マッスルアンドフィットネス取材後記 堂野耕一選手

現在発売中の月刊マッスル&フィットネス日本版、フィジカルビューティーのコーナーは昨日大阪で開催されたコンテスト第3回大阪オープン選手権大会メンズフィジーク176cm以下級で優勝された堂野耕一選手です。

 

実は今回、堂野さんにお話をお伺いしたかったのはタイミング的に今だと言う思いもがあったからです。

 

堂野さんのご職業は接骨院経営。私も資格の種類は違えど同じ治療家で保険診療を行う身として、今年6月に控えた診療報酬改定をどの様に考えているのかと言う所をどうしてもお聞きしたかった思いがありました。

接骨院にジムを併設すると言う発想も保険収入に依存しない、いわゆる「自費移行」への一つの形としての意識があるのではとインタビュー前は予想していました。

DSC06297

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でもそんな考えは良い方向に裏切られました。

 

接骨院の開院当初から、その前から運動の日常的必要性を感じていた堂野さんにとってジムエリアの併設と言う事業発想は元から必要要素としての構想があったものだと知り、私自身の邪推を大変恥ずかしく思いました。

DSC06251

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかしながらもトレーニングの必要性が他事業と融合した形となったビジネスモデルを実際に拝見させて頂いて、改めてトレーニングの社会的重要性を実感した取材でした。

堂野選手、優勝おめでとうございます。

 

堂野選手のトレーニング指導や施術が受けられるお元気de整骨院は下記住所となります。

大阪市住吉区山之内3-10-3 クレド山之内1F
06ー6696ー6868

DSC06359

2016年6月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

速報。WBFF ASIA

去る5月22日、韓国ソウルにてフィットネスコンテスト「WBFFASIA」が開催されました。元IFBBプロボディビルダー、ポールディレット氏を代表とする新団体としてここ数年、欧米を中心に人気を高めてきた大会ですが今回初のアジア圏開催と言う事でも注目を集めていました。

17953

この大会に日本の大会でも好成績を残している神原奈保選手と高山真実選手の2名が出場。

神原選手はコマーシャルモデル部門で見事入賞。高山選手もその存在感を大いに残しました。

1233

アジア屈指のレベルを誇る韓国のコンテスト界で両選手の様に日本人選手の活躍が今後も大いに期待されます。

17955

2016年5月24日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

フィットネスモデルコンテスト台湾開催のお知らせ

0001 (4)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来たる10月9日、台湾の台北市でフィットネスモデルコンテストが開催されます。

日本からの参加、観覧も可能です。

大会に関する情報は当サイトやオフィシャルFacebookページで随時アップされますので、どうぞご期待下さい。

 

2016年5月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

モムチャンダイエットトレーナー養成コース説明会のご案内

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

養成関東POP0504

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性のための身体作りプログラムとして広く展開されいているモムチャンダイエットのトレーナー養成コース説明会が6月にスタートします。

創始チョン・ダヨンさんの説得力あるスタイルを作り上げたメソッドを学ぶチャンスです。

この機会にどうぞご参加下さい。

説明会へのお問い合わせ窓口は下記リンクをご確認下さい。

http://www.jetajapna.jp/form/

 

 

 

 

 

 

2016年5月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

月刊マッスルアンドフィットネス最新号は本日発売です。

13177858_1007203006036870_3923846952623739822_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィジカルビューティー提携誌、月刊マッスルアンドフィットネス日本版は現在発売中です。

今月のフィジカルビューティーのコーナーにご登場頂いたのは、大阪で「お元気de整骨院」の院長でもあり、JBBFメンズフィジークの選手でもある堂野耕一さんです。

医療費高騰が叫ばれる中で全国の整骨院も軒並み厳しい状況下に置かれています。

そんな中で整骨院プラスパーソナルジムと言う業態にシフトした堂野さん。

果たしてそこにはどの様な思いがあったのか。

それは時流よりも深い理由がありました。

月刊マッスルアンドフィットネス日本版は全国書店またはamazon等のオンラインブックストアでお買い求め頂けます。

どうぞご覧ください。

 

2016年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

サマースタイルアワード2016横浜大会レポート③(ビースティ部門)

サマースタイルアワード2016横浜大会、スタイリッシュ・ガイ部門に続きましてはビースティ部門の模様をお送りします。

会場は審査員の皆様のトークショーやお笑いライブでも盛り上がりました。

DSC05597 DSC05949

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05608

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはビースティ部門170cm以下級の模様からご覧ください。

DSC05429

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05431 DSC05432 DSC05434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビースティ部門の決勝はサーフショーツで行われます。クラスのカラーが異なっていて見る方も面白いですね。

DSC05751 DSC05752 DSC05753 DSC05754

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大塚祐司(おおつかゆうじ)選手

DSC05757

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓坂入政治(さかいりまさはる)選手

DSC05760

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓佐藤勝吾(さとうしょうご)選手

DSC05762

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓丸山智久(まるやまともひさ)選手

DSC05766

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓篠田敏(しのださとし)選手

DSC05772

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓金井田龍(かないだりゅう)選手

DSC05774

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓伊藤真也(いとうしんや)選手

DSC05777

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓早川優歩(はやかわゆうほ)選手

DSC05779

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナル比較審査の模様です。

 

 

 

DSC05782 DSC05783 DSC05784 DSC05785DSC05788 DSC05789 DSC05791 DSC05794DSC05797 DSC05798 DSC05799 DSC05801DSC05804 DSC05805 DSC05806 DSC05807

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビースティ部門~170cmの優勝は大塚祐司選手でした。とにかくイキイキしたステージングが印象的でした。

表彰式でも元気いっぱいガッツポーズ!!

DSC06092

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 大塚祐司(中央)

2位 丸山智久(向かって一番左)

3位 佐藤勝吾(向かって左から二番目)

4位 伊藤真也(向かって右から二番目)

5位 篠田 敏(向かって一番右)

 

続きましては今大会最多出場数となったビースティ部門170cm~176cmの模様をお送りします。

まずは予選の模様からご覧ください。

予選第1グループ 8名

 

DSC05456 DSC05457 DSC05459

 

 

 

DSC05460

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選第2グループ 9名

 

 

 

 

 

 

 

DSC05485

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05487 DSC05489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選比較審査の模様です。

DSC05516 DSC05517

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05525 DSC05535

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には10名の選手が駒を進めました。

 

DSC05812 DSC05814 DSC05815 DSC05817

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓上野燎平(うえのりょうへい)選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05820

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓岡田直樹(おかだなおき)選手

DSC05825

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓柳沼慶則(やぎぬまよしのり)選手

DSC05826

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓亀谷昌樹(かめがやまさき)選手

DSC05828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓宮本孝行(みやもとたかゆき)選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05830

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓武藤佑希(むとうゆうき)選手

DSC05832

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓堤 慶介(つつみけいすけ)選手

DSC05834

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓堀井雄貴(ほりいゆうき)選手

DSC05837

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓渡久山博(とくやまひろし)選手

DSC05839

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓細野 亮(ほそのりょう)選手

DSC05842

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナル比較審査の模様です。全角度からご覧ください。

DSC05843DSC05844DSC05846DSC05847

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05851DSC05852DSC05853DSC05854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05856DSC05857DSC05858DSC05859DSC05861DSC05862DSC05863DSC05864

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05867DSC05868DSC05871DSC05873DSC05876DSC05877DSC05878DSC05879

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

激戦区の170~176cmを制したのは岡田直樹選手でした。

DSC06133

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 岡田直樹(中央)

2位 堤 慶介(向かって一番左)

3位 柳沼慶則向かって左から二番目)

同点4位 渡久山博(向かって右から二番目)

同点4位 細野亮(向かって一番右)

 

最後は昨年の総合優勝者、野本護選手の出場が注目されるビースティ176cm以上の模様をお送りします。

まずは予選の模様からご覧ください。

DSC05546 DSC05549 DSC05551 DSC05552

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝審査の模様です。

DSC05883

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05884 DSC05887 DSC05889

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓昨年度の総合優勝者、野本護(のもとまもる)選手

DSC05893

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓木村飛鳥(きむらあすか)選手

DSC05898

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓田村和輝(たむらかずき)選手

DSC05899

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓岩崎 淳(いわさきじゅん)選手

DSC05901

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓田中寿希也(たなかじゅきや)選手

DSC05902

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓寺井貴之(てらいたかゆき)選手

DSC05906

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓草木隼秀(くさきとしひで)選手

DSC05908

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓根本和昌(ねもとかずまさ)選手

DSC05909

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓鹿島泰洋(かしまやすひろ)選手

DSC05911

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓松原光太郎(まつばらこうたろう)選手

DSC05913

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナル比較審査の模様です。

DSC05918

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05919 DSC05921 DSC05923DSC05926 DSC05929 DSC05931 DSC05933 DSC05935 DSC05936 DSC05937 DSC05939 DSC05942 DSC05943 DSC05944 DSC05945

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

176cm以上の優勝は昨年度総合優勝者の野本選手でした。昨年から肩周りや背中の筋量をアップしつつもハードな仕上がりを損なわず、2連覇に向けて進化を見せての優勝でした。

しかしながらその野本選手に肉薄する選手の登場も見られ、日本大会が楽しみになってきました。

(文中のコメントは独自の見解によるものであり、大会審査員の審査内容とは関連ありません。)DSC06181

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 野本護(中央)

2位 松原光太郎(向かって一番左)

3位 木村飛鳥(向かって左から二番目)

4位 鹿島泰洋(向かって右から二番目)

5位 草木隼秀(向かって一番右)

 

 

2016年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

サマースタイルアワード2016横浜大会レポート②(スタイリッシュ・ガイ部門173cm~)※一部削除画像あり

続きましてサマースタイルアワード2016横浜大会、スタイリッシュ・ガイ部門173cm以上の模様をお送りします。

ハイレベルな戦いに審査員の皆さんも真剣そのものです。

 

DSC05584

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓松田慧太(まつだけいた)選手

DSC05688

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓芹澤健斗(せりざわけんと)選手

DSC05691

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓渋谷祐太郎(しぶやゆうたろう)選手

DSC05693

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓松下勇樹(まつしたゆうき)選手

DSC05698

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓池田誠(いけだまこと)選手

DSC05699

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓鳥飼光里(とりかいひかり)選手

DSC05704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓川俣兼吾(かわまたけんご)選手

DSC05706

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓西 陽平(にしようへい)選手

DSC05710

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓清野一人(せいのかずと)選手

DSC05713

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリッシュ・ガイ部門173cm以上級の優勝は松下勇樹選手でした。

DSC06056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 松下勇樹(中央)

2位 西 陽平(向かって左端)

3位 松田慧太(向かって左から二番目)

4位 池田 誠(向かって右から二番目)

5位 鳥飼光里(向かって一番右)

 

続きましてビースティ部門の模様をお送りします。

 

2016年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

サマースタイルアワード2016横浜大会レポート①(スタイリッシュ・ガイ部門~173cm)

「その夏が一番似合う男性を決める大会」

金子賢プロデュース。サマースタイルアワードの今季開幕戦となる横浜大会が去る4月10日に横浜市泉区文化センターテアトルフォンテで開催されました。

その模様をお伝えいたします。

サマースタイルアワード(以下SSA)は主に2部門で行われます。

19歳以上年齢上限なしのビースティ部門と、19歳から35歳までのスタイリッシュ・ガイ部門に分かれます。

どちらの部門にも身長の区分があり、ビースティは3区分、スタイリッシュ・ガイは2区分に分かれます。

DSC05264

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓開幕戦と言う事で選手も気合が入りまくっています。選手控室にはパンプアップ用のマイベンチを搬入する選手の姿もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05269

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バックステージからは選手の皆さんの気合がひしひしと伝わってきます。



DSC05284DSC05285DSC05293DSC05286DSC05297DSC05299DSC05287DSC05305DSC05309DSC05288DSC05311DSC05289DSC05316DSC05319




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはスタイリュシュ・ガイ173cm以下の部の模様からお送りします。

まずは予選の模様です。

↓予選第1グループ8名

DSC05327DSC05328DSC05329DSC05330

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓予選第2グループ 8名

DSC05345DSC05347DSC05349DSC05351

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予選比較審査の模様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05371

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05375DSC05388

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決勝には10名の選手が駒を進めました。

DSC05615

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05617

DSC05618

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓大津耀明(おおつようめい)選手

DSC05622

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓花田一樹(はなだかずき)選手

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DSC05624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓内藤 涼(ないとうりょう)選手

DSC05625

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓中村 航(なかむらわたる)選手

DSC05627

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓森 優明(もりよしあき)選手

DSC05630

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓杉山智弘(すぎやまともひろ)選手

DSC05632

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓沼田智哉(ぬまたともや)選手

DSC05638

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓三浦正明(みうらまさあき)選手

DSC05641

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓若林謙太(わかばやしけんた)選手

DSC05643

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓熊野慶彦(くまのよしひこ)選手

DSC05645

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナル比較審査の模様です。ファイナルは全方向でご覧ください。

DSC05647 DSC05648 DSC05651 DSC05652 DSC05657 DSC05658 DSC05661 DSC05663 DSC05667 DSC05668 DSC05669 DSC05670 DSC05673 DSC05674 DSC05675 DSC05676

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイリュシュ・ガイ部門優勝はゼッケン4番の内藤涼選手でした。堀の深い腹筋の印象では一番だったと思います。

DSC06013

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝 内藤 涼(中央)

2位 中村 航(向かって一番左)

3位 若林謙太(向かって左から2番目)

4位 三浦正明(向かって右から2番目)

5位 大津耀明(向かって一番右)

続きましてスタイリッシュ・ガイ部門173cm以上の模様をお送りします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年5月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

無題

フィジカルビューティー本体の記事更新としてはご愛読頂いております皆様へしばらくぶりのご挨拶となります。

 

本日は東日本大震災から5年目となる日にあたります。

 

当時テレビのニュースに映った光景でしたが、自宅を津波に流される様子を目の前で見ていた男性が誰にでもなく呟いた一言が今も印象に残っています。

 

『健康でいればまたやり直せる。。』

 

このサイトのポリシーでもある健康の尊さを伝えると言う意思を改めて強く持つ様になったきっかけの言葉でした。

 

しばらく思う所あり更新をお休みさせて頂いておりましたが、今日と言う日の思いを胸にこれからも健康と美の尊さを伝えて行き皆様に親しんで頂けるサイト運営にさらに励んでまいりますので、今後とも宜しくお願い致します。

 

フィジカルビューティーサイト運営管理人

清宮 忠

2016年3月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster

ミスター・モデル・ジャパン2015TOKYO大会レポート

去る11月8日にミスターモデル・ジャパンTOKYO大会が品川プリンスホテルclub exにて開催されました。

今大会より開設された新カテゴリーのミスター・モデルジャパン。

従来のベストボディ・ジャパンの審査・選考基準と異なるのはスリムな身体、スタイルの良さ、顔の表情、表現力という点です。(ベストボディ・ジャパン協会HPより引用)

まずはフレッシャーズクラスの模様からお送りします。
(写真、AKIHIRO)

※本サイト内の画像の無断転載を固くお断り致します。

P1090024 P1090058 P1090091 P1090108

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日のベストボディ・ジャパン関東大会フレッシャーズクラスを制した阿部選手も参戦。(写真中央)

 

ピックアップ審査の様子です。

P1090133 P1090137 P1090139

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今大会は予選通過者の発表はステージ上では行われず控室にて実施されました。

初のカテゴリーとの事で、常連の選手たちも緊張の表情で結果を確認されているのが印象的でした。

お話を伺うと、「今大会に出場する事で自分にはどちらのカテゴリー(ベストボディとミスターモデル)が向いているか見極めたいです。」という方が多くいらっしゃいました。

P1100095

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナルに進出したのはこちらの12名の選手です。

P1100103 P1100122 P1100137 P1100148 P1100156 P1100174 P1100188 P1100223 P1100226 P1100240 P1100257 P1100269 P1100306

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1100350 P1100354 P1100359 P1100364

 

↓準グランプリ        浅井 耀平         あさい ようへい              25          愛知県

P1100236

 

 

見事ミスター・モデルジャパン初代グランプリに輝いたのは 伊藤庸介選手。

細みながら鍛えられた腹筋、バランスの良い身体が印象的でした。

P1100169

 

 

 

P1130970

 

(写真左から)

グランプリ           伊藤 庸介         いとう ようすけ              25          千葉県<190点>

準グランプリ        浅井 耀平         あさい ようへい              25          愛知県<160点>

3位             佐々木 祐太       ささき ゆうた                26          東京都<80点>

4位             田中 樹           たなか たつき                21          北海道<70点>

5位             上野 燎平         うえの りょうへい            22          新潟県<60点>

 

続きましてミドルクラス。

P1090156P1090192 P1090211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイナルに進出したのはこちらの14名の選手です。

P1100444

P1100610

P1100474 P1100503 P1100507 P1100526 P1100536 P1100575 P1100593 P1100638 P1100818 P1100687 P1100708 P1100719 P1100737 P1100744

 

 

 

 

 

ピックアップ審査の様子です。

P1100775 P1100767 P1100768 P1100774

 

 

 

↓準グランプリ       風間 裕次郎       かざま ゆうじろう           31          埼玉県

P1100654

 

 

2013年ベスト・ボディジャパン、フレッシャーズクラスにて活躍されていた風間選手。コンディションの良さは健在でした。(2013ベストボディ・ジャパン フレッシャーズクラス セミファイナリストです。)

 

 

↓グランプリ         岡本 寛之         おかもと ひろゆき           31          千葉県

P1130992

「8回目の挑戦でやっと結果を出すことが出来ました。」と涙ながらにインタビューに答えてくれた岡本選手。

見事ミスターモデル・ジャパン ミドルクラス初代グランプリの栄冠を手にしました。

P1130993

 

(写真左から)

グランプリ         岡本 寛之         おかもと ひろゆき           31          千葉県<180点>

準グランプリ       風間 裕次郎       かざま ゆうじろう           31          埼玉県<170点>

3位                齊藤 和宏         さいとう かずひろ           33          東京都<130点>

4位                横山 直樹         よこやま なおき             30          東京都<70点>

5位              村田 光一         むらた こういち             32          東京都<30点>

P1090009

 

続きましてマスターズクラス。予選、予選ピックアップ審査の様子です。

P1090268 P1090281

 

 

P1090293 P1090298 P1090284 P1090286

 

ファイナルに進出したのはこちらの9名の選手です。

P1100835 P1100841

 

 

P1100845 P1100853 P1100865 P1100891 P1100903 P1100921 P1100941 P1100963 P1100984

 

ピックアップ審査の様子です。

P1110026 P1110016 P1110019 P1110023

 

 
↓準グランプリ        益子 克彦           ますこ かつひこ              46          東京都

P1100976

ベストボディジャパン日本大会への出場も決まっている益子選手。ポージング一つ一つにこだわりが感じられました。

 

↓グランプリ           川嶋 清吾            かわしま せいご        42          東京都

P1100994

↓川嶋選手は細身ながら個々の筋肉の発達、コンディションの良さが充分に伝わる仕上がりでした。

P1110019

 

P1140014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真左から)

グランプリ           川嶋 清吾            かわしま せいご        42          東京都<190点>

準グランプリ        益子 克彦           ますこ かつひこ              46          東京都<160点>

3位             清水 勝一           しみず かついち              47          千葉県<100点>

4位             浅井 ハンク        あさい はんく          46          東京都<70点>

5位             萩原 康宏           はぎわら やすひろ            40          東京都<60点>
P1090017

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きまして50歳以上、ゴールドクラスの予選の様子です。

P1090319

 

 

 

 

 

P1090312 P1090314

ファイナルに進出したのはこちらの5名の選手です。

P1110086

 

 

 

 

 

 

P1110115 P1110149 P1110169 P1110180 P1110200

ピックアップ審査の様子です。

P1110224 P1110225 P1110232 P1110235

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

準グランプリ     鈴木 啓二            すずき けいじ       52          千葉県

P1110219

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
グランプリ       榎本 千里           えのもと ちさと    53

P1110109

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

榎本選手は獲得得点数200点(満点)という完全勝利を手にしました。

P1140031

(写真左から)

グランプリ       榎本 千里           えのもと ちさと    53          東京都<200点>

準グランプリ     鈴木 啓二            すずき けいじ       52          千葉県<160点>

3位           坪内 信博           つぼうち のぶひろ  58          東京都<110点>

4位           飯島 覚             いいじま さとる    55          埼玉県<80点>

5位           野澤 茂雄           のざわ しげお      50          長野県<50点>

 

 

2015年12月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : wpmaster