の一騎打ち!

 

DSC_7830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンチェス選手、再び一騎打ち!相手は比較でのコールが多かった東京の三輪選手。

DSC_7844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラスを制したのは今シーズンのクラス転向から快進撃を続ける石原サンチェス陽一選手。

今年の日本大会でこの勢いに乗り、クラス最年少日本王者と成るか。注目です。

DSC_7803 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラス(50歳〜年齢無制限)

DSC_8622 (2)

(左から)
グランプリ 石原 サンチェス 陽一 いしはらさんちぇすよういち(東京都) 160点
準グランプリ 三輪 護 みわまもる(東京都) 150点
第3位 岩崎 明史 いわさきあきぶみ(栃木県) 100点
第4位 金井 高志 かないたかし(東京都) 80点
第5位 宮下 愛彦 みやしたよしひこ(神奈川県) 70点

ファイナリスト

中村 忠史・猪瀬 政幸・吉田 和彦

 

レポートは女子の部に続きます。

2015年10月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster