【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会

 

フレッシャーズクラス

 

グランプリ           中森 崇人           なかもり たかと              22          神奈川県

準グランプリ       神山 勇輝           かみやま ゆうき              28          福島県

3位       松田 涼              まつだ りょう    19          埼玉県

4位       Conor Michael Aherne      コナー マイケル アヘン              23          神奈川県

5位       表野 天義           ひょうの たかよし           27          埼玉県

 

 

ミドルクラス

 

グランプリ           松山 大              まつやま ひろし              35          東京都

準グランプリ       野本 護              のもと まもる    36          神奈川県

3位       齊藤 喬洋           さいとう たかひろ           32          埼玉県

4位       中田 祐介           なかた ゆうすけ              38          埼玉県

5位       宮崎 貴博           みやざき たかひろ           33          宮城県

 

 

マスターズクラス

グランプリ           葉 英禄              よう えいろく    46          兵庫県

準グランプリ       橋本 勉              はしもと つとむ              43          東京都

3位       今井 耕二           いまい こうじ    41          埼玉県

4位       木田 敏              きだ さとし       45          埼玉県

5位       伊藤 謙次           いとう けんじ    44          神奈川県

 

 

ゴールドクラス

 

グランプリ           石原 サンチェス 陽一    いしはら さんちぇす よういち    50 東京都

準グランプリ       三輪 護              みわ まもる       50          東京都

3位       岩崎 明史           いわさき あきぶみ           51          栃木県

4位       金井 高志           かない たかし    52          東京都

5位       宮下 愛彦           みやした よしひこ           54          神奈川県

 

 

ガールズクラス

 

グランプリ           寺島 尚香           てらしま なおか                            東京都

準グランプリ       小林 美玲           こばやし みれい                            東京都

3位       中島 保奈美       なかじま ほなみ                            長野県

4位       三宅 彩              みやけ あや                     東京都

5位       酒井 奈津未       さかい なつみ                  茨城県

 

 

レディースクラス

グランプリ           来住野 舞           きしの まい                     東京都

準グランプリ       西山 千絵           にしやま ちえ                  千葉県

3位       峰平 吉亜           みねひら よしあ                            埼玉県

4位       ダシルバ オレシア           ダシルバ オレシア                         群馬県

5位       渡部 玲奈           わたなべ れな                  東京都

 

 

ウーマンズクラス

 

グランプリ           井埜 奈々絵       いの ななえ                     埼玉県

準グランプリ       三谷 静鶴           みたに しず                     埼玉県

3位       岩本 奈穂           いわもと なほ                  神奈川県

4位       重長 徳子           しげなが のりこ                            東京都

5位       三船 智美           みふね ともみ                  東京都

 

 

クイーンクラス

 

グランプリ           飯塚 幸子           いいづか さちこ                            神奈川県

準グランプリ       佐藤 とく子       さとう とくこ                  東京都

3位       新井田 朱見       にいだ あけみ                  福島県

4位       高山 美穂子       たかやま みほこ                            東京都

5位       高橋 弘子           たかはし ひろこ                            東京都

 

各選手の獲得点数および5位以下のファイナリストの氏名はベストボディ・ジャパン公式facebookぺージ等の発表をお待ち下さい。

 

【超速報】野田真奈、オリンピアビキニモデルサーチ情報

現在アメリカはラスベガスで開催されている世界最高峰のコンテスト「ミスターオリンピア」の中でも人気の高いカテゴリー「ビキニモデルサーチ」に日本から野田真奈選手が参戦しています。

 

12025511_940567142682177_190183354_n

 

 

 

12033653_940567146015510_422880654_n

 

 

 

 

現地にはトッププロが集結しています。212王座をかけてボディビルカテゴリーに挑むのは山岸秀匡選手。↓

12041795_940567139348844_385608554_n

 

 

 

 

メンズフィジークワールドチャンピオンのサディック選手の姿も。↓

12025364_940567132682178_793934403_n

 

 

12049007_940567136015511_847796814_n

 

 

 

12021802_940567156015509_1853363604_n

 

 

 

野田真奈選手はオーバーオールカテゴリーでのプレジャッジ(予選)80名中をセカンドコールアウト。
質、量ともに非常にハードルの高い中をトップ戦線に躍り出ました。

12033369_940567166015508_393537321_n

 

12048583_940567182682173_1544282646_n

 

 

12030884_940567192682172_1182205786_n

 

12030647_940567176015507_191203258_n

 

ファイナルでの野田選手の活躍が楽しみですね。

画像提供:MJDIVA

 

野田真奈選手デザインのウェアが人気のフィットネスアパレル「MJDIVA」

http://mjdiva.co.jp/

 

野田真奈選手直接指導のジム「BOOTYFITNESS」

http://www.booty.fitness/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015札幌大会 ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015北日本大会選手レポート

平成27年9月6日、新天地の開催となるベストボディ・ジャパン札幌大会、ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン北日本大会が北の大地「サッポロファクトリーホール」で開催されました。大会結果は事務局ホームページやフェイスブックなどでご承知のことかと思われます。今回は参加選手の視点で大会レポートをお送りします。

 

(写真と文、ゴールドクラス新谷幸三選手)

札幌大会では北海道の選手が約6割と多くの地元選手がエントリーし、本州からは関東・東北組が約3割、そして遠く関西・東海・九州からも北の大地に集結しました。
千歳上空

 

 

 

 

 

 

 

↑「飛行機で北海道へ来る殆どの選手がこの広大な景色と清々しい青空に心奪われます…」

 

札幌の縦型信号機

 

 

 

 

 

 

 

↑「北海道らしさ その1…積雪対策でしょうか?「縦型信号機」に感心」

 

ファクトリーホール1

 

 

 

 

 

 

 

↑「北海道らしさ その2…至る所にサッポロの象徴『星のマーク』」

こうして選手は迷いながら?人によっては街を探索しながら、空港や駅から会場へ向かいます。この会場探しの検索からBBJの大会は既に始まっていると言えます。

会場にたどり着いた選手はクラスごとの受付でやっとゼッケンを手にし「名前が有った~」とエントリー確認に安堵します。そして顔見知りの選手と再会の喜びに花が咲きます。しかしそんな時間もつかの間、リハーサルが終わった会場内へと選手全員が誘導され、大会出場への注意事項や控室などの会場案内が事務局より説明されます。会場ごとにステージの高さや奥行など全体の大きさが違いますし、細かく立ち位置などの説明が有りますのでベテラン選手も真剣に聞き入ります。

説明会1

 

 

 

 

 

 

 

↑「会場内で待機する選手達…この状態で大会概要の説明会に入ります」

 

基本ポーズ解説

 

 

 

 

 

 

 

 

↑「基本ポーズやステージ上の注意事項の確認…」

実は、場内では説明を受ける選手から、「足は平行だっけ?」「基本ポーズは右回りじゃなかったけ?」「上手って何だよ~」などと声に成らないざわめきが起きてますが、優しい先輩選手がいつの間にか問題を解決してくれます(^_^;)

こうしてどこかしら「愛の手」が差し入れられるのも人格者の集まるBBJの良き側面でしょうか…。

今回の説明会の中で一番の盛り上がりどころは、「男子選手の控室は会場が見渡せる二階通路です…」って木下会長が発した言葉に一同凍りつきました!!

なんと上を見渡すと会場から丸見えの二階通路が確認出来ました。と同時に会場は大爆笑の渦中に…

しかし、この采配が大会進行の中で最高の控所になったことは後述します。

空中控室と会場

 

 

 

 

 

 

 

↑「満員立見の観客席と男子控室の宮中回廊…」

説明会が終了すると、ステージが解放され各自の練習時間に充てられます。女性はハイヒールを履いてステージの感覚の確認を行い、男性はポージングのチェックなど短時間でも濃密な時間を過ごします。この場面でも心温まるシーンが有りました。初参加でステージに立つ選手が練習中、スポットライトやステージに貼られたテープに翻弄され緊張からか右手右足が同時に出て歩いていました。そんな時には年長の選手が自然とサポートに入って流れのアドバイスをしてました。そんな微笑ましい風景こそ年代別コンテストの素晴らしいさの一つではないでしょうか・・・これから初参加される選手の方は遠慮せずに不安な事を先輩選手へ質問した方が良いですよ。安心してお声掛けください。

ステージ練習1 ステージ練習2

 

 

 

 

 

 

 

↑「本番ステージでの最終練習。スポットライトや立ち位置の確認など選手としてとても大切な時間」

 

さて、華々しいオープニングを終えいよいよ本番が始まると選手はそれぞれの出番に合わせてウォーミングアップ(パンプアップ)を行ます。この時の一番忙しいクラスはフレッシャーズです。このクラスは早め早めの準備を心掛けないと嵐のような進行が待っています。時にゼッケンの若い選手は出番が直ぐに回って来ますから心に留めておきましょう!

パンプアップ方法はクラスごとや選手に個性が出ますね!

あくまでも私見ですが持ち込みエクササイズ道具ベスト5を紹介しましょう。

第1位「チューブ」第2位「プッシュアップグリップ」第3位「アブローラー」第4位「ダンベル」第5位「加圧ベルト」などです。中には10㎏以上の高重量ダンベルをセットで持ち込んで来る豪快な選手もいます。今回もダンベルを持ち込むときに空港の検査で指摘された人も居ますが、持ち込みには規定は有りませんから慣れてるパンプアップグッズがお勧めです。

共倒れ1 パンプアップ1

 

 

 

 

 

 

 

↑「ゴールドクラスはいつの間にかパーソナルトレーニングが始まります」(左)そして

「マスターズクラスのパンプアップ風景」(右)

 

出番直前はステージ脇で待機します。いやが上でも緊張が高まり会場のボルテージも最高潮に達ています。

BBJオリジナルテーマ曲と照明の演出効果がこれまでに味わった事がない気持ちの高まりを感じさせてくれます。

選手はクラスごとにゼッケン番号順に並んで待機します。待機しながら僅かな空間を見つけプッシュアップやトランクカールなどで筋肉コンディションを高めます。

ステージ脇2

ステージ脇1

 

 

 

 

 

 

 

 

↑「ステージ脇の待機場所での緊張感が高まる選手達」

そんなステージ脇で待機中に選手同士が何を話しているか・・・

「フレッシャーズ」や「ミドル」はトレーニング方法の話や身体づくりの話が殆どですね。筋トレは何処のGYMでトレーニングしているかなどの情報交換会が始まります。

「マスターズ」は世代的にお子さんや家族の話や筋トレ以外の趣味の話が多いと感じますし、「ゴールド」は孫の話から金融や投資の話など最年長に相応しい話題に成ります。…笑

また、ガールズ・レディース・ウーマンズ・クイーンの各クラスも水着やウエアーの話からメイクやエクササイズなどの話題でガールズトークに花が咲いていると聞いています。

世代ごとに話題が異なりますが、そこにクラスごとの人生模様が綴られ選手同士の絆も深まっていきます。

そんな中で、今回の札幌大会のバックステージではビキニとクイーンの選手が控室用のトイレ清掃を自主的に清掃するという素晴らしい行動が話題に成りました。

BBJの選手は誠実さや品格を求められますが、まさにそのお手本となる人柄が溢れる誠実な行動に心からの喝采を贈ります!

これからもBBJ選手は「会場を使わせて頂いている」という謙虚な気持ちで使った時よりも更に綺麗にするような心掛けで大会に臨んで欲しい思います。

日本で開催される数多くのフィットネス大会の中でも、BBJの大会は選手も観客のマナーも最高級で素晴らしいと高いステイタス性を選手自身が作って行きたいですね!

さて、札幌大会での選手スナップです。男子控室兼観客席としての回廊をフレッシャーズからフィジークまで一気に紹介しましょう。

フレッシャーズ2 フレッシャーズ ミドル2 ミドル

 

 

 

 

 

 

 

 

フィジーク ゴールド マスターズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「クラスの年代は違えど身体づくりへの情熱に年齢は関係ありません…」

 

ビキニスタイル クイーン~レディース フィットネスウエアー クイーン~ウーマンズ

 

 

 

 

 

 

 

「女性は全クラス同室という環境でした…」

女性は着替えやヘアメイクなどで特に鏡が必要になるそうなのですが、札幌大会ではその特等席を譲り合うような最高のマナーが繰り広げられたと聞きました。誰もが我先にと行動してしまう場面で他人への気遣いができる淑女の皆さんに心からの拍手を送りたいと思います。本当に強い人ほど他人への配慮を忘れませんね!まさにマナーのクイーンです!!

 

BBJの選手はステージ上では最大のライバルですがバックステージでは同じ境遇を味わう最高の同志です。

戦いが終われば互いの健闘を励ましあい、未来のシーンへの夢を語り合います。

これぞ、BBJが多くの選手から支持を受ける魅力の一つなのかもしれません。

和やか1

 

 

 

 

 

 

 

↑「ライバルであり同志でも有る選手達の語らい」

 

今回のレポートは、バックステージでの選手目線で綴ってみました。各会場によって多少の違いはが有るかと思いますが、これからBBJへの参加に興味を持つ方々の参考に成れば幸いですし、参加中の選手にもこのレポートで気付いた事を今後の出場へ活かして欲しいと思います。そして、品格や誠実さをコンセプトに持つBBJ大会を皆の行動と振る舞いで格式の高い日本一のコンテスト大会として大いに高めて参りましょう。

最期まで読んでいただいてありがとうございました。また札幌大会で快く撮影に協力してくれた選手の皆様にこの書面にてお礼を申し上げます。

 

 

 

2015年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015大阪大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

ベストボディ・ジャパン2015大阪大会ミスターの部に続きましてはミスの部の模様をお送りします。

まずはガールズクラスの模様です。少人数ながら個々のレベルには目を見張るものがあります。

DSC06716 DSC06717 DSC06718 DSC06719 DSC06722

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査の模様です。

DSC07103 DSC07104 DSC07105 DSC07106

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07107

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07114

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07118

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。↓

DSC07124 DSC07125 DSC07126 DSC07127 DSC07128 DSC07130 DSC07131 DSC07132 DSC07133

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラスグランプリはTEAMBOOTYの若きエース高橋 栞奈選手。安定感を感じる選手です。↓

DSC07110

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラス

DSC07259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           高橋 栞奈           たかはし かんな                            大阪府

準グランプリ       田里 香南子       たり かなこ                     大阪府

3位       松本 恵実           まつもと めぐみ                            京都府

4位       福田 典子           ふくだ のりこ                  和歌山県

 

続いてはレディースクラスです。

予選は2グループに分けて行われました。

DSC06723 DSC06727

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06731 DSC06733 DSC06734 DSC06735 DSC06736 DSC06738 DSC06739 DSC06740 DSC06743 DSC06744 DSC06745 DSC06746

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7名が決勝に残りました。↓

DSC07135 DSC07136 DSC07137 DSC07138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07140

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07144

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐賀からエントリーの鬼木絵理子選手は昨年のベストフィジーク・ジャパン日本大会に出場したあの鬼木貴史選手の奥様です。↓

DSC07146

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同大会フレッシャーズクラスを制した中選手率いる「チーム・フライハイト」からは後藤あずさ選手。

DSC07149

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気エクササイズプログラム「モムチャンエクササイズ」のインストラクターとしても知られる小田中香織選手。

DSC07151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07154

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。↓

DSC07155 DSC07156 DSC07157 DSC07158 DSC07159 DSC07161 DSC07162 DSC07163 DSC07164 DSC07166 DSC07167 DSC07168 DSC07169

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリは三重県からエントリーの高野真希選手でした。一つ一つの所作に洗練さが出ていたと感じました。↓

DSC07142

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディースクラス

DSC07261

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           高野 真希           たかの まき                     三重県

準グランプリ       鬼木 絵理子       おにき えりこ                  佐賀県

3位       松永 麻子           まつなが あさこ                            大阪府

4位       水谷 笹乃           みずたに ささの                            大阪府

5位       小田中  香織     おだなか かおり                            大阪府

 

 

続きましてはウーマンズクラスです。

DSC06748 DSC06749 DSC06750 DSC06751

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06755 DSC06756 DSC06757 DSC06758 DSC06760 DSC06761 DSC06762 DSC06763 DSC06765 DSC06766 DSC06767 DSC06768 DSC06770 DSC06771 DSC06772 DSC06773

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝は7名の選手で競われました。↓

DSC07171 DSC07172 DSC07173 DSC07174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07176

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07177

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07180

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07182

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07184

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07187

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。↓

DSC07189 DSC07190 DSC07191 DSC07192 DSC07193 DSC07195 DSC07196 DSC07197 DSC07198

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリは地元大阪からエントリーの岡部美英選手でした。アクセサリー類まで細かい所にこだわりが伺えます。↓

DSC07181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズクラス

DSC07265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           岡部 美英           おかべ みえ                     大阪府

準グランプリ       長瀬 陽子           ながせ ようこ                  東京都

3位       中上 美代子       なかうえ みよこ                            三重県

4位       山内 春香            やまうち はるか                            大阪府

5位       冨安 朱              とみやす あかね                            兵庫県

 

 

大阪大会最後のレポートはクイーンクラスです。

出場9名中4名が昨年度日本大会出場経験者と中身の濃いクラスとなりました。

DSC06775 DSC06776 DSC06777 DSC06778

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06795 DSC06796 DSC06797 DSC06798 DSC06800 DSC06801 DSC06802 DSC06803

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝は日本大会経験者の4名と今期活躍を見せる新進気鋭の金子選手の5名で争われました。↓

DSC07200 DSC07201 DSC07202 DSC07203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07208

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07216

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるで日本大会の再現の様な決勝比較審査の模様です。↓

DSC07226 DSC07227 DSC07228 DSC07229 DSC07231 DSC07232 DSC07233 DSC07234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリは昨年の日本大会ファイナリスト山内弘子選手が大激戦の大阪大会クイーンクラスを制しました。↓

上位陣の順位が各大会で入れ替わりの激しいクイーンクラス。12月の日本大会までその動向に目が離せません。

DSC07207

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイーンクラス

DSC07271

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           山内 弘子           やまうち ひろこ                            京都府

準グランプリ       長藤 綾子           ながとう あやこ                            兵庫県

3位       服部 彩香           はっとり さやか                            大阪府

4位       金子 花央理       かねこ かおり                  兵庫県

5位       森瀬 くみ子       もりせ くみこ                  滋賀県

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015大阪大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

去る8月23日に梅田ホールで開催されましたベストボディ・ジャパン2015大阪大会の模様をお送りします。

今や流行に敏感なトレーにーのマストアイテムとして知られるフィットネスアパレル「MJDIVA」の販売会やファッションショーもあり、この日の大阪は一日中盛り上がりっ放しでした。

DSC06580 DSC06585 DSC06586 DSC06819 DSC06812 DSC06813 DSC06814

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りします。
予選審査は5グループに分けて行われました。

DSC06612

DSC06615

 

 

 

 

 

 

 

DSC06616

DSC06617

 

 

 

 

 

 

 

DSC06619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06622DSC06627DSC06631DSC06635

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いては決勝審査の模様です。↓

結晶第1グループ7名

DSC06830

 

 

 

 

 

 

 

DSC06834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06837

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06843

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06846

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06856

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ 8名↓

DSC06857

 

 

 

 

 

 

 

DSC06862

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06863

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06865

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

若干20歳にして日本大会のキップを手に入れた愛知の 島岬 正剛選手。先の楽しみな選手がまた現れました。↓

DSC06870

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06872

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06874

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06876

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。轟木選手(ゼッケン35)のきれいな腹筋の配列が目を引きます。↓

DSC06881 DSC06883 DSC06889 DSC06893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中選手(向かって右)と中村選手(向かって左)の一騎打ちの模様は全角度からご覧ください。↓

バックでは中選手はリアデルト、中村選手は下背のクリスマスツリーとそれぞれに素晴らしい勝負ポイントを持っています。

DSC06898DSC06899DSC06900DSC06901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラスグランプリはパーソナルジム「フライハイト」代表の中 佳津樹 選手。サイズの大きい選手が揃う大阪において昨年からサイズアップを図ってきたのが狙い通りの結果となりました。この後ご結婚の発表もあった中選手。日本大会の表彰式では奥さんを壇上に呼んで欲しいですね。↓

DSC06841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス

DSC07238

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           中 佳津樹           なか かずき       26          大阪府

準グランプリ       轟木 龍一郎         とどろき りゅういちろう              29          大阪府

3位       島岬 正剛           しまみさき まさたか       20          愛知県

4位       上田 大輔           うえだ だいすけ              28          滋賀県

5位       林 竜太              はやし りょうた              29          大阪府

 

 

続きましてはミドルクラスです。

ミドルクラスの予選も5グループに分けて行われました。

DSC06636 DSC06637 DSC06641 DSC06643 DSC06646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス予選ピックアップ審査の模様です。

DSC06647 DSC06648 DSC06652 DSC06657 DSC06661

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には15名の選手が進みました。

決勝第1グループ7名↓

DSC06904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06910

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06918

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06925

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06929

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06932

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「元気玉!!」なフリーポーズ。

DSC06938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選第2グループ8名↓

DSC06941

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06948

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06951

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06957

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06958

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06961

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さん素晴らしい完成度ですね。では決勝比較審査模様をお送りします。↓

DSC06964 DSC06966 DSC06972 DSC06976 DSC06981 DSC06985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラスを制したのは兵庫県の大西賢吾選手でした。↓

DSC06928

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス

DSC07246

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           大西 賢吾           おおにし けんご              33          兵庫県

準グランプリ       源石 真人           げんいし まさと              34          大阪府

3位       前田 竜              まえだ りゅう    38          岡山県

4位       西出 恵介           にしで けいすけ              36          大阪府

5位       伊藤 孝              いとう たかし    35          大阪府

 

 

続いてはマスターズクラスです。

 

予選は4グループに分かれて行われました。

DSC06666 DSC06668 DSC06670 DSC06673

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。↓

DSC06676DSC06682DSC06686

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第1グループ7名↓

昨年度の日本大会で1位差の鎬を削った上中選手(右から2番目)と小阪選手(右から3番目)の対決に注目が集まります。

DSC06989

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06993

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06996

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07009

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07012

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝第2グループ8名↓

DSC07016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07021

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07025

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07026

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07029

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07030

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07032

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07034

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07037

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。上中、小坂選手の両名はやはりと言いますか、1回も後ろへ下がる事無く決勝の比較を最後まで戦い抜きました。↓

DSC07039 DSC07040 DSC07044 DSC07048 DSC07053 DSC07058 DSC07063

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスグランプリはもう西日本敵無しと言った貫禄の上中一司選手。狙うは昨年のマスターズ覇者、葉選手の首ひとつ。と言った所でしょうか。

DSC06997

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラス

DSC07253

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

グランプリ           上中 一司           うえなか ひとし              48          大阪府

準グランプリ       八田 浩司           はった こうじ    44          大阪府

3位       丁 秀鎮              てい しゅうちん              40          兵庫県

4位       小坂 正太郎       こさか しょうたろう       48          奈良県

5位       崔  勝利              さい かつとし    46          滋賀県

 

ミスターの部最後はゴールドクラスの模様です。

予選は2グループで行われましたが、今大会のゴールドクラスはかなり予選から吟味されて行われた比較審査だった印象です。

DSC06691 DSC06694 DSC06695 DSC06696 DSC06701 DSC06706 DSC06711

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には8名の選手が駒を進めました。

DSC07068

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会のゴールドクラスの中でも最高齢出場にして鋼の様なコンディションと素晴らしい肌艶は全国区の知名度を持つ銭安武選手。

DSC07073

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07074

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07077

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07081

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07084

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07087

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC07090

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC07092 DSC07093 DSC07096 DSC07098 DSC07101

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリはワイルドな雰囲気が魅力の藤島輝幸選手でした。

DSC07083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラス

DSC07255

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(向かって右から)

 

グランプリ           藤島 輝幸           ふじしま てるゆき           50          大阪府

準グランプリ       矢野 勝己           やの かつみ       54          大阪府

3位       佐藤 岳司           さとう たけし    50          大阪府

4位       岡崎 厚志           おかざき あつし              52          大阪府

5位       銭 安武              せん やすたけ    66          大阪府

 

レポートはミスの部に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月19日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015さいたま大会インタビュー、酒井成徳(さかいしげのり)選手、酒井奈津未(さかいなつみ)選手父娘

今シーズン最高の選手参加数を記録した東京大会に次ぐ規模のさいたま大会がいよいよシルバーウィークに開催されます。

今回はそのさいたま大会に親子で書類選考を通過しステージに上がるミドルクラスの酒井成徳選手とご長女でガールズクラスの酒井奈津未選手のお二人にお話を伺いました。

 

フィジカルビューティー(以下「F」):酒井選手のこれまでの足跡を教えて下さい。

DSC07376

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井成徳選手(以下「成」):ベストボディ・ジャパンのデビューは昨年の横浜大会からになります。それまで地元で総合格闘技を続けていましたが、練習中の肘の故障からのリハビリを行いながら競技の継続を考えていた時にベストボディを知り、それまでも行っていたトレーニングを競技化したものにチャレンジしてみようと思いました。

 

酒井奈津未選手(以下「奈」):父がベストボディ・ジャパンに出て頑張っている姿を見ていて自分もやってみようかなとまず思いました。それとこれまで親子で出ていると言う例が無い事もあり、チャレンジしてみようと思いました。最近の大会を見ていて父も傍から見ていて徐々に体が綺麗に変わってきたりファイナリストにも残ったりと良い結果が残せてきているのを見た時に、もし自分も出て親子でファイナリストとしてステージに上がれたらかっこいいなななんて思う様にもなりました。もしお父さんがここまで頑張ってこなければそんな気持ちにもならなかったと思います。(笑)

 

成:何となく誘ってみたのですけど、思いの外やる気のある返事が返ってきたので、それで娘の出場を機に自宅内の一部を改装してジムスペースまで作りました。娘とはそれぞれの仕事や休みの時間帯も合わないのでそれまで家庭の中でのすれ違いも多かったのですが、自宅でトレーニング出来る事によって互いの時間も有効に使えながら家族のコミュニケーションも深める事が出来る様になったのは良かったと思います。

DSC07369

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奈:父は夜に仕事へ行き、私は朝に仕事に行きます。同じ家の中で生活していても会話もほとんど無かったのですが、同じ大会に出ると言う共通目的が一つ出来た事で起きている時間に会話すると言う時間がまず増え、共通の会話内容も増えていくので親子間のコミュニケーションは今とても取れていると思います。初心者の私につきっきりでトレーニングを教えてくれるので、数値も見た目も、それこそ周りの人の目や自分の目から見てでも今までより痩せたと言われたりハッキリと感じられるまでに体型は変わりました。

 

成:いつの日か仕事から帰宅した時に僕のサウナスーツを着て自宅のエアロバイクを思い切り漕いでいた娘の姿を見て驚いたのと同時に若い女の子の感覚は『痩せる』と言うと「やればやっただけ良いのだ」と言ういう発想と行動になってしまうんだなと思いましたね。そんなきっかけでしたが父としても自分の取り組んでいる事で家族のコミュニケーションが図れるのは良かったと僕も娘同様に感じています。

DSC07402DSC07405

 

 

 

 

 

奈:二人の食事も母が栄養面を考えて食事を作ってくれるので、家族一丸になって目標に向かい進んでいると言う絆を感じます。チートデーの際の外食も家族みんなで楽しんでいます。(笑)

 

成:トレーニングにおいては食事も非常に大切ですし、同じものを食べると言う必然性もより高まったので家族みんなで食卓を囲む事も以前に比べて増えましたね。

 

F:お二人の目標は?

 

成:来たるべきさいたま大会には親子揃っての出場になりますが、親子でグランプリサッシュをかけて二人で写真を撮ると言うのが目標です!親の頑張る背中を見せてやりたいと言う気持ちもありますので今回は負けられない、結果を残したいと言う思いも強くあります。

奈:最初は出る事自体が目標みたいなところもありましたが一緒に出る私が気持ちでお父さんを立てないといけないのもあるので、やはり出るからには一番。それも親子で一番になりたいと思います。

DSC07408

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

F:酒井選手親子へのインタビューは以上となりますが、酒井選手のご自宅にはホームジム以外にも素晴らしい設備がある事を取材当日知りましたので、急遽そちらも取材させて頂きました。

酒井選手の奥様がご経営されています完全予約制のリンパマッサージ&パートナーストレッチの隠れ家サロン“PEP UP”をご紹介させて頂きます。

落ち着いた照明と雰囲気の中で日頃の疲れを癒す閑静な住宅街の中の穴場スポット。一般の方はもちろん、コンテスト選手もご愛用の頼れるサロンです。

隠れ家サロン PEP UP

茨城県古河市緑町6-5

営業時間:9:30~18:30(最終受付)*お電話による完全予約制となります。*時間外施術応相談

定休日:不定休

受付電話:090-7423-1013

DSC07414

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

酒井選手が出場するベストボディ・ジャパン2015さいたま大会は9月21日(月、祝)大宮ソニックシティで開催されます。チケット絶賛発売中です。お求めは下記リンクよりお願い致します。

http://www.bestbodyjapan.com/archives/1411

2015年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

インタビュー、百々クミ子71歳の挑戦。ベストボディ・ジャパン協会認定トレーナーへの道

昨年よりベストボディ・ジャパンに参戦し、現在ミスの部出場年齢最高記録を持つ大阪の百々クミ子(どどくみこ)選手。

ベストボディ・ジャパンコンテストアドバイザーの資格も取得し精力的な活動を続ける百々さんが次に目指すものとは何か。ご本人と百々さんの良き相談役、ファーストクラストレーナーズ代表の郡勝比呂さんのお二人にお話を伺いました。

DSC06570

百々選手(以下「百々」):大手のフィットネスクラブで以前から会員同士としてお友達になったご夫婦がいまして、その頃からフルマラソンを走っていたりととにかく何事にも精力的に活動していた私を見て控えめな奥様の事を前から案じていたご主人様から「一度トレーニングを見てはもらえないか?」と言うご相談を頂いた事がありました。

私は郡さんに背中を押してもらってベストボディ・ジャパンに出場する様になり今がある事を本当に良かったと感じているので、その時の気持ちで今度は人の背中を押してあげる側に回りたいと、そのご相談を頂いた時に感じました。自分の経験したことが人のお役に立つとしたらこんなに良い事も無いと思います。

DSC06556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡勝比呂氏:(以下「郡」):昨年のベストボディ・ジャパン大会で人生初のビキニ姿を披露して下さった事もすごく勇気の必要だった事だと思うんです。そう言うポジティブな百々さんの性格が人の意識もポジティブに変えるパワーを持っているとそう思うんです。

 

百々:郡コーチにお会いした8年前の私はぽっちゃりさんでそれこそ腕立て伏せも1回も出来ませんでしたけどそれでも変われましたから。(笑)

同じ人間かと思う位に体型も変わりましたし、その変化の過程で女性としての美的感覚がより自身の中に加わる様になりました。

DSC06539

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現在はベストボディ・ジャパン協会コンテストアドバイザーとしても活動させて頂いてますが、もっともっと人様のお役に立ちたい気持ちと自身の向上心を休ませたくない事もあり、ベストボディ・ジャパン協会が認定するパーソナルトレーナーのライセンスにも新たにチャレンジしようと決心しました。

 

郡:それこそ折角ならこの思いをギネスに乗る様なチャレンジになる位まで、これからも続けて行きましょうとそんな話を二人でしました。百々さんのこれまで歩んできた人生経験のプロセスをより多くの人と共有出来、喜びとして分かち合える機会がさらに広がると思うと僕も嬉しいです。

DSC06525

百々:これまではゴルフインストラクターとして活動してきましたが、専門的分野としてのトレーニングの知識やノウハウはまだ解らない事も多いので、新たな発見にこれからたくさん出会えるのも楽しみにしている所です。そしてその新たな知識を活用してこれまで携わってきたゴルフの市場にも何かお返し出来る事を考えて行きたいと思っています。

 

F:トレーナーとしての目指す理想像はありますか?

百々:「貴方は出来るけど私には出来ない」と言う考えの人が多いので、自分の中に「限界」を作らせない 。「ダメ」と言う考えを外してあげられるトレーナーでありたいと思います。

 

郡:百々さんに言われたら「ダメ」と言う考えもきっと外さざるを得ないですよ。(笑)

 

百々:私にとっては人生の後輩となる団塊の世代の人達を見ていても仕事一途に生きてきてさあこれから自分は何をしたらいいんだろう?と思い悩んでいる人をよく見かけます。そんな人達を導いてあげられる役割としても私の経験と知識が役立てられたらと思います。

DSC06564

郡、百々:トレーニングもそうだと思いますが、良い結果に至るにはプロセスというものも大事だと思います。そして人の人生もまた同じ事が言えると思います。健康である事を通じて『良い人生を送る』と言う考え方を多くの方と実体験として共有出来たら素晴らしいと思います。

 

撮影、取材協力

DSC06578

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファーストクラストレーナーズ

http://www.first-class-trainers.com/

 

 

 

2015年9月17日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015東京大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

 

ベストボディ・ジャパン2015東京大会レポート。ミスター・ベストボディの部に続きましてはミス・ベストボディ(女子)の部の模様をお送りします。

(文、写真ともにベストボディ・ジャパンジャッジアドバイザーAKIHIRO)

※画像の無断転載は固くお断りいたします。

 

まずはガールズクラスの模様からお送りします。

P1040410

P1040409

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝 に残ったのはこちらの5名。

P1040609

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1050139 P1050145 P1050149 P1050152

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓5位            染谷寛子(そめやひろこ)選手

P1050071

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓4位  桜木 ひな(さくらぎひな)選手

P1050094

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓3位            福本藍(ふくもとあい)選手。

P1050052

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上位2名によるピックアップ対決。

P1050112

 

P1050121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真左)初出場の角田聖奈(つのだせいな)選手。初出場ながら表現力豊かなステージングが印象的でした。

(写真右)昨年の日本大会にて5位に入賞した村松星美(むらまつほしみ)選手。

モデル出身という事もありスラリとした印象の選手でしたが、

今大会は「筋肉を鍛えているなと、わかるくらいのメリハリボディ」を目指して肉体改造に挑んだという

村松選手。昨年の12月日本大会入賞時の写真。

db1d91a5

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050125

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ細いだけでない、健康美を象徴とした熱い戦いとなりました!

P1050128

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓準グランプリ  村松星美(むらまつほしみ)選手。

P1050121

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓グランプリ            角田聖奈(つのだせいな)選手。

P1050083

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出場を決めた時点でグランプリしか見えていなく必死にトレーニングしたという角田選手。
オフ期はトレーニングを週に3回、大会が近づくと週6回のトレーニングを行っているという本格派の選手です。

スクワットの使用重量は50kg!

まだまだ自分のベストは出せていないという角田選手。

「本戦である12月の日本大会では完璧な状態で日本一を目指します。」とコメントを頂きました。

 

P1060031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガールズクラス

グランプリ      角田 聖奈          つのだ せいな             神奈川県

準グランプリ        村松 星美      むらまつ ほしみ                       東京都

3位           福本 藍              ふくもと あい              東京都

4位   桜木 ひな    さくらぎ ひな

5位           染谷 寛子          そめや ひろこ    23          東京都

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

 

続きましてレディースクラスの模様をお送りします。

P1040441P1040456

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝進出はこちらの11名。

P1040621 P1040623

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1050391

 

 

P1050351

P1050394P1050333 P1050344

 

 

P1050351P1050462 P1050466 P1050472P1050466

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓5位         Chernaya Anna  (チョールナヤ アンナ)選手。

P1050258

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓4位はフィジカルビューティーにてインタビューさせて頂いた西山千絵(にしやまちえ)選手。

P1050281

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓3位  高山真実(たかやま まみ)選手。

5月に行われた千葉大会において入賞する事が出来ず、あまりの悔しさに涙したという高山選手。

3か月でウエストラインを改善させ激戦の東京大会において入賞し日本大会への切符を手にしました。

P1050318

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓準グランプリ          神原 奈保 (かみはらなほ)選手。

この大会の為に体重を5kg増やしたという神原選手。(大会前に2kgだけ減量し)
一度体重を増やしそこから絞るというのは本格的なボディメイクを行う際に用いられる手法です。

メリハリのある健康美で、会場を魅了しました。

P1050300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓激戦を勝ち抜き見事グランプリを獲得したのは栗原ジャスティーン(くりはらジャスティーン)選手。

昨年の東京大会、日本大会のグランプリであるシェレンイースン祐太選手の妹さんです。

P1050225

 

 

P1060058

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レディースクラス

グランプリ            栗原 ジャスティーン       くりはら ジャスティーン                        東京都

準グランプリ          神原 奈保           かみはら なほ              東京都

3位          高山 真実           たかやま まみ              東京都

4位          西山 千絵           にしやま ちえ              千葉県

5位         Chernaya Anna             チョールナヤ アンナ                 東京都

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

 

続きましてウーマンズクラスの模様をお送りします。

P1040498

 

P1040526 P1040526

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズクラスは昨年の日本大会入賞者が3名出場という激戦となりました。

↓2014日本大会4位の三船 智美選手。

P1040550

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓2014日本大会3位の坂巻 三惠子選手。

P1040512

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓今年よりウーマンズクラスとなった2014日本大会レディースクラス3位の筒井 美帆選手。

P1040526

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝 に残ったのはこちらの9名です。

P1050485

 

P1050488 P1050490 P1050493

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1050582 P1050588 P1050592 P1050596 P1050615 P1050620 P1050625 P1050634

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓5位          三谷静鶴 (みたにしず)選手。

P1050576

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓4位          田村依里子(たむらえりこ)選手。

P1050556

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓3位 は千葉大会グランプリ、横浜大会準グランプリの  井埜 奈々絵(いのななえ)選手。

P1050532

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓準グランプリは坂巻 三恵子(さかまきみえこ)選手。
2014年日本大会3位でもあり昨年の東京大会グランプリでもあります。

P1050516

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ウーマンズクラスのトップ選手である坂巻選手をおさえてグランプリに輝いたのは、
2014年日本大会レディースクラス3位、今年よりウーマンズクラスに参戦の

筒井美帆(つついみほ)選手。

P1050569

 

 

P1060088

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウーマンズクラス

グランプリ 筒井 美帆 つつい みほ  東京都

準グランプリ 坂巻 三恵子 さかまき みえこ  神奈川県

3位 井埜 奈々絵 いの ななえ  埼玉県

4位 田村 依里子 たむら えりこ  東京都

5位 三谷 静鶴 みたに しず  埼玉県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてクイーンクラスの模様をお送りします。

 

P1040555 P1040577

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝 に残ったのはこちらの12名です。

P1050663 P1050663

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注目は昨年の東京大会のチャンピオンでもあり
今年千葉大会、横浜大会とグランプリを獲得している谷口真由美選手。(写真中央)

谷口選手を挟むように

5月千葉大会の準グランプリ飯塚幸子選手。(写真右)

6月の横浜大会の準グランプリ山口祐子選手。(写真左)

P1050827

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1050779 P1050783 P1050791 P1050793 P1050835 P1050839 P1050844 P1050852

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓5位            佐藤とく子(さとうとくこ)選手。

P1050689

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓4位          山口 祐子(やまぐちゆうこ)選手。

P1050735

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓3位            前田 裕子(まえだゆうこ)選手。

P1050693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓準グランプリ は表現力豊かなポージングが印象的な  飯塚幸子(いいづかさちこ)選手。

P1050667

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓グランプリは谷口真由美(たにぐちまゆみ)選手。

フィットネス、ボディビルのバックボーンを持つ谷口選手。

千葉、横浜、東京とグランプリを獲得し3冠となりました。

P1050677 P1050678

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060120

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クイーンクラス

グランプリ 谷口 真由美 たにぐち まゆみ  東京都

準グランプリ 飯塚 幸子 いいづか さちこ  神奈川県

3位 前田 裕子 まえだ ゆうこ  神奈川県

4位 山口 祐子 やまぐち ゆうこ  東京都

5位 佐藤 とく子 さとう とくこ  東京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年9月7日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015札幌大会、ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015北日本大会

ベストボディ・ジャパン2015札幌大会結果

 

フレッシャーズクラス

グランプリ        川辺 大輝         かわべ ひろき     29       東京都

準グランプリ       西谷 貴秀         にしや たかひで   22       北海道

3位     山口  浩生         やまぐち ひろき   28       北海道

4位     永友 達大         ながとも みちひろ 22       北海道

5位     谷口 優太         たにぐち ゆうた   28       北海道

 

 

ミドルクラス

グランプリ        粟津 康博         あわず やすひろ   33       神奈川県

準グランプリ       榎本 ひろしえのもと ひろし         39       北海道

3位     会田 崇雄         あいた たかお     31       北海道

4位     佐藤 大輔         さとう だいすけ   30       福島県

5位     松井 秀輔         まつい しゅうすけ 35       北海道

 

 

マスターズクラス

グランプリ        田村 宜丈         たむら よしたけ   43       神奈川県

準グランプリ       廣澤 賢臣         ひろさわ けんしん 42       東京都

3位     大谷 亮司         おおたに りょうじ 44       北海道

4位     益子 克彦         ますこ かつひこ   46       東京都

5位     金子 朋弘         かねこ ともひろ   44       愛知県

 

 

ゴールドクラス

グランプリ        宮村 敏洋         みやむら としひろ 53       北海道

準グランプリ       金井 高志         かない たかし     52       東京都

3位     新谷 幸三         しんや こうぞう   52       神奈川県

4位     宮下 愛彦         みやした よしひこ 54       神奈川県

5位     菅原 基義         すがわら もとよし 53       北海道

 

 

ガールズクラス

グランプリ        西谷 千愛         にしや ちあき           北海道

 

 

レディースクラス

グランプリ        横山 仁美         よこやま ひとみ          北海道

 

 

ウーマンズクラス

グランプリ        愛洲 伸子         あいす のぶこ            北海道

準グランプリ       小西 彩 こにし あや              北海道

3位     澤口 絵美         さわぐち えみ            北海道

4位     重長 徳子         しげなが のりこ          東京都

5位     石垣 日菜         いしがき かな            北海道

 

 

クイーンクラス

グランプリ        宮村 真紀         みやむら まき            北海道

準グランプリ       岡本 いつえ       おかもと いつえ          福岡県

3位     服部 彩香         はっとり さやか          大阪府

4位     小野 理絵子       おの りえこ              東京都

5位     森瀬 くみ子       もりせ くみこ            滋賀県

 

 

 

ベストフィジーク・ジャパン&ベストビキニ・ジャパン2015 北日本大会結果

 

ベストフィジーク

グランプリ        桑崎 寛 くわさき ひろし   42       東京都

準グランプリ       宮崎 立輝         みやざき りつき   25       北海道

3位     長江 智章         ながえ ともあき   30       北海道

4位     中島 良介         なかじま りょうすけ        26       東京都

5位     上野 拓人         うえの たくと     25       岩手県

 

 

ベストビキニ

グランプリ        矢野 かずみ       やの かずみ              東京都

準グランプリ       佐藤 とく子       さとう とくこ            東京都

3位     横田 美穂         よこた みほ              埼玉県

4位     野口 史織         のぐち しおり            埼玉県

5位     沖野 美雪         おきの みゆき            北海道

 

各出場選手の獲得点数およびその他ファイナリスト名はベストボディ・ジャパン協会公式facebook

ページからの発表をお待ち下さい。

2015年9月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015サマービーチ大会レポート その2(フィジーク&ビキニの部)


DSC06268

 

 

 

 

DSC06187 DSC06189 DSC06197 DSC06200 DSC06218 DSC06232

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC06264夏気分全快でお送りしていますサマービーチ大会レポート。続きましてはフィジークとビキニの2部門のレポートをお送りします。   まずはフィジークから。

 

 

DSC06417 DSC06418 IMG_5518 IMG_5519 IMG_5534 IMG_5537 IMG_5539 IMG_5541 IMG_5542 IMG_5543

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギャラリーからもその大きさに感嘆の声が聞こえてくるフィジーク。ベストボディとはまた一味違う見応えを見せてくれました。
IMG_5526

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第8位 宮崎雄太(みやざきゆうた)東京都

 

 

IMG_5520

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第7位 末松純一(すえまつじゅんいち)京都府

 

 

 

IMG_5525

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第6位 有野竜一(ありのりゅういち)神奈川県

 

 

 

IMG_5532

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第5位 中島良介(なかじまりょうすけ)東京都

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5527

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第4位 筋肉芸人として知られる中島正晴(なかじままさはる)選手。神奈川県

 

 

 

IMG_5524

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑第3位 あのチームサンチェスからフィジーカーが登場。小野正博(おのまさひろ)東京都

 

 

 

 

IMG_5521

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑準グランプリ 桑崎寛(くわさきひろし)東京都

 

 

IMG_5531

↑べストフィジークグランプリは圧倒的なサイズと絞って良し、広げて良しのポーズとコンディションでベストフィジーク初出場のジャン・スティーブ・フランソワ選手(埼玉県)が頂点に立ちました。公式戦での再登場が期待されます。

 

 

 

続きましてベストビキニの部の模様をお送りします。

DSC06440 DSC06438 DSC06439                                            ↑参加選手数は少ないながらも注目はベストボディでもその存在感が大きくなってきた佐藤選手(向かって右)と愛知健康美大会チャンピオンの富田選手(中央)に新鋭湯浅選手(左)がどう絡んでくるのか、見応えのあるカテゴリーとなりました。 DSC06442 DSC06444 DSC06445                                           IMG_5545 IMG_5546 IMG_5547

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_5619

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑ 第3位 湯浅智子(ゆあさともこ)埼玉県

べストビキニの新星湯浅選手。キャリアに勝る2人を相手にイキイキとしたステージングを見せてくれた今後の楽しみな選手です。

 

 

 

IMG_5617

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑準グランプリ 富田やよ(とみたやよ)愛知県

指先にまで意識の行き届いたポージングはコンペティターとしてのお手本を見るようです。

 

 

 

 

IMG_5616 IMG_5615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↑グランプリ 佐藤とく子(さとうとくこ)東京都

昨年までは線の細さがあった佐藤選手。オフシーズンの成果が現われ、恵まれた骨格にバランスの良い筋肉が付き、長身をより際立たせる事に成功していると見受けられます。

女性に珍しいアブドミナルポーズがきちんとサマになるのもそんな努力の甲斐あっての事と思われます。

 

いかがでしたでしょうか。ベストボディ・ジャパン初のオーバーオールコンテスト、2015サマービーチ大会。

屋外の開放感が選手の気持ちを高揚させ、それが見ている方々に伝わり声援となってまた選手に帰る。そんな素晴らしい一体感が感じられた今大会でした。

 

また来年度の開催が期待されますね。

 

 

2015年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster