ベストボディ・ジャパン2015大阪大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る8月23日に梅田ホールで開催されましたベストボディ・ジャパン2015大阪大会の模様をお送りします。

今や流行に敏感なトレーにーのマストアイテムとして知られるフィットネスアパレル「MJDIVA」の販売会やファッションショーもあり、この日の大阪は一日中盛り上がりっ放しでした。

DSC06580 DSC06585 DSC06586 DSC06819 DSC06812 DSC06813 DSC06814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りします。
予選審査は5グループに分けて行われました。

DSC06612

DSC06615

 

 

 

 

 

 

 

DSC06616

DSC06617

 

 

 

 

 

 

 

DSC06619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06622DSC06627DSC06631DSC06635

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては決勝審査の模様です。↓

結晶第1グループ7名

DSC06830

 

 

 

 

 

 

 

DSC06834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06837

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06856

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名↓

DSC06857

 

 

 

 

 

 

 

DSC06862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06863

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06865

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若干20歳にして日本大会のキップを手に入れた愛知の 島岬 正剛選手。先の楽しみな選手がまた現れました。↓

DSC06870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。轟木選手(ゼッケン35)のきれいな腹筋の配列が目を引きます。↓

DSC06881 DSC06883 DSC06889 DSC06893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中選手(向かって右)と中村選手(向かって左)の一騎打ちの模様は全角度からご覧ください。↓

バックでは中選手はリアデルト、中村選手は下背のクリスマスツリーとそれぞれに素晴らしい勝負ポイントを持っています。

DSC06898DSC06899DSC06900DSC06901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラスグランプリはパーソナルジム「フライハイト」代表の中 佳津樹 選手。サイズの大きい選手が揃う大阪において昨年からサイズアップを図ってきたのが狙い通りの結果となりました。この後ご結婚の発表もあった中選手。日本大会の表彰式では奥さんを壇上に呼んで欲しいですね。↓

DSC06841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス

DSC07238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           中 佳津樹           なか かずき       26          大阪府

準グランプリ       轟木 龍一郎         とどろき りゅういちろう              29          大阪府

3位       島岬 正剛           しまみさき まさたか       20          愛知県

4位       上田 大輔           うえだ だいすけ              28          滋賀県

5位       林 竜太              はやし りょうた              29          大阪府

 

 

続きましてはミドルクラスです。

ミドルクラスの予選も5グループに分けて行われました。

DSC06636 DSC06637 DSC06641 DSC06643 DSC06646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス予選ピックアップ審査の模様です。

DSC06647 DSC06648 DSC06652 DSC06657 DSC06661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には15名の選手が進みました。

決勝第1グループ7名↓

DSC06904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06918

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06929

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「元気玉!!」なフリーポーズ。

DSC06938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選第2グループ8名↓

DSC06941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06948

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん素晴らしい完成度ですね。では決勝比較審査模様をお送りします。↓

DSC06964 DSC06966 DSC06972 DSC06976 DSC06981 DSC06985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラスを制したのは兵庫県の大西賢吾選手でした。↓

DSC06928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス

DSC07246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           大西 賢吾           おおにし けんご              33          兵庫県

準グランプリ       源石 真人           げんいし まさと              34          大阪府

3位       前田 竜              まえだ りゅう    38          岡山県

4位       西出 恵介           にしで けいすけ              36          大阪府

5位       伊藤 孝              いとう たかし    35          大阪府

 

 

続いてはマスターズクラスです。

 

予選は4グループに分かれて行われました。

DSC06666 DSC06668 DSC06670 DSC06673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06676DSC06682DSC06686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第1グループ7名↓

昨年度の日本大会で1位差の鎬を削った上中選手(右から2番目)と小阪選手(右から3番目)の対決に注目が集まります。

DSC06989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ8名↓

DSC07016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。上中、小坂選手の両名はやはりと言いますか、1回も後ろへ下がる事無く決勝の比較を最後まで戦い抜きました。↓

DSC07039 DSC07040 DSC07044 DSC07048 DSC07053 DSC07058 DSC07063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスグランプリはもう西日本敵無しと言った貫禄の上中一司選手。狙うは昨年のマスターズ覇者、葉選手の首ひとつ。と言った所でしょうか。

DSC06997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラス

DSC07253

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           上中 一司           うえなか ひとし              48          大阪府

準グランプリ       八田 浩司           はった こうじ    44          大阪府

3位       丁 秀鎮              てい しゅうちん              40          兵庫県

4位       小坂 正太郎       こさか しょうたろう       48          奈良県

5位       崔  勝利              さい かつとし    46          滋賀県

 

ミスターの部最後はゴールドクラスの模様です。

予選は2グループで行われましたが、今大会のゴールドクラスはかなり予選から吟味されて行われた比較審査だった印象です。

DSC06691 DSC06694 DSC06695 DSC06696 DSC06701 DSC06706 DSC06711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には8名の選手が駒を進めました。

DSC07068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会のゴールドクラスの中でも最高齢出場にして鋼の様なコンディションと素晴らしい肌艶は全国区の知名度を持つ銭安武選手。

DSC07073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07074

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC07092 DSC07093 DSC07096 DSC07098 DSC07101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリはワイルドな雰囲気が魅力の藤島輝幸選手でした。

DSC07083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラス

DSC07255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

 

グランプリ           藤島 輝幸           ふじしま てるゆき           50          大阪府

準グランプリ       矢野 勝己           やの かつみ       54          大阪府

3位       佐藤 岳司           さとう たけし    50          大阪府

4位       岡崎 厚志           おかざき あつし              52          大阪府

5位       銭 安武              せん やすたけ    66          大阪府

 

レポートはミスの部に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster