ベストボディ・ジャパン2015東京大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)

(文と写真、ベストボディ・ジャパン協会ジャッジアドバイザー、AKIHIRO)

 

去る8月9日にベストボディ・ジャパン東京大会がNEW PIER HOLLで開催されました。

エントリー数は1252名、その中から選ばれた選手は300名。会場も超満員と大盛況な大会となりました。

まずはミスター・ベストボディ(男子)の部の模様からお送りします。

初めはフレッシャーズクラスの模様です。

P1040246

 

 

 

 

 

 

 

出場数90名という史上最多の人数で行われたフレッシャーズクラス予選。その中から決勝に進めるのは15名という激戦となりました。

P1040191

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040196

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040221

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040234

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040229

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事激戦を勝ち抜いた15名の選手たち。

P1040640

 

 

 

 

 

 

P1040673

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1040715P1040716P1040717P1040718P1040724P1040725P1040726

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040727

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位       現役大学生の沼田純矢(ぬまたじゅんや)選手

P1040645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位   昨年の日本大会から、インプルーブして登場し会場を驚かせた松本彰太( まつもとしょうた)選手。

P1040649

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位          見事な8パックを披露した寺島遼 (てらしまりょう)選手。

P1040646

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準グランプリは6PACK6でも活躍中の直野賀優(なおの よしまさ)選手。

P1040683

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激戦のフレッシャーズクラスを制しグランプリに輝いたのはACEGYM所属の田口純平(たぐち じゅんぺい)選手。

P1040681

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレッシャーズクラス

グランプリ          田口 純平           たぐち じゅんぺい           22          東京都

準グランプリ          直野 賀優           なおの よしまさ              23          茨城県

3位          寺島 遼              てらしま りょう              22          東京都

4位          松本 彰太           まつもと しょうた           28          京都府

5位          沼田 純矢           ぬまた じゅんや              21         東京都

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続いてミドルクラス。

P1040255P1040260P1040300

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

格闘技界からは宮田和幸選手の参戦。

P1040259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事激戦を勝ち抜いた15名の選手たち。

P1040738

 

 

 

 

 

 

 

P1040766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位          金子浩之 (かねこひろゆき)選手。

P1040788

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位          松原光太郎(まつばらこうたろう)選手。

P1040785

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位         田中充 (たなかみつる)選手。

P1040771

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1040812

 

 

 

 

 

 

 

P1040804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040802

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014日本大会4位、フレッシャーズクラスのトップ選手でもあり今年からミドルクラスに参戦の上地裕作選手(写真左)
横浜大会のリベンジをかけて絞りに磨きをかけてきた JUNIOR OLIVEIRA (ジュニアオリヴェイラ)選手。(写真右)

エントリー表を見た時から上地選手を意識していたというJUNIOR OLIVEIRA選手。

ミドルクラスは二名による一騎打ちのピックアップ対決へ。

 

ピックアップ対決が決まった瞬間の1枚。
P1040829

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場のボルテージも最高潮となりました!

P1040832

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

P1040833

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040835

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040837

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準グランプリは今年からミドルクラスとなった上地裕作(うえちゆうさく)選手。

P1040792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

見事、横浜大会のリベンジを果たし グランプリに輝いたJUNIOR OLIVEIRA (ジュニアオリヴェイラ)選手。

6月の横浜大会ではファイナリスト、8月の東京大会ではグランプリ。

この結果はベストボディで入賞する為のコンディション作りの参考になると感じました。

P1040773

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミドルクラス

グランプリ         JUNIOR OLIVEIRA      ジュニア オリヴェイラ    32          神奈川県

準グランプリ          上地 裕作           うえち ゆうさく              30          千葉県

3位         田中 充              たなか みつる    36          東京都

4位          松原 光太郎       まつばら こうたろう       31          東京都

5位          金子 浩之           かねこ ひろゆき              38          東京都

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

続きましてマスターズクラスです。

P1040329

P1040341

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040350P1040359P1040367

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナル進出はこちらの15名。

P1040844P1040889

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1040934P1040935P1040936P1040938

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位          ケニオン マシュー 選手  プロポーションの良さが際立っていました。

P1040901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年 日本大会3位の小坂正太朗(こさかしょうたろう)選手。

P1040869

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上位 3名によるピックアップ対決!

P1040946

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040944 P1040945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位          田村 宜丈(たむらよしたけ)選手。

P1040864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準グランプリはベストフィジークにも出場されている 浅見 和義(あさみかずよし)選手。

P1040900

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見事グランプリに輝いたのは 林 圭一 (はやしけいいち)選手。

今年の千葉大会もグランプリに輝かれた林選手。2冠となりました。

P1040855

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラスにおいて筆者が注目したのは、2014ベストフィジーク日本チャンピオン

桑崎寛(くわさきひろし)選手のベストボディ出場。

P1040335

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自身の身体がフィジーク仕様になってきている事は理解された上で、今回ベストボディに出場されたという桑崎選手

「自分をコンテストの世界に引き込んでくれたのはベストボディ。」カメラ越しにも桑崎選手の思いが伝わってきました。

ベストフィジーク日本チャンプ桑崎選手と今大会グランプリの林選手との貴重な2ショット。

P1040873

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

桑崎選手は今大会はファイナリストという結果となりました。

 

 

 

 

 

P1050985

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスターズクラス

グランプリ            林 圭一              はやし けいいち              49          東京都

準グランプリ         浅見 和義           あさみ かずよし              44          東京都

3位          田村 宜丈           たむら よしたけ              43          神奈川県

4位          小坂 正太郎       こさか しょうたろう       48          奈良県

5位          ケニオン マシュー           ケ二オン マシュー           44          東京都

 

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

 

続きましてゴールドクラス。
P1040385

 

 

 

 

 

P1040386

 

 

 

 

 

 

 

50代とは思えない、素晴らしい肉体美の選手たち。プレ日本大会のような豪華メンバーが集結しました。

P1040390

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040382

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040381

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040391

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040394

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナリスト進出はこちらの10名の選手です。

P1040950

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1050003

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1040999P1050001P1050002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1050004 P1050005 P1050006 P1050007

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5位          赤星 祐司 (あかほしゆうじ)選手。

P1040995

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4位           清黒  文人(きよくろふみと)選手。

2015千葉大会準グランプリの清黒選手。独創的なポージングで会場を魅了しました。

P1040960 P1040962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3位          水島 裕一  (みずしまゆういち)選手。

P1040983

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準グランプリは2014名古屋大会を制した「8パック」

棚瀬賢一 (たなせけんいち)選手。

P1040966

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グランプリは昨年の東京大会の覇者でもあり

2014年日本大会準グランプリの大本命

三浦傑 (みうらまさる)選手。

P1040976

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P1060008

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴールドクラス

グランプリ          三浦 傑              みうら まさる    54          東京都

準グランプリ            棚瀬 賢一           たなせ けんいち              51          東京都

3位          水島 裕一           みずしま ゆういち           50          東京都

4位           清黒  文人           きよくろ ふみと              55          埼玉県

5位          赤星 祐司           あかほし ゆうじ              50          東京都

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

レポートはミスの部に続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年8月28日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015札幌大会インタビュー、川辺大輝(かわべひろき)選手

今回のインタビューは来たる9月6日に開催されるベストボディ・ジャパン2015札幌大会フレッシャーズクラスに出場の川辺大輝選手にお話を伺いました。

フィットネス業界誌『月刊NEXT』の選ぶ2014トレーナーオブ・ザ・イヤー審査員特別賞の受賞経験も持つ実力派トレーナーの川辺選手が札幌大会に臨むその気持ちとは?

 

 

フィジカルビューティー(以下『F』):お名前と出場クラスを教えて下さい。

川辺選手(以下『川』):川辺大輝(カワベヒロキ)、 フレッシャーズクラスに出場します。

 

 

F:普段のお仕事について教えて下さい。

川:トレーナーをマネジメントする会社を経営しています。 自身でもパーソナルトレーナーとして指導もしています。

かわべひろきさま

F:大会出場に向けて特に力を入れている取り組み方を教えて下さい。(トレーニングの方法や食事、サプリメントの摂り方など)。

川:課題は大胸筋です。 まだまだではありますが今回はいつも取り入れてない高重量でのパーシャルレップなども取り入れサイズアップを狙いました。 あとは腹筋は引き続き厚みを出し、よりはっきりと見える様に努めました。 そして体脂肪を削る為に深夜のウォーキングを始めましたが、おかげて自宅付近の事はほぼ完璧に把握しました。(笑) 普段はプロテインとクレアチン程度しかサプリメントは摂らないのですが、大会2ヶ月前から調整を始めサプリメントも様々な種類を摂取しました。

 

 

F:今回の出場を決めた理由、きっかけなどありましたらお聞かせください。

川:関東を中心に各地の大会でビースト(川辺選手の会社名)のトレーナーが出場しているため、できるだけ多くの大会でタイトルを目指したく、札幌大会はビーストメンバーの出場がなかったため、満を持して自らの出場を決めました。

 

F:あなたにとって『ベストボディ・ジャパン』とはどんなものだと考えますか?

川:プロのトレーナーとしてどんなに忙しくても体作りは出来るという事をお客様に証明でき、チームとしても気持ちを高め合い一体感を作れる場だと思っています。

 

F:今回の出場に対する意気込みを聞かせて下さい。

川:グランプリしか見えておりません。グランプリとして日本大会でビーストのトレーナーと同じステージに立つことを楽しみにしております。

 

インフォメーション

川辺選手より『今年、弊社直営のストレッチ専門店(ボディメンテナンスビースト)がベストボディジャパン認定スタジオになりました。 普段は一般のお客様がほとんどですが、選手の方々も大会前後の調整にご活用頂ければ幸いです。』

B-ST公式ページ
http://b-st.biz

ボディメンテナンスB-ST
http://salon.b-st.biz

 

川辺選手も出場するベストボディ・ジャパン2015札幌大会はチケット絶賛発売中です。

お買い求めは下記ベストボディ・ジャパン公式ホームページよりお申込み下さい。

http://www.bestbodyjapan.com/ticket

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015大阪大会

 

フレッシャーズクラス

 

グランプリ           中 佳津樹           なか かずき       26          大阪府

準グランプリ       轟木 龍一郎         とどろき りゅういちろう              29          大阪府

3位       島岬 正剛           しまみさき まさたか       20          愛知県

4位       上田 大輔           うえだ だいすけ              28          滋賀県

5位       林 竜太              はやし りょうた              29          大阪府

 

 

ミドルクラス

 

グランプリ           大西 賢吾           おおにし けんご              33          兵庫県

準グランプリ       源石 真人           げんいし まさと              34          大阪府

3位       前田 竜              まえだ りゅう    38          岡山県

4位       西出 恵介           にしで けいすけ              36          大阪府

5位       伊藤 孝              いとう たかし    35          大阪府

 

 

マスターズクラス

 

グランプリ           上中 一司           うえなか ひとし              48          大阪府

準グランプリ       八田 浩司           はった こうじ    44          大阪府

3位       丁 秀鎮              てい しゅうちん              40          兵庫県

4位       小坂 正太郎       こさか しょうたろう       48          奈良県

5位       崔  勝利              さい かつとし    46          滋賀県

 

 

ゴールドクラス

 

グランプリ           藤島 輝幸           ふじしま てるゆき           50          大阪府

準グランプリ       矢野 勝己           やの かつみ       54          大阪府

3位       佐藤 岳司           さとう たけし    50          大阪府

4位       岡崎 厚志           おかざき あつし              52          大阪府

5位       銭 安武              せん やすたけ    66          大阪府

 

 

ガールズクラス

 

グランプリ           高橋 栞奈           たかはし かんな                            大阪府

準グランプリ       田里 香南子       たり かなこ                     大阪府

3位       松本 恵実           まつもと めぐみ                            京都府

4位       福田 典子           ふくだ のりこ                  和歌山県

 

 

レディースクラス

 

グランプリ           高野 真希           たかの まき                     三重県

準グランプリ       鬼木 絵理子       おにき えりこ                  佐賀県

3位       松永 麻子           まつなが あさこ                            大阪府

4位       水谷 笹乃           みずたに ささの                            大阪府

5位       小田中  香織     おだなか かおり                            大阪府

 

 

ウーマンズクラス

 

グランプリ           岡部 美英           おかべ みえ                     大阪府

準グランプリ       長瀬 陽子           ながせ ようこ                  東京都

3位       中上 美代子       なかうえ みよこ                            三重県

4位       山内 春香            やまうち はるか                            大阪府

5位       冨安 朱              とみやす あかね                            兵庫県

 

 

クイーンクラス

 

グランプリ           山内 弘子           やまうち ひろこ                            京都府

準グランプリ       長藤 綾子           ながとう あやこ                            兵庫県

3位       服部 彩香           はっとり さやか                            大阪府

4位       金子 花央理       かねこ かおり                  兵庫県

5位       森瀬 くみ子       もりせ くみこ                  滋賀県

各選手の獲得点数や5位以下のファイナリストの氏名はベストボディ・ジャパン公式facebookページ等からの発表をお待ち下さい。

2015年8月23日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015福岡大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

ベストボディ・ジャパン2015福岡大会レポート。ミスター・ベストボディの部に続きましてはミス・ベストボディ(女子)の部の模様をお送りします。

 

まずはガールズクラスの模様からお送りします。

DSC05621 DSC05623

続きまして決勝審査の模様です。

DSC05942 DSC05944 DSC05948 DSC05949 DSC05951  DSC05954

 

決勝比較審査の模様です。比較は末廣選手(右)とトレーシー選手(左)の一騎打ちになりました。

DSC05957 DSC05958 DSC05961

ガールズクラスグランプリは地元福岡のトレーシー・ノン選手。唯一の10代ながら大人の雰囲気と引き締まった腹筋が印象的でした。

DSC05952

ガールズクラス

グランプリ           Tracy Nong       トレーシー ノン                        福岡県

準グランプリ       末廣 明子           すえひろ あきこ                        広島県

3位       河野 美咲           かわの みさき             福岡県

4位       上田 蘭              うえだ らん                広島県

DSC06039

 

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位)

 

続きましてレディースクラスの模様をお送りします。

DSC05626 DSC05627

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC05630DSC05631DSC05633

 

決勝審査は10名から5名に絞られました。

DSC05963 DSC05964

 DSC05969DSC05970DSC05973DSC05975DSC05978

決勝比較審査の模様です。

DSC05981 DSC05982 DSC05983 DSC05985 DSC05986 DSC05987 DSC05988 DSC05989

レディースクラスグランプリはトップ3比較の勝負を制した東京の渡部怜奈選手。2,3位の選手と比べ、広背筋の織りなす体幹のアウトラインの良さが一歩抜きんでたと言ったところでしょうか。

DSC05968

レディースクラス

グランプリ           渡部 玲奈           わたなべ れな              東京都

準グランプリ       工藤 翼              くどう つばさ              熊本県

3位       後藤 あずさ       ごとう あずさ              大阪府

4位       江原 由貴           えはら ゆき                佐賀県

5位       前田 裕              まえだ ゆう                 福岡県

DSC06043

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてウーマンズクラスの模様をお送りします。

DSC05634DSC05635

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC05639 DSC05640 DSC05642 DSC05641

決勝は7名に絞られました。

DSC05992DSC05993DSC05997DSC06000DSC06002DSC06004DSC06008DSC06012DSC06046

 

ウーマンズクラスグランプリはなんとこの福岡大会に北海道から参戦の小西彩選手。

DSC05996

ウーマンズクラス

グランプリ           小西 彩              こにし あや                 北海道

準グランプリ       中野 澄恵           なかの すみえ              大阪府

3位       藤岡 可帆           ふじおか かほ              佐賀県

4位       高 和江              たか かずえ                 福岡県

5位       五十川 琴乃       いかがわ ことの                        福岡県

DSC06049

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

*ウーマンズクラス4位の高選手の個人画像およびクイーンクラスの審査の模様が表彰式の画像となっておりますが、撮影の際に機材の不調が生じましたために審査時の撮影が出来ませんでした。改めまして別カメラマンの画像にて差し替えおよび追加をさせて頂きますので、お詫びとともにご案内申し上げます。

 

クイーンクラス決勝進出者5名。

DSC06055DSC06053DSC06052DSC06051DSC06054

クイーンクラスグランプリは地元福岡の鹿間由夏選手。大会を振り返れば今大会での地元選手のグランプリ獲得はがーるずくらすのトレーシー選手と鹿間選手の2名。男女ともにポテンシャルの高い選手が多い福岡県だけに今後地元の選手の優勝者が増える事に期待したいです。

DSC06055

クイーンクラス

グランプリ           鹿間 由夏            しかま ゆか                   福岡県

準グランプリ       岡本 いつえ       おかもと いつえ                        福岡県

3位       谷川 友紀子       たにがわ ゆきこ                        大阪府

4位       阿部 一美           あべ かずみ                 埼玉県

5位       光井 由加里       みつい ゆかり              熊本県

DSC06059

 

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

2015年8月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015福岡大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)


DSC06064

 

去る7月26日にベストボディ・ジャパン福岡大会がスカラ・エスパシオで開催されました。

個性的な選手が多く、面白い大会でした。

まずはミスター・ベストボディ(男子)の部の模様からお送りします。

初めはフレッシャーズクラスの模様です。

予選は4
グループに分かれて行われました。

 

予選第1グループ(ゼッケン1~9)

DSC05555

 

予選第2グループ(ゼッケン10~18)

DSC05560

 

予選第3グループ(ゼッケン19~26)

DSC05562

 

 

予選第4グループ(ゼッケン27~34)

DSC05564

 

 

いつもこの整列の瞬間がドキドキな予選ピックアップ審査の模様です。

DSC05567

 

DSC05569

DSC05568

 

続いては決勝審査の模様をお送りします。

 

決勝第1グループ7名

DSC05671 DSC05676 DSC05678 DSC05681 DSC05684 DSC05685 DSC05687 DSC05690

 

 

決勝第2グループ 8名 決勝にもなるとフレッシャーズながら筋量の豊富な選手が多く目に留まります。

DSC05692 DSC05698

DSC05701

DSC05704

 

 

 

決勝進出者の中で唯一の20代前半選手は地元福岡から参戦の作増政治選手20歳。先が楽しみな選手です。

 

DSC05707

 

DSC05709

DSC05712

DSC05714

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC05721 DSC05730 DSC05737 DSC05738 DSC05742 DSC05746 DSC05747

フレッシャーズクラスグランプリは東京から参戦の前原貴大選手。強者揃いの地元勢を相手に日本選手権への出場権を手にしました。

DSC05718

 

フレッシャーズクラス

グランプリ           前原 貴大           まえはら たかひろ           26          東京都

準グランプリ       森 玄希              もり げんき       28          広島県

3位       稲倉 承太           いなくら しょうた           28          熊本県

4位       田中 健司           たなか けんじ    28          福岡県

5位       大平 啓介           おおだいら けいすけ       28          東京都

DSC06023

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてはミドルクラスです。

ミドルクラスも予選は4グループに分かれて行われました。

予選第1グループ(ゼッケン1~10)

DSC05572

 

予選第2グループ(ゼッケン11~19)

DSC05574

 

予選第3グループ(ゼッケン20~28)

DSC05575

 

予選第4グループ(ゼッケン29~37)

DSC05576

DSC05581 DSC05582 DSC05583

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

決勝第1グループ 7名。

DSC05751

 

 

フリーポーズでは腕組みや腹筋を強調するアブドミナルポーズが人気の様です。

 

DSC05757DSC05759DSC05761DSC05763DSC05768DSC05770DSC05772

 

 

決勝第2グループ 8名。

DSC05773 DSC05779 DSC05781 DSC05783 DSC05786 DSC05792 DSC05794 DSC05798

 

 

決勝比較審査の模様です。

DSC05802 DSC05803 DSC05808 DSC05814 DSC05818

 

ミドルクラスグランプリは宮崎県から参戦の大羽貴一郎選手。福岡ミドルクラスは30代前半の選手が多く活躍する活きの良いクラスでした。

DSC05801

 

 

ミドルクラス

 

グランプリ           大羽 貴一郎         おおば きいちろう            31          宮崎県

準グランプリ       薄田 諭              すすきた さとし              33          福岡県

3位       山口 智也           やまぐち ともなり           30          熊本県

4位       菅 智史              すが さとし       32          熊本県

5位       澄川 元頼           すみかわ もとより           31          山口県

DSC06028

 

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてマスターズクラスです。

 

予選第1グループ(ゼッケン1~10)

DSC05587

 

予選第2グループ(ゼッケン11~19)

DSC05592

 

予選第3グループ(ゼッケン20~28)

DSC05593

 

 

ピックアップ審査の模様です。

 

DSC05594 DSC05598 DSC05599

 

 

続きまして決勝審査の模様です。

 

開催最南端地域の福岡大会でしたが、九州地方のその他の地域の選手の存在も光りました。

決勝第1グループには関東地方から参戦の丹治選手(右から3番目)と白石選手(一番左)。

決勝第2グループには中国地方から参戦の竹井選手(左から2番目)と加美川選手(一番左)。

 

決勝第1グループ 7名

DSC05835 DSC05841 DSC05848 DSC05855 DSC05856 DSC05857 DSC05858

 

 

 

決勝第2グループ 7名

DSC05861

 

DSC05868DSC05870DSC05874DSC05877DSC05878DSC05879DSC05882

 

決勝比較審査の模様です。

DSC05886DSC05887DSC05893DSC05898

 

マスターズクラスグランプリは京都でパーソナルトレーニングジムを主宰する横谷宗則選手でした。

DSC05842

マスターズクラス

グランプリ           横谷 宗則           よこたに むねのり           44          京都府

準グランプリ       白附 憲治           しらつき けんじ              43          長崎県

3位       田中 英樹           たなか ひでき    43          福岡県

4位       朝野 慶一           あさの けいいち              40          福岡県

5位       竹井 祐二           たけい ゆうじ    43          広島県

DSC06031

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

 

ミスターの部最後はゴールドクラスです。

 

予選第1グループ(ゼッケン1~9)

DSC05602

予選第2グループ(ゼッケン10~16)

DSC05612

 

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC05615

 

DSC05617DSC05618

 

 

続いて決勝審査の模様です。

決勝進出者8名。

DSC05903

 

 

決勝進出1番手はベストボディ・ジャパン協会ジャッジアドバイザーの資格を持つ神奈川の新谷幸三選手。ゆかりある福岡の地での大会を盛り上げようという使命を携えての参戦でした。

DSC05912 DSC05915

DSC05919

DSC05924

DSC05925

11番、広島から参戦の平岡選手はフリーポーズで「変~身!」

DSC05927

DSC05930

DSC05931

 

決勝比較審査の模様です。

DSC05933 DSC05937

 

DSC05936 DSC05940

 

ゴールドクラスグランプリは広島からエントリーの松本英義選手。とても50代には見えないかっこよさが魅力でした。

群を抜いた完成度と仕上がりで優勝を手にしましたが規定ポーズミスも見られ、さらなる接戦が予想される日本大会ではそこをしっかり修正をしないと結果に大きく影響します。そこの改善が期待されます。

DSC05914

ゴールドクラス

 

グランプリ           松本 英義           まつもと ひでよし           53          広島県

準グランプリ       大石 幸弘           おおいし ゆきひろ           58          福岡県

3位       新谷 幸三           しんや こうぞう              52          神奈川県

4位       平岡 裕治           ひらおか ゆうじ              51          広島県

5位       近藤 正之           こんどう まさゆき           50          福岡県

DSC06036

 

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

福岡大会レポートはミス・ベストボディ(女子)の部に続きます。

 

 

 







 

2015年8月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015サマービーチ大会

ベストボディ・ジャパン2015サマービーチ大会

於:逗子海岸:NAMI-ARU?Beach House

 

ミスター・ベストボディ部門

 

グランプリ           中森 崇人           なかもり たかと              22          神奈川県

準グランプリ       高橋 秋裕           たかはし あきひろ           30          静岡県

3位       川本 高透           かわもと たかゆき           39          神奈川県

4位       松本 彰太           まつもと しょうた           28          京都府

5位       葉 英禄              よう えいろく    46          兵庫県

6位       小嵐 健太            こあらし けんた              29          東京都

7位       松田 涼              まつだ りょう    19          埼玉県

8位       林 圭一              はやし けいいち              49          東京都

9位       江川 隼平           えかわ じゅんぺい           23          和歌山県

10位      杉浦 康幸           すぎうら やすゆき           45          神奈川県

 

 

ミス・ベストボディ部門

 

グランプリ           来住野 舞           きしの まい                     東京都

準グランプリ       枝川 真奈美       えだがわ まなみ              東京都

3位       本田 景子           ほんだ けいこ                  神奈川県

4位       岡野 幸恵           おかの さちえ                  群馬県

5位       高山 美穂子       たかやま みほこ              東京都

6位       大下 弥咲           おおした みさき              東京都

7位       服部 彩香           はっとり さやか              大阪府

8位       松島 沙耶           まつしま さや                  東京都

9位       藤原 美和           ふじわら みわ                  中国(上海)

10位      太田 舞雪           おおた まゆ                     東京都

 

 

ミスター・ベストフィジーク部門

 

グランプリ           JEAN Steve francois        ジャン スティーブ フランソワ    33          埼玉県

準グランプリ       桑崎 寛              くわさき ひろし              42          東京都

3位       小野 正博           おの まさひろ    29          東京都

4位       中島 正晴           なかじま まさはる           32          神奈川県

5位       中島 良介           なかじま りょうすけ       26          東京都

6位       有野 竜一           ありの りゅういち           44          神奈川県

7位       末松 純一           すえまつ じゅんいち       38          京都府

8位       宮﨑 雄太           みやざき ゆうた              26          東京都

 

 

ミス・ベストビキニ部門

 

グランプリ           佐藤 とく子       さとう とくこ                  東京都

準グランプリ       冨田 やよ           とみた やよ                     愛知県

3位          湯浅  智子      ゆあさ  ともこ

 

各選手の獲得点数等はベストボディ・ジャパン協会からの公式発表をお待ちください。

2015年8月16日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015名古屋大会レポート その2(ミス・ベストボディの部)

ベストボディ・ジャパン2015名古屋大会。ミスター・ベストボディ(男子)の部に続きましてはミス・ベストボディ(女子)の部の模様をお送りします。

名古屋大会は会場の盛り上がりもすごく、選手もその雰囲気に呼応する様に皆さんイキイキとステージに立たれていました。大会当日は地元愛知の新体操クラブ「サンシャインRG」の皆さんによるパフォーマンスも披露されました。

 

DSC04850 DSC04855 DSC04859 DSC04867 DSC04870

 

では最初にガールズクラスの模様からお送りします。

予選審査、フィットネスウェア

DSC04719

 

予選ピックアップはありませんでしたので、続いて決勝審査(スイムウェア)の模様をお送りします。

【画像の無断転載は固くお断り致します。】

DSC05213 DSC05215

 

 

 

TEAMBOOTYのニューフェイス、高橋 栞奈 選手。DSC05219 DSC05224 DSC05226 DSC05229 DSC05231

 

決勝比較審査の模様です。

DSC05232 DSC05238 DSC05241 DSC05245 DSC05248 DSC05254 DSC05258

ガールズクラスを制したのは20代前半とは思えない大人びた雰囲気が魅力の竹松かみら選手。今大会のガールズクラスは少人数ながらもハイレベルでしたがなんとその参加者全員が愛知からのエントリーでした。

DSC05217

ガールズクラス

DSC05441

ガールズクラス

グランプリ           竹松 かみら       たけまつ かみら                        愛知県

準グランプリ       高橋 栞奈           たかはし かんな                        大阪府

3位       倉地 美晴           くらち みはる              愛知県

4位       中田 美由紀       なかだ みゆき              愛知県

5位       鈴木 歩惟           すずき あい                 愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてはレディースクラスの模様をお送りします。

予選審査は2グループに分けての審査となりました。

DSC04723 DSC04735

 

予選ピックアップ審査や決勝比較審査が始まる直前のこの整列の瞬間がドキドキします。

DSC04741

 

予選ピックアップの模様です。

DSC04751

 

ミスの部ではあまりバックポーズの比較写真を載せる事が無いので掲載してみました。

DSC04754DSC04746

続きまして決勝審査の模様をお送りします。

決勝進出者8名。

DSC05263 DSC05268 DSC05270 DSC05271 DSC05273 DSC05274 DSC05277 DSC05279 DSC05282

決勝比較審査の模様です。

DSC05284

DSC05294


DSC05299 DSC05304

 

レディースクラスグランプリは地元愛知からエントリーの林鮎美選手。比較写真のフロントポーズでわかりますが、女性らしい立ち振る舞いの中でも程よくシェイプされた腹筋の具合が見てとれるのが印象的でした。

 

DSC05266

レディースクラス
DSC05443

 

レディースクラス

グランプリ           林 鮎美              はやし あゆみ              愛知県

準グランプリ       片岡 麗香           かたおか れいか                        愛知県

3位       山田 朋香           やまだ ともか              愛知県

4位       門馬 百里           もんま ゆり                 静岡県

5位       岡田 幸              おかだ みゆき              愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてウーマンズクラスです。

予選は2グループに分けての審査となりました。

DSC04761 DSC04777

 

 

 

予選ピックアップ審査の模様です。

 

DSC04793 DSC04795 DSC04796 DSC04805 DSC04809

 

続きまして決勝審査の模様です。7名の選手が決勝に進みました。

DSC05309 DSC05312

 

 

 

 

 

 

DSC05315 DSC05320 DSC05324 DSC05329 DSC05332 DSC05334

 

 

決勝比較審査の模様です。

 

ウーマンズクラスでは関東勢の健闘も光りました。東京から出場の田村依里子選手(右から2番目)

と神奈川から出場の霜田葉奈子選手(左から2番目)

DSC05337

 

先の神戸大会で日本大会への出場権を獲得し、今大会でもその存在感が光った兵庫の藤原友美選手はTEAMBOOTY所属。(中央)

DSC05341 DSC05346 DSC05351 DSC05356 DSC05361

 

ウーマンズクラスグランプリは静岡の市川沙音里選手。

DSC05327

ウーマンズクラス

DSC05445

グランプリ           市川 沙音里       いちかわ さおり                        静岡県

準グランプリ       田村 依里子       たむら えりこ              東京都

3位       堀尾 智美           ほりお ともみ              岐阜県

4位       澤木 里枝           さわき りえ                 愛知県

5位       霜田 葉奈子       しもだ はなこ              神奈川県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

最後はクイーンクラスの模様です。

DSC04814

 

12名と人数は他のクラスより少ないですが、昨年の日本大会や地区大会の入賞レベル選手が多くを占める今大会随一のハイレベルな戦いとなりました。それ故か予選のピックアップから審査もじっくり行われました。

DSC04845 DSC04835

TEAMBOOTYの選手が特に多かったクイーンクラスには石本選手(左から2番目)と佐藤選手(一番右)、そしてJBBF愛知健康美チャンピオンの経歴を持つ富田選手(一番左)。そして後列には昨年の日本大会入賞者が並ぶと言う、予選から相当ハイレベルな状況です。

DSC04839

 

決勝は7名の選手で行われました。

DSC05367

決勝でもTEAMBOOTYの選手が約半数を占めると言う大活躍。

DSC05370DSC05380DSC05390DSC05394DSC05393DSC05397DSC05400

誰が優勝してもおかしくないくらいのクイーンクラスを制したのは大阪からエントリーの岩倉智子選手。
今年の日本大会のダークホース筆頭となる存在でしょう。

DSC05398

 

クイーンクラス

DSC05453

 

グランプリ           岩倉 智子           いわくら さとこ                        大阪府

準グランプリ       山内 弘子           やまうち ひろこ                        京都府

3位       森瀬 くみ子       もりせ くみこ              滋賀県

4位       大岩 典子           おおいわ のりこ                        愛知県

5位       服部 彩香            はっとり さやか                        大阪府

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

名古屋大会の模様はいかがでしたでしょうか。今回も12月の日本大会が楽しみな選手がたくさん登場しました。

皆さん選手の顔と名前をぜひ覚えて12月の日本大会も会場へ観戦にいらして下さい。

DSC05455

 

2015年8月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ベストボディ・ジャパン2015名古屋大会レポート その1(ミスター・ベストボディの部)


去る7月20日にウインクあいちで開催されたベストボディ・ジャパン2015名古屋大会の模様をお送りいたします。

右から司会進行の木下智愛ベストボディ・ジャパン協会会長、続きまして本大会審査員の木村昌嗣ジャッジアドバイザー、谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表理事、魔裟斗スーパーバイザー、麻生弘文ジャッジアドバイザー。

DSC04515

まずは今大会最大の参加人数で争われたフレッシャーズクラスの模様からお送り致します。
予選は5グループに分かれて審査が行われました。

DSC04550DSC04553DSC04554DSC04559DSC04561

その数57名。ステージもギュウギュウです。

DSC04566

 

予選ピックアップの模様です。

DSC04577

 

続きまして決勝審査の模様です。

決勝も2グループに分かれてステージに上がります。

決勝第1グループ8名。

DSC04882

DSC04887DSC04889DSC04891DSC04894DSC04899DSC04902

DSC04907DSC04910

 

決勝第2グループ7名。
DSC04912

 

DSC04915DSC04916DSC04920DSC04922DSC04925DSC04926DSC04929

ではここからは一番会場が盛り上がる比較審査の模様をご覧いただきます。

DSC04930 DSC04936 DSC04945 DSC04955

ゼッケン1番の西影直樹選手とゼッケン9番の加藤エドワード真人選手はここまで比較審査をずっと残って戦ってきました。そして最後は1オン1でのバトル。精一杯競いあった二人の固い握手と充実した笑顔、それを後方で見る選手達の笑顔もこのベストボディ・ジャパンのステージの素晴らしさを表しているのではないでしょうか。

DSC04950

 

比較審査のバトルはまだ続きます。

 

DSC04957 DSC04968 DSC04969

 

 

フレッシャーズクラスグランプリは過去日本大会でこのクラスの優勝を経験しているシェレン祐太選手のACEGYMから参戦した加藤エドワード真人選手がグランプリを獲得しました。

師シェレンを彷彿させるポージングで日本大会で名実ともにポストシェレンの座に就くのでしょうか。

DSC04962 (2)

 

そして3位入賞の坂井翔也選手は昨年のベストフィジーク・ジャパン日本大会で3位に入賞したあのトップフィジーカー坂井カルロス大樹選手の弟さんです。今年は兄弟で日本大会のステージに立つ姿を見たいですね。

DSC05463

フレッシャーズクラス

DSC05429

グランプリ   加藤エドワード真人 かとうえどわーどまさと 23   東京都

準グランプリ       西影 直樹           にしかげ なおき               28       愛知県

3位       坂井 翔也           さかい しょうや              26          滋賀県

4位       田中 健司           たなか けんじ    28          福岡県

5位       林 暁利              はやし あきとし              24          静岡県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きまして、1年ぶりに名古屋に帰ってきたあの選手も参戦のミドルクラスです。

ミドルも予選は5グループに分かれて審査を行いました。

DSC04579DSC04582DSC04584DSC04592DSC04600

 

DSC04616

予選ピックアップの模様です。

DSC04619 DSC04627

DSC04878

続きまして決勝審査の模様です。

DSC04975 DSC04976 DSC04979 DSC04980 DSC04982 DSC04984 DSC04987 DSC04988

 

決勝第2グループ 8名

DSC04990 DSC04992 DSC04994 DSC04995 DSC04997 DSC04999 DSC05002 DSC05004 DSC05007

 

 

ミドルクラス比較審査の模様をご覧ください。

DSC05012 DSC05017 DSC05019 DSC05026 DSC05029 DSC05033 DSC05038

より精密な審査のために同じメンバーでも並び順を変えて比較する事もあります。(写真上、下)
DSC05039

 

 

ミドルクラス優勝は昨年の日本大会第3位の岡田実成選手がグランプリを獲得しました。会場からは「よしなり~」と言う力強い声援がずっと飛んでいました。

DSC04977

ミドルクラス

DSC05432

グランプリ           岡田 実成           おかだ よしなり              37          岐阜県

準グランプリ       妹尾 康平           せのお こうへい              39          愛知県

3位       辻本 浩典           つじもと ひろのり           31          奈良県

4位       梶東 圭太           かじとう けいた              34          愛知県

5位       坪井 優              つぼい ゆう       30          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

続きましてマスターズクラスの模様をお送りします。マスターズも予選は5グループに分かれて審査を進行しました。

DSC04633 DSC04645 DSC04651 DSC04652 DSC04663

 

予選ピックアップ審査の模様です。

 

DSC04669 DSC04670 DSC04675 DSC04683

 

続きましてマスターズクラス決勝審査の模様をお送りします。

決勝第1グループ7名。

DSC05044 DSC05049 DSC05051 DSC05054 DSC05058 DSC05059 DSC05064 DSC05066

 

決勝第2グループ 8名。

DSC05067 DSC05068 DSC05070 DSC05072

DSC05076 DSC05078 DSC05079 DSC05082 DSC05083

 

決勝比較審査の模様です。
DSC05086 DSC05093 DSC05098 DSC05103 DSC05108 DSC05113いつも最高に会場が沸くこの決勝比較審査ですが、今回は揃いの応援Tシャツに身を包んだ村松選手の大応援団がひときわ会場を盛り上げていました。

DSC05055

 

そしてその声援に見事に応え、マスターズクラスは村松良一選手がグランプリを獲得しました。

マスターズクラス

DSC05436

マスターズクラス

グランプリ           村松 良一           むらまつ りょういち       41          静岡県

準グランプリ       山本 龍秀           やまもと たつひで           40          愛知県

3位       岩田 浩司           いわた こうじ    45          愛知県

4位       豊田 益央           とよた ますひさ              42          東京都

5位       伊藤 泰司           いとう たいじ    41          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

 

ミスターの部最後はゴールドクラスの模様をお送りします。

予選審査は3グループに分かれて行われました。

DSC04685 DSC04695 DSC04701

 

 

名古屋大会マスターズの顔とも言える「マネーの虎」南原竜樹選手、今年も地元愛知から参戦して下さいました。

 

DSC04707

 

DSC04709

予選ピックアップ審査の模様です。

DSC04711 DSC04713

決勝審査の模様です。

決勝第1グループ6名
DSC05118

DSC05120DSC05123DSC05125DSC05128DSC05133DSC05137

ゴールドクラスのフリーポーズでは両腕の力こぶを強調する「ダブルバイセプス」と言うポーズが多くみられましたが、皆さんそれぞれうまくアレンジを加えているのが印象的でした。

 

決勝第2グループ6名

DSC05140 DSC05141 DSC05147

 

ゴールドクラス屈指の筋量を武器に今シーズン大会への積極的な参戦を継続している東京の堀田剛正選手。名古屋でも「これぞ逆三角体型」と言わんばかりの存在感が光りました。

DSC05151 DSC05158 DSC05167 DSC05168

 

ゴールドクラスグランプリは東京から参戦の棚瀬賢一選手。仕上がりの良さを引き立たせている腹筋の8パックは12月の日本大会でも大きな武器となるでしょう。DSC05119

 

 

ゴールドクラス

DSC05438

グランプリ           棚瀬 賢一           たなせ けんいち              51          東京都

準グランプリ       野澤 茂雄           のざわ しげお    50          長野県

3位       大町 哲也           おおまち てつや              54          愛知県

4位       鳥羽 秀輝           とば ひでき       50          愛知県

5位       道木 伸郎           どうき しんろう              51          愛知県

(向かって右からグランプリ、準グランプリ、3位、4位、5位)

レポートはミス(女性)の部に続きます。

2015年8月14日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

【結果速報】ベストボディ・ジャパン2015東京大会

FullSizeRender (3)

 

フレッシャーズクラス

グランプリ          田口 純平           たぐち じゅんぺい           22          東京都

準グランプリ          直野 賀優           なおの よしまさ              23          茨城県

3位          寺島 遼              てらしま りょう              22          東京都

4位          松本 彰太           まつもと しょうた           28          京都府

5位          沼田 純矢           ぬまた じゅんや              21          東京都

 

 

ミドルクラス

グランプリ         JUNIOR OLIVEIRA      ジュニア オリヴェイラ    32          神奈川県

準グランプリ          上地 裕作           うえち ゆうさく              30          千葉県

3位         田中 充              たなか みつる    36          東京都

4位          松原 光太郎       まつばら こうたろう       31          東京都

5位          金子 浩之           かねこ ひろゆき              38          東京都

 

 

マスターズクラス

グランプリ            林 圭一              はやし けいいち              49          東京都

準グランプリ         浅見 和義           あさみ かずよし              44          東京都

3位          田村 宜丈           たむら よしたけ              43          神奈川県

4位          小坂 正太郎       こさか しょうたろう       48          奈良県

5位          ケニオン マシュー           ケ二オン マシュー           44          東京都

 

ゴールドクラス

グランプリ          三浦 傑              みうら まさる    54          東京都

準グランプリ            棚瀬 賢一           たなせ けんいち              51          東京都

3位          水島 裕一           みずしま ゆういち           50          東京都

4位           清黒  文人           きよくろ ふみと              55          埼玉県

5位          赤星 祐司           あかほし ゆうじ              50          東京都

 


ガールズクラス

グランプリ            角田 聖奈           つのだ せいな    22          神奈川県

準グランプリ          村松 星美           むらまつ ほしみ              24          東京都

3位            福本 藍              ふくもと あい    25          東京都

4位    サクラギ ヒナ

5位            染谷 寛子           そめや ひろこ    23          東京都

 

 

レディースクラス

グランプリ            栗原 ジャスティーン       くりはら ジャスティーン              27          東京都

準グランプリ          神原 奈保           かみはら なほ    26          東京都

3位          高山 真実           たかやま まみ    30          東京都

4位          西山 千絵           にしやま ちえ    26          千葉県

5位         Chernaya Anna             チョールナヤ アンナ       31          東京都

 

ウーマンズクラス

グランプリ          筒井 美帆           つつい みほ       35          東京都

準グランプリ            坂巻 三恵子         さかまき みえこ              36          神奈川県

3位            井埜 奈々絵       いの ななえ       41          埼玉県

4位          田村 依里子       たむら えりこ    36          東京都

5位          三谷 静鶴           みたに しず       42          埼玉県

 

クイーンクラス

グランプリ            谷口 真由美       たにぐち まゆみ              53          東京都

準グランプリ            飯塚 幸子           いいづか さちこ              49          神奈川県

3位            前田 裕子           まえだ ゆうこ    46          神奈川県

4位          山口 祐子           やまぐち ゆうこ              49          東京都

5位            佐藤 とく子       さとう とくこ    54          東京都

 

各選手の獲得点数およびその他ファイナリストの氏名はベストボディ・ジャパン協会公式facebook,

ブログ等の発表をお待ちください。

 

 

ベストボディ・ジャパン2015東京大会インタビュー、西山千絵(にしやまちえ)選手。

今回のインタビューは久々の女性です。本日開催のベストボディ・ジャパン2015東京大会にも参加される西山千絵選手。その経歴と過去の実体験を通じて西山選手が世の女性に発信するメッセージとは一体どんなものだったのでしょうか。フィジカルビューティーとしても大変関心の高いお話が伺えました。
題しまして

「チャーミングアイアン『西山千絵』 トレ女子の主張」

 

どうぞご覧ください。

 

 

『西山千絵です。今は勤めていた会社を退職し、新しい目標に向かって学校に通い勉強している毎日です。

 

元々法律が好きだったのと世の中法律を知らないで生きるのは何だかもったいないと言う気持ちも前からあったので仕事として本格的にその世界を目指そうと思いました。

 

運動を始めたきっかけはダイエットが目的でした。そして入会したジムでトレーニングを次第に覚えて行く中で、次に何か新しい事は無いかなと探していた時『スクワットやってみませんか?』とジムのトレーナーさんに勧められてしばらくは2キロのバーに重りをつけてやっていました。その後パワーラックで20kgに挑戦する様にもなりました。そんな風に段々と扱う重りが増えて行く事が面白く感じられ、それからも『ベンチプレスやってみませんか?』とか『デッドリフトやってみませんか?』と色々勧められるうちに全部にハマってしまい、そんなこんなで半年ほど過ぎた時に『そんなに挙がるならパワーリフティングでもやってみたら?』と勧められ、ならばやってみようと思い今年の春にパワーリフティングの大会もデビューしました。(千葉県大会のトータル県新記録樹立。)

Attachment-1

去年のベストボディ・ジャパン(以下BBJ)関東オープン大会に出場していた時はパワーも出ようと決めていたので目標が2つ持ててすごく頑張れました。

 

BBJは一昨年のノービス大会に知人の応援に行って知ったのが初めてで、その時は私にはこんなのに出るのは無理だと思っていたのですがその頃自分に自信が無かった私から見た選手の皆さんがとても自信に溢れキラキラしている姿に映り、それに憧れて私もやってみようかなと言う気持ちに少しづつ変わっていきました。

 

私は特別背が高いわけでもないし脚が長いわけでもない、いたって普通の体型ですがトレーニングをしてから体型も見てわかる様に変わりましたし、扱う重さも上がるなど、自分が頑張った足跡が目に見えてわかる事がトレーニングの面白さだと感じられる様になりました。

 

パワーリフティングもやってみてすごく楽しかったです。筋肉があるだけではダメできちんとその筋肉が使える様なテクニックがあったりだとか、そんな奥深さが出てみてわかった事も楽しさとして感じられた所です。パワーの選手では2012年に世界パワーリフティング連盟に日本人女性で初めて殿堂入りした福島友佳子選手が好きでDVDも見ています。

 

パワーだけやっている女性を女性らしくないと否定するつもりはないのですが、かわいい服が着られる体型でもあり続けたいとかそう言う部分でもボディメイキングとパワーとの両立をとても難しいとは思いますが続けて行きたいと思っています。

そこを両立しようと思う人が私の周りに今まで見られなかったので、だったら私がそうなってみようと思いました。

 

ベストボディの様な体型基準の大会でパワーとの両立は厳しいと言う意見もありますが、そう言われるとなおさらやってやろうと頑張る気持ちになってきます。(笑)

 

そもそも私は以前は今より15kgくらい太っていました。その当時は食事制限だけで痩せたりした事もあったのですが結局元に戻ったりした事もあり、そこからさらにまたリバウンドしない様に半ば延々と細々とした食事を続けていく事が不健康だとある時ふと思い、さらに実際その時は見た目は痩せて体重も減ったのに体脂肪率が測ってみると30%近くあったりしたのでこれはいけない、何かが違う!と感じたのがジムに入会するきっかけでした。

FullSizeRender

トレーニングを始めてからは体重にこだわらなくなりました。筋肉がついても体重は変わりませんでしたが、見た目が以前よりだいぶ立体的な体型になってきた事がまず違いとして感じられました。

食べる事もそれまではカロリー収支をとても気にしながらするのが非常に苦痛でしたが、トレーニングを始めてからはカロリーを消費する体質に変わってきたのでそれほど神経質にならなくても済み、食べる事も楽しく感じられる様になってきました。

 

BBJ大会の控室でもどれだけ食事制限を頑張ったかと言う苦労話が一部耳に入りましたが、絶食に近い食生活を共感し合う様な場面を見聞きしてしまうと何だか腑に落ちない気持ちになる事がありました。

 

ごく普通の女子にも同じ事を感じるのですが『もっと食べようよ~』と思います。

定期的に運動をしている私はコンテスト前でも特に食べ物を変えたりはしません。

肌も見て分かる程にに荒れてくるし、ホルモンバランスも崩れていくのが感じられる気がするからです。

私自身、ジムに入会してもしばらく体重や体脂肪率に対する執着心から抜け出せず、1日1000~1200キロカロリーしか食べない時もありました。

 

西山家では晩御飯は家族揃って残さず同じものを食べると言うルールがあるので、その分として昼食を極端に制限していた時期もありました。その頃は体脂肪率で9~11%を維持していたのでその点は満足していたのですが、自分の姿を鏡で見た時に何かが違うなと感じました。

 

何だかただカクカクしていて『キレイじゃないじゃん!!』と感じたのです。

 

身体のラインに曲線や丸みがある方が女性的に綺麗だし、自分でもそう言う体型の方が好きなんだなと思いました。

パワーの方も担いだ瞬間により重いと感じる様になり、その食事制限は体型的にも体力的にも結果大失敗だったなと感じました。

 

実はそんな事を感じ行っていた頃に出場したのが去年のBBJ関東オープン大会で、その時の結果やその時の写真をフィジカルビューティーで見て納得いかず、その後12月の日本大会に向けては相当トレーニングや食事内容を改善しました。

 

周りに『食べ過ぎなんじゃないか?』と言われる位に食べ始めたんです。

 

それが結果として12月のBBJ日本大会でもパワーの方でもプラスになりました。

 

内容的には好きなものを食べました。大好きな生クリームも食べました。(笑)

 

それが結果として毎日元気にトレーニングを続けて出来る様になった事が良かったのだと思います。

 

元々のスタイル的にも恵まれた選手がたくさんいる中で、私の様な普通の女の子が努力でその差をどれだけ埋められるのかと言う点も出場するにあたってテーマとしていた所がありました。なので昨年のBBJ日本大会で入賞した時にそんな自分が評価されたと言う事は本当に嬉しかったです。

 

今年はクラスもガールズからレディースに変わり、最年長選手から最年少選手になりました。それでなくても童顔な顔立ちなので、大人の魅力溢れるお姉さん達に印象で負けない様に頑張りたいと思います。

 

これからももBBJとパワーリフティングを両立して、どちらも結果を残します。』