ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

東日本屈指のスケールとなりましたベストボディ・ジャパン2015さいたま大会。ミスター(男子)の部に続きましてはミス(女子)の部の模様をお送りします。

 

(写真:小峰和久)

本ページ内の画像の無断転用は固くお断り致します。

 

 

まずはガールズクラスの模様です。

DSC_6747 (3)

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6769 (2) DSC_6771 (2) DSC_6773 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査の模様です。

DSC_7849 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7860DSC_7872DSC_7890

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小林選手は今大会マスターズクラス準グランプリの橋本勉選手の娘さんです。元気なステージングが印象的でした。

DSC_7902 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井選手はフィジカルビューティーの大会前インタビューに親子でご出演頂いたミドルクラス酒井成利選手の娘さんです。

コンテスト初チャレンジとは思えない堂々はつらつとしたステージングでした。

DSC_7924

 

決勝比較審査の模様です。

DSC_7930 (2)DSC_7932DSC_7934DSC_7936DSC_7938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラスグランプリはパーソナルトレーナーを職業とする東京の寺島尚香選手。

若さ溢れる元気さを見せたかと思うとガールズとは思えない大人らしさを見せたりと、その表現力の

幅の広さが非常に印象的でした。
DSC_7877

ガールズクラス(18歳〜25歳)

DSC_8665 (2)
(左から)
グランプリ 寺島 尚香 てらしまなおか(東京都) 190点
準グランプリ 小林 美玲 こばやしみれい(東京都) 130点
第3位 中島 保奈美 なかじまほなみ(長野県) 110点
第4位 三宅 彩 みやけあや(東京都) 100点
第5位 酒井 奈津未 さかいなつみ(茨城県) 70点

 

続いてはレディースクラスです。

DSC_6776 (3)

 

 

 

 

 

 

DSC_6833 (3)

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6886

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6888 DSC_6895

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査には10名の選手が進みました。

DSC_7943 (2)

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7960 DSC_7982 DSC_7996 DSC_8020 DSC_8036 DSC_8052 DSC_8082 DSC_8090 DSC_8120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_8135

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。フロントポーズ&バックポーズでまとめてみました。

DSC_8150 (2)

 

 

 

 

 

 

DSC_8154 (2) DSC_8160 (2) DSC_8165 (2) DSC_8170 (2) DSC_8174 (2) DSC_8178 DSC_8179 DSC_8182 DSC_8185 DSC_8189 DSC_8192

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディースクラスグランプリは8月のサマービーチ大会オーバーオールも制した来住野 舞選手。

DSC_8093

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディースクラス(26歳〜34歳)

 

DSC_8716 (2)

 

(左から)
グランプリ 来住野 舞 きしのまい(東京都) 170点
準グランプリ 西山 千絵 にしやまちえ(千葉県) 90点
第3位 峰平 吉亜 みねひらよしあ(埼玉県) 80点
第4位 ダシルバ オレシア(群馬県) 70点
第5位 渡部 玲奈 わたなべれな(東京都) 60点

ファイナリスト

藤原 佳穂里・柏木 やよい・林 さや夏・本田 景子・保坂 文奈

 

続いてはウーマンズクラスです。

DSC_6901 (3) DSC_6956 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

 

 

 

DSC_7006 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7000

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7004

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査には8名の選手が駒を進めました。

DSC_8195 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_8211DSC_8227DSC_8239DSC_8253DSC_8266DSC_8288DSC_8303DSC_8320

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

 

DSC_8327 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_8328 (2) DSC_8330 (2) DSC_8338 DSC_8339 DSC_8340

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズクラスグランプリは地元埼玉の井埜 奈々絵選手。既に日本大会への出場権は得ていますが、

地元で結果を残したいと言う思いを最高の形で叶えた事が表彰式での涙に現われたのでしょう。

DSC_8285

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズクラス(35歳〜44歳)

DSC_8774 (2)

 

(左から)
グランプリ 井埜 奈々絵 いのななえ(埼玉県) 190点
準グランプリ 三谷 静鶴 みたにしず(埼玉県) 140点
第3位 岩本 奈穂 いわもとなほ(神奈川県) 100点
第4位 重長 徳子 しげながのりこ(東京都) 60点
第5位 三船 智美 みふねともみ(東京都) 50点

ファイナリスト

横田 美穂・岡野 幸恵・肥田 朝子

 

大会最後のレポートはクイーンクラスです。

DSC_7012 (3)

DSC_7057 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_7098 (2)

DSC_7100 DSC_7103 DSC_7105 DSC_7106 DSC_7109

続きましては決勝審査の模様です。

DSC_8343 (3)

DSC_8352

DSC_8375 DSC_8385 DSC_8406

↓この大会の前に行われたサマービーチ大会ではビキニカテゴリーでグランプリを受賞している佐藤とく子選手。

その日本人離れしたフレームにしっかりとバランスを考慮した筋肉を増やし、今や写真の様なモデルポーズもビキニのステージで見せるマッスルポーズも両方を自分のものにしてしまうだけのポテンシャルを身に着けてきました。

DSC_8423

DSC_8446

↓ポージングの動作中でも姿勢の綺麗な高橋弘子選手。腹斜筋の見える所からも察するに体幹が強そうです。

DSC_8463

決勝比較審査の模様です。ファーストコールは右から佐藤、飯塚、新井田の3名。

DSC_8475 DSC_8477 DSC_8480 DSC_8487 DSC_8488 DSC_8490

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイーンクラスグランプリはバレエなどのバックボーンを武器に豊かな表現力が持ち味の飯塚幸子選手。

僅か数分の時間でこれだけの多彩な動きや表情が作れるのが素晴らしいです。画像を見やすく並べてみましたので

飯塚選手の引き出しの多さをご覧ください。

DSC_8371DSC_8370DSC_8372

 

 

 

 

 

 

 

DSC_8373DSC_8375DSC_8374

 

 

クイーンクラス(45歳〜年齢無制限)

DSC_8816 (2)

 

(左から)
グランプリ 飯塚 幸子 いいづかさちこ(神奈川県) 190点
準グランプリ 佐藤 とく子 さとうとくこ(東京都) 170点
第3位 新井田 朱見 にいだあけみ(福島県) 90点
第4位 高山 美穂子 たかやまみほこ(東京都) 60点
第5位 高橋 弘子 たかはしひろこ(東京都) 50点

ファイナリスト

林田 智子・島田 麗子

 

いかがでしたでしょうか。応募総数1000名を超えるマンモス大会となったさいたま大会。

人数、レベル共に史上に残る大会となりました。そしてまた記憶に残る大会となりました。

また来年のさいたま大会もきっと盛り上がる事間違いないでしょう。

 

2015年10月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

去る9月21日(月、祝)に開催されたベストボディ・ジャパン2015さいたま大会はコンテストシーズンの折り返しとなる9月としては8月の東京大会に次いで応募が1000人を超えるマンモスコンテストとなりました。

層の厚い大会となりましたさいたま大会の模様をお送り致します。

(写真:小峰和久)

本ページ内の画像の無断転用は固くお断り致します。

DSC_6036

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りいたします。

予選は80名を超える人数が6グループに分かれての審査となりました。

 

DSC_6116 (2)
DSC_6139 (2) DSC_6160 (3) DSC_6187 (3) DSC_6210 (3) DSC_6236 (3)

 

DSC_6264 (3)DSC_6293 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選審査のステージは選手で隙間の無いほど埋め尽くされました。まさに圧巻の光景です。

DSC_6320 DSC_6331

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

 

決勝第1グループ7名

DSC_7186 (2)DSC_7196 (2)

DSC_7201DSC_7209DSC_7217DSC_7227DSC_7234DSC_7245

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名

DSC_7249 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7259DSC_7263DSC_7275DSC_7285DSC_7286 (2)
DSC_7300DSC_7308DSC_7319

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白熱の決勝審査の模様をお送りします。

DSC_7330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7338

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7349

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7352

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓コナー選手(右から2番目)は繋ぎのプレアクションを大きく取ってうまく注目を引き寄せているのがわかります。↓

DSC_7342

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(右から)中森、松田、神山のスリーショット。フロントは中森選手の肩の良さや松田選手の8パックが目を引きますが、バックでは神山選手の力みが無くも下部までの発達がよく伺える背中が目を引きます。

DSC_7332

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中森(左)と神山の一騎打ちに会場のテンションも上がります。

DSC_7344

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7345

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

書類選考から残った約80名、さらにその中から選ばれたベストフィフティーンの選手の皆さん。

どの方も甲乙つけがたい素晴らしい選手ばかりでした。

 

そしてこの大一番を制したのは1か月前のサマービーチ大会でオーバーオール優勝を果たし、そのポテンシャルを大いに示した神奈川の中森崇人選手。人気ユニット「6PACK6」のメンバーとしても人気、実力ともに注目の選手です。

DSC_7304

 

 

フレッシャーズクラス(18歳〜29歳)

DSC_8510 (2)

 

(向かって左から)
グランプリ 中森 崇人 なかもりたかと(神奈川県) 180点
準グランプリ 神山 勇輝 かみやまゆうき(福島県) 170点
第3位 松田 涼 まつだりょう(埼玉県) 140点
第4位 Conor Michael Aherne コナー・マイケル・アヘン(神奈川県) 60点
第5位 表野 天義 ひょうのたかよし(埼玉県) 30点

ファイナリスト

今村 ハロルド 謙斗・美座 幸陽・高橋 雄志・近藤 公利・大迫 洋次郎・
大澤 匠・石原 大雅・菊谷 義明・塚本 博樹・北川 慶高

 

続きましてはミドルクラスの模様をお送りします。こちらも80名近くとなる大激戦となりました。

DSC_6347 (3) DSC_6374 (3) DSC_6399 (3) DSC_6421 (3) DSC_6443 (3) DSC_6465 (3) DSC_6488 (3) DSC_6505 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6532 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6540 DSC_6545 DSC_6550 DSC_6552 (2) DSC_6554 DSC_6559

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

 

決勝第1グループ 7名

DSC_7357 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7368DSC_7381DSC_7394DSC_7407DSC_7420DSC_7425DSC_7432

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓決勝第2グループ 8名

DSC_7435 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7445

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓NPCJ ビーフ佐々木クラシック大会メンズアスリートモデル部門準優勝の植田知成選手。

DSC_7456

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7462DSC_7472DSC_7476

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大会前の当サイトのインタビューにも登場して頂いた酒井選手は親子での出場。その気迫が伝わってくるステージングでした。

DSC_7483DSC_7499

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サマースタイルアワード2015総合優勝者の野本選手も雰囲気のある佇まいでその存在感をしっかり示

していました。

DSC_7508

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様をお送りします。

DSC_7511 (2) DSC_7520 DSC_7525 (2) DSC_7528 (2) DSC_7533 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


DSC_7539 (2)
DSC_7540 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他大会の優勝、入賞経験者ひしめく今回の大会でグランプリを手にしたのは東京の松山大選手でした。

DSC_7426

 

ミドルクラス(30歳〜39歳)

DSC_8537 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって左から)

グランプリ 松山 大 まつやまひろし(東京都) 160点
準グランプリ 野本 護 のもとまもる(神奈川県) 130点
第3位 齊藤 喬洋 さいとうたかひろ(埼玉県) 100点
第4位 中田 祐介 なかたゆうすけ(埼玉県) 90点
第5位 宮崎 貴博 みやざきたかひろ(宮城県) 80点

ファイナリスト

吉川 昌宏・鈴木 仁・佐々木 渉・大沼 友和・藤井 亮多・
植田 知成・岩成 隆邦・堀野 洋貴・酒井 成徳・佐久間 佳陽

 

続いてはマスターズクラスです。

DSC_6565 (3) DSC_6591 (3) DSC_6614 (3) DSC_6639 (3) DSC_6660 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓予選ピックアップ審査の模様です。

DSC_6681 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_6685 DSC_6690 DSC_6697 DSC_6699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きましては決勝審査の模様です。

決勝第1グループ 7名

DSC_7542 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7546 (2) DSC_7556 DSC_7570 DSC_7580

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓マスターズクラスのムードメーカーの一人でもある廣澤賢臣(ひろさわけんしん)選手。「ヤ―!」の掛け声とともに十八番の空手の型を披露して下さいました。

DSC_7595DSC_7591

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7612DSC_7621

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名

DSC_7622 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7629

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今大会にミドルクラスの酒井選手と同じく娘さんとの親子出場を果たした橋本選手。

父の威厳をかけたステージングは酒井選手同様いつもに勝るとも劣らぬ気迫のこもったものでした。

DSC_7642

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7653DSC_7659DSC_7670DSC_7676DSC_7687DSC_7695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様をご覧ください。

DSC_7700 (2)DSC_7708DSC_7713DSC_7717

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今大会は各クラスの決勝で一騎打ちが多く見られました。昨年のマスターズ日本王者の葉選手に挑むは地元埼玉の今井選手。

DSC_7719

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでベストボディで幾多の戦いを経験してきた橋本選手(左)その胸に去来する思いに後ろの選手も

観客も声援を送ります。葉選手(中央)の後ろに写る廣澤選手は顔をくしゃくしゃにする橋本選手をずっと笑顔で

励ましていました。

そしてこの審査の終了直後、マスターズの選手は輪になり互いの健闘を称え合います。

ベストボディアスリートの『品格』が伺えた一場面でした。

DSC_7724

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスグランプリは昨年の同クラス日本王者、葉英禄選手。12月の日本大会は連覇なるでしょうか。楽しみです。

DSC_7609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スターズクラス(40歳〜49歳)

DSC_8579 (2)

(左から)
グランプリ 葉 英禄 ようえいろく(兵庫県) 190点
準グランプリ 橋本 勉 はしもとつとむ(東京都) 150点
第3位 今井 耕二 いまいこうじ(埼玉県)100点
第4位 木田 敏 きださとし(埼玉県) 60点
第5位 伊藤 謙次 いとうけんじ(神奈川県) 40点

ファイナリスト

尾畠 浩・白石 進・鈴木 正明・水澤 義幸・廣澤 賢臣・
関根 克直・稲田 明男・世古 卓郎・山野井 好晴・金子 朋弘

 

男子の部最後はゴールドクラスの模様をお送りします。

DSC_6701 (3) DSC_6722 (3)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選審査の模様です。

DSC_6742 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして決勝審査に進みます。 決勝は8名で競われました。

DSC_7732 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7737DSC_7747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今シーズン札幌大会準グランプリを獲得し勢いに乗る東京の金井選手。

DSC_7755 (2)DSC_7771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の日本大会同クラスファイナリストの岩崎選手。

DSC_7783

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして昨年の日本大会同クラス3位の吉田選手。

DSC_7792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7801 DSC_7809

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。改めて全員が50歳以上である事を考えると非常にハイレベルです。

DSC_7813 (2)DSC_7820 DSC_7826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラスでも一騎打ちのシーンが見られました。

まずは今シーズンのゴールドクラスでも勢いを感じる二人、横浜でファイナリスト、札幌で入賞と

着実に力を付けている金井選手(左)とゴールドクラスデビューの千葉と横浜の2大会入賞の石原サンチェス選手の一騎打ち!

 

DSC_7830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7831

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC_7839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンチェス選手、再び一騎打ち!相手は比較でのコールが多かった東京の三輪選手。

DSC_7844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラスを制したのは今シーズンのクラス転向から快進撃を続ける石原サンチェス陽一選手。

今年の日本大会でこの勢いに乗り、クラス最年少日本王者と成るか。注目です。

DSC_7803 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラス(50歳〜年齢無制限)

DSC_8622 (2)

(左から)
グランプリ 石原 サンチェス 陽一 いしはらさんちぇすよういち(東京都) 160点
準グランプリ 三輪 護 みわまもる(東京都) 150点
第3位 岩崎 明史 いわさきあきぶみ(栃木県) 100点
第4位 金井 高志 かないたかし(東京都) 80点
第5位 宮下 愛彦 みやしたよしひこ(神奈川県) 70点

ファイナリスト

中村 忠史・猪瀬 政幸・吉田 和彦

 

レポートは女子の部に続きます。

2015年10月30日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015関東大会、ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015関東大会

ベストボディ・ジャパン2015関東大会結果

 

 

フレッシャーズクラス

 

グランプリ           阿部 一樹           あべ かずき       24          東京都

準グランプリ       大澤 匠              おおさわ たくみ              29          埼玉県

3位       北川 慶高           きたがわ よしたか           22          東京都

4位       中島 健              なかしま たけし              28          千葉県

5位       龍口 貴幸            たつぐち たかゆき            22          長野県

 

 

ミドルクラス

 

グランプリ           渋谷 優輝           しぶや ゆうき    30          千葉県

準グランプリ       小泉 審              こいずみ あきら              37          東京都

3位       小原 明人           おはら あきひと              30          福岡県

4位       平山 憲功           ひらやま のりかた           35          福岡県

5位       藤井 亮多           ふじい りょうた              37          福島県

 

 

マスターズクラス

 

グランプリ           川井 勇治           かわい ゆうじ    47          茨城県

準グランプリ       杉浦 康幸           すぎうら やすゆき           45          神奈川県

3位       世古 卓郎           せこ たくろう    41          静岡県

4位       川嶋 清吾           かわしま せいご              42          東京都

5位       白石 進              しらいし すすむ              45          東京都

 

 

ゴールドクラス

 

グランプリ           吉田 和彦           よしだ かずひこ              52          東京都

準グランプリ       椎橋 英治           しいはし えいじ              50          神奈川県

3位       筒井 光広           つつい みつひろ              53          神奈川県

4位       北村 滋久           きたむら しげひさ           52          茨城県

5位       大貫 一生           おおぬき いっせい           50          神奈川県

 

 

ガールズクラス

 

グランプリ           香川 沙耶           かがわ さや                     東京都

準グランプリ       袴田 莉加           はかまだ りか                  東京都

3位       中島 保奈美       なかじま ほなみ                            長野県

4位       熊木 まりい       くまき まりい                  東京都

5位       才木 玲佳           さいき れいか                  埼玉県

 

 

レディースクラス

 

グランプリ           宮原 未来           みやはら みき                  東京都

準グランプリ       高澤 麗              たかざわ れい                  東京都

3位       堀内 悠里           ほりうち ゆり                  東京都

4位       藤原 佳穂里       ふじわら かほり                            東京都

5位       宮下 美歩           みやした みほ                  東京都

 

 

ウーマンズクラス

 

グランプリ           田村 依里子       たむら えりこ                  東京都

準グランプリ ほんだかれん

3位       愛洲 伸子           あいす のぶこ                  北海道

4位       小沢 晃子           おざわ あきこ                  埼玉県

5位       長瀬 陽子           ながせ ようこ                  東京都

 

 

クイーンクラス

 

グランプリ           沈 纓    ちん えい                         埼玉県

準グランプリ       河原崎 千穂       かわらざき ちほ                            静岡県

3位       林田 智子           はやしだ ともこ                            東京都

4位       矢部 陽子           やべ ようこ                     東京都

5位       川島 めぐみ       かわしま めぐみ                            東京都

 

総合優勝 男子 ゴールドクラス 吉田和彦

女子 ガールズクラス 香川 沙耶

 

 

 

ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015関東大会結果

 

 

フィジーク

 

グランプリJEAN Steve francoisジャン スティーブ フランソワ  33          埼玉県

準グランプリ       久野 圭一           ひさの けいいち              33          東京都

3位       北田 裕二郎       きただ ゆうじろう           28          埼玉県

4位       中島 正晴           なかしま まさはる           32          神奈川県

5位       小野 正博           おの まさひろ    29          東京都

 

 

ビキニ

 

グランプリ           湯浅 智子           ゆあさ ともこ                  埼玉県

準グランプリ       堀切 俊枝           ほりきり としえ                            東京都

3位       前田 裕子           まえだ ゆうこ                  神奈川県

4位       高橋 弘子           たかはし ひろこ                            東京都

5位       中林 かおる       なかばやし かおる                         長野県

 

 

各選手の獲得点数および5位以下のファイナリスト氏名はベストボディ・ジャパン協会からの公式発表をお待ちください。

2015年10月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015京都大会 ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015西日本大会

ベストボディ・ジャパン

 

フレッシャーズクラス

 

グランプリ           松本 彰太           まつもと しょうた           28          京都府

準グランプリ       坂井 翔也           さかい しょうや              26          滋賀県

3位        飯場 圭              いいば けい       27          三重県

4位        吉田 悠二           よしだ ゆうじ    27          愛知県

5位        田中 健斗           たなか けんと    23          岐阜県

 

 

ミドルクラス

 

グランプリ           佐伯 伊都企       さえき いつき    39          愛知県

準グランプリ       原田 公広           はらだ きみひろ              31          福岡県

3位        伊藤 孝              いとう たかし    35          大阪府

4位        井上 智司           いのうえ さとし              34          岐阜県

5位        一丸 貴希           いちまる よしき              30          滋賀県

 

 

マスターズクラス

 

グランプリ           安孫子 健太郎    あびこ けんたろう           41          ホノルル

準グランプリ       上中 一司           うえなか ひとし              48          大阪府

3位        村松 良一           むらまつ りょういち       41          静岡県

4位        横谷 宗則           よこたに むねのり           44          京都府

5位        崔 勝利              さい かつとし    46          滋賀県

 

 

ゴールドクラス

 

グランプリ           尾田 文和           おだ ふみかず    50          大阪府

準グランプリ       矢野 勝己           やの かつみ       54          大阪府

3位  辻極 達彦           つじぎわ たつひこ           51          京都府

4位        浅田 修兵           あさだ しゅうへい           55          兵庫県

5位        田畑 聡彦           たばた あきひこ              52          京都府

 

 

 

ガールズクラス

 

グランプリ           綱本 有紗           つなもと ありさ                            大阪府

準グランプリ       種田 奈都美       たねだ なつみ                  京都府

3位        松本 恵実           まつもと めぐみ                            京都府

4位        東内 夏希           とうない なつき                            岡山県

 

 

レディースクラス

 

グランプリ           大島 亜美           おおしま あみ                  愛知県

準グランプリ       門馬 百里           もんま ゆり                     静岡県

3位        谷川 奈穂           たにがわ なほ                  大阪府

4位        片岡 麗香           かたおか れいか              愛知県

5位        山田 梨恵           やまだ りえ                     東京都

 

 

ウーマンズクラス

 

グランプリ           西川 知里           にしかわ ちさと                            東京都

準グランプリ       中上 美代子       なかうえ みよこ                            三重県

3位        大久保 裕美       おおくぼ ゆみ                      東京都

4位        大槻 わか奈         おおつき わかな                            京都府

5位        大道 経美           おおみち きょうみ                         愛知県

 

 

クイーンクラス

 

グランプリ           山内 弘子           やまうち ひろこ              京都府

準グランプリ       森瀬 くみ子       もりせ くみこ                  滋賀県

3位        金子 花央理       かねこ かおり                  兵庫県

4位        石本 珠美           いしもと たまみ              兵庫県

5位        作間 綾子           さくま あやこ                  兵庫県

 

 

 

 

ベストフィジーク・ジャパン

 

グランプリ           竹中 孝              たけなか たかし              44          愛知県

準グランプリ       末松 純一           すえまつ じゅんいち       38          京都府

3位        大島 英樹           おおしま ひでき              47          兵庫県

4位        伊佐 真吾           いさ しんご       32              福岡県

5位        藤島 輝幸           ふじしま てるゆき           50          大阪府

 

 

ベストビキニ・ジャパン

 

グランプリ           佐藤 とく子       さとう とくこ                  東京都

準グランプリ       三浦 幸奈           みうら ゆきな                  大阪府

3位        海老原 久実       えびはら くみ                      兵庫県

4位        清原 礼子           きよはら れいこ                            大阪府

 

 

各選手の獲得点数、その他ファイナリストの氏名はベストボディ・ジャパン公式Facebook等の発表をお待ちください。

2015年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster