インタビュー、百々クミ子71歳の挑戦。ベストボディ・ジャパン協会認定トレーナーへの道

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年よりベストボディ・ジャパンに参戦し、現在ミスの部出場年齢最高記録を持つ大阪の百々クミ子(どどくみこ)選手。

ベストボディ・ジャパンコンテストアドバイザーの資格も取得し精力的な活動を続ける百々さんが次に目指すものとは何か。ご本人と百々さんの良き相談役、ファーストクラストレーナーズ代表の郡勝比呂さんのお二人にお話を伺いました。

DSC06570

百々選手(以下「百々」):大手のフィットネスクラブで以前から会員同士としてお友達になったご夫婦がいまして、その頃からフルマラソンを走っていたりととにかく何事にも精力的に活動していた私を見て控えめな奥様の事を前から案じていたご主人様から「一度トレーニングを見てはもらえないか?」と言うご相談を頂いた事がありました。

私は郡さんに背中を押してもらってベストボディ・ジャパンに出場する様になり今がある事を本当に良かったと感じているので、その時の気持ちで今度は人の背中を押してあげる側に回りたいと、そのご相談を頂いた時に感じました。自分の経験したことが人のお役に立つとしたらこんなに良い事も無いと思います。

DSC06556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡勝比呂氏:(以下「郡」):昨年のベストボディ・ジャパン大会で人生初のビキニ姿を披露して下さった事もすごく勇気の必要だった事だと思うんです。そう言うポジティブな百々さんの性格が人の意識もポジティブに変えるパワーを持っているとそう思うんです。

 

百々:郡コーチにお会いした8年前の私はぽっちゃりさんでそれこそ腕立て伏せも1回も出来ませんでしたけどそれでも変われましたから。(笑)

同じ人間かと思う位に体型も変わりましたし、その変化の過程で女性としての美的感覚がより自身の中に加わる様になりました。

DSC06539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在はベストボディ・ジャパン協会コンテストアドバイザーとしても活動させて頂いてますが、もっともっと人様のお役に立ちたい気持ちと自身の向上心を休ませたくない事もあり、ベストボディ・ジャパン協会が認定するパーソナルトレーナーのライセンスにも新たにチャレンジしようと決心しました。

 

郡:それこそ折角ならこの思いをギネスに乗る様なチャレンジになる位まで、これからも続けて行きましょうとそんな話を二人でしました。百々さんのこれまで歩んできた人生経験のプロセスをより多くの人と共有出来、喜びとして分かち合える機会がさらに広がると思うと僕も嬉しいです。

DSC06525

百々:これまではゴルフインストラクターとして活動してきましたが、専門的分野としてのトレーニングの知識やノウハウはまだ解らない事も多いので、新たな発見にこれからたくさん出会えるのも楽しみにしている所です。そしてその新たな知識を活用してこれまで携わってきたゴルフの市場にも何かお返し出来る事を考えて行きたいと思っています。

 

F:トレーナーとしての目指す理想像はありますか?

百々:「貴方は出来るけど私には出来ない」と言う考えの人が多いので、自分の中に「限界」を作らせない 。「ダメ」と言う考えを外してあげられるトレーナーでありたいと思います。

 

郡:百々さんに言われたら「ダメ」と言う考えもきっと外さざるを得ないですよ。(笑)

 

百々:私にとっては人生の後輩となる団塊の世代の人達を見ていても仕事一途に生きてきてさあこれから自分は何をしたらいいんだろう?と思い悩んでいる人をよく見かけます。そんな人達を導いてあげられる役割としても私の経験と知識が役立てられたらと思います。

DSC06564

郡、百々:トレーニングもそうだと思いますが、良い結果に至るにはプロセスというものも大事だと思います。そして人の人生もまた同じ事が言えると思います。健康である事を通じて『良い人生を送る』と言う考え方を多くの方と実体験として共有出来たら素晴らしいと思います。

 

撮影、取材協力

DSC06578

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーストクラストレーナーズ

http://www.first-class-trainers.com/

 

 

 

2015年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster